Rchr
J-GLOBAL ID:200901046996254478   Update date: Aug. 28, 2020

Anbo Hideo

アンボ ヒデオ | Anbo Hideo
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/f5a55c7e68837c6b40ea6afe7bb64f72.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/f5a55c7e68837c6b40ea6afe7bb64f72.html
Research field  (2): Social psychology ,  Clinical psychology
Research keywords  (4): ストレス対処 ,  ソーシャルサポート ,  鬱状態 ,  保健行動
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2004 - 現在 日常的心理的不調への対処
  • 1987 - 現在 ソーシャルサポートネットワークと精神的健康の関連
  • 2005 - 2007 精神障害者の就労支援
  • 2002 - 2006 乳ガン患者への集学的アプローチ
  • 1987 - 2004 地域住民の保健行動
Show all
Papers (93):
more...
MISC (2):
Books (7):
  • 大学教員の能力-形成から開発へ- (高等教育ライブラリ7)
    東北大学出版会 2013
  • 生活の質を高める教育と学習 よりよいヒューマン・ケア実践をめざして
    2011 ISBN:4788512173
  • 死の儀法
    ミネルヴァ書房 2008 ISBN:9784623051601
  • 臨床心理学入門事典 岡堂哲雄編
    至文堂 2005
  • フィールド社会心理学
    (財)放送大学教育振興会 2004
more...
Lectures and oral presentations  (98):
  • 大学生における就職活動の活発さに関する要因の検討
    (2018)
  • Relationship between sleep diffuculties and other mental and physical symptoms in female disaster victims
    (29th International Congress of Applied Psychology 2018)
  • Effects of a sleep hygiene and relaxation training program on sleep difficulties
    (32nd Annual Meeting of the Associated Professional Societies(Sleep 2018) 2018)
  • Sleep problems caused by a great natural disaster
    (the Joint Congress of World Association of Sleep Medicine & World Sleep Federation (World Sleep 2017) 2017)
  • 睡眠衛生と緊張緩和技法の教育による夜間睡眠の改善(2)
    (日本心理学会第71回大会 2017)
more...
Committee career (18):
  • 2010/09 - 日本心理臨床学会 実行委員
  • 2010/09 - 日本心理臨床学会 実行委員
  • 2009/07 - 日本ヒューマン・ケア心理学会 第11回大会 実行委員
  • 2009/07 - 日本ヒューマン・ケア心理学会 第11回大会 実行委員
  • 2009/06 - 日本コミュニティ心理学会 第12回大会 実行委員
Show all
Association Membership(s) (13):
日本ストーマリハビリテーション学会 ,  日本老年社会科学会 ,  日本学生相談学会 ,  日本コミュニティ心理学会 ,  日本カウンセリング学会 ,  日本ヒューマンケア心理学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本病院管理学会 ,  東北心理学会 ,  日本がん看護学会 ,  日本保健医療行動科学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page