Rchr
J-GLOBAL ID:200901047028856118   Update date: Aug. 13, 2019

Tamura Kimie

タムラ キミエ | Tamura Kimie
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Philosophy and ethics
Research keywords  (6): 多様性 ,  子どもの権利 ,  人権 ,  Language ,  Knowledge ,  Desire
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2008 - 2008 大学生のための性教育に関する倫理学的研究
  • 2006 - 2008 性と生殖に関するメタ倫理学的研究
  • 2006 - 2008 「性および生殖に関するメタ倫理学的研究」
  • 2002 - 2005 思想としての精神分析
  • 2002 - 2004 性の倫理学
Show all
Papers (12):
  • 田村 公江. 子どもに権利意識を持たせようー「若いアスリートのための権利の章典」のススメー、連載「これから『運動部活動』の授業をします!」15時限目. 2018年6月号『コーチング・クリニック』(ベースボール・マガジン社). 2018. 32. 12. 74-77
  • 田村 公江. 体罰はなぜ許されないかー学校教育法第11条を子どもの権利から考える-. 龍谷大学社会学部紀要. 2018. 52. 24-37
  • 田村 公江. 翻訳『子どものスポーツのためのガイドライン』「目次」、「前書」、「序文」、「子供のスポーツプログラムの諸目的」の日本語訳. 龍谷大学社会学部紀要. 2017. 50. 81-87
  • 田村 公江. 翻訳 「若いアスリートのための権利の章典」の日本語訳. 龍谷大学社会学部紀要. 2016. 49. 30-39
  • 田村 公江. 体罰容認の連鎖を断ち切るには-「部活における指導について語ろう」企画から見えてきたことー. 龍谷大学社会学部紀要. 2014. 44. 1-12
more...
MISC (7):
  • 田村 公江, 重富秀由. 12歳の子どもが熱中症から脳梗塞を発症した事例の研究-部活指導のあり方という観点からー. 龍谷大学社会学部紀要. 2019. 54号. 95-104
  • 田村公江, 細谷実, 川畑智子, 田中俊之. 研究資料「大学生の性意識調査」. 龍谷大学国際社会文化研究所紀要. 2012. 第14巻. 259-304
  • 「出生前診断を考えてみよう-選択的中絶についての倫理学的考察-」. 『大阪母性衛生学会雑誌』. 2011. 47号. 1号. 28-36
  • リプロダクティブ・ヘルス/ライツに関する倫理学的考察. 「仏教生命観に基づく人間科学の総合研究」研究成果-2006年度報告書-(龍谷大学「人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター」). 2007. 339-346
  • 精神分析と臨床哲学の接点. 野家啓一(研究代表者)『臨床哲学の可能性』(高等研報告書0207) (財団法人 国際高等研究所)67-85). 2005
more...
Books (16):
  • 「サイボーグに性別はあるか?-『攻殻機動隊』をめぐってー」、『フェティシズム研究第3巻 侵犯する身体』 侵犯する身体
    京都大学人文科学研究所 2017
  • 「性-リプロダクティブ・ヘルス/ライツの再検討を通して-」(『シリーズ生命倫理学 2巻 生命倫理の基本概念』
    丸善出版 2012
  • コラム2点を執筆。「リプロのQOL」(p.278)、「女性のオナニー」(p.279)
    晃洋書房『大学生と語る性-インタビューから浮かび上がる現代セクシュアリティ-』(田村公江・細谷実[編著]) 2011
  • 「『夫婦は何歳までセックスすると思いますか?』という問いをめぐって」(『大学生と語る性』
    晃洋書房 2011
  • 翻訳「戦争と死についての時評」p.133-166
    岩波書店(新宮一成・本間直樹[編]『フロイト全集14』) 2010 ISBN:9784000926744
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • セクシャル・マイノリティに関する知識と理解
    (京都信用保証協会 2018年度人権研修会 2018)
  • 出生前診断についての倫理学的考察
    (大阪母性衛生学会学術集会・研修会 2010)
  • 今日の労働観の特質とその倫理学的意味-とくに女性にとって-
    (日本倫理学会2008年度大会 共通課題テーマ「仕事・職業・労働」 2008)
  • 「再生医療をめぐる医学的・倫理的・社会的課題」提題者への代表質問
    (松本仁介医学振興基金シンポジウム 2007)
  • 女性から見た性の倫理学
    (日本現象学・社会科学会シンポジウム 2005)
Works (2):
  • 仏教生命観に基づく人間科学の総合研究
    2002 -
  • 21世紀日本の重要諸課題の総合的把握を目指す社会哲学的研究
    2001 -
Education (2):
  • - 1988 Kyoto University
  • - 1980 Kyoto University
Professional career (1):
  • 文学修士 (京都大学)
Work history (1):
  • 1998/04 - 現在 Ryukoku University Faculty of Sociology
Committee career (5):
  • 2012 - 2014 日本倫理学会 第31期評議員
  • 2009 - 2011 日本倫理学会 第30期評議員
  • 2007 - 2008 日本倫理学会 共通課題実行委員
  • 2006 - 2008 浄土真宗本願寺派男女共同参画推進委員会委員(2006-2008)
  • 2005 - 関西倫理学会 委員(2008年度から2011年度は編集委員を兼任)
Association Membership(s) (3):
日本倫理学会 ,  関西哲学会 ,  関西倫理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page