Rchr
J-GLOBAL ID:200901047050037937   Update date: Oct. 09, 2018

Nakao Tomoyo

ナカオ トモヨ | Nakao Tomoyo
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (2): http://www.okayama-u.ac.jp/user/le/geog/33nakao/index.htmlhttp://www.okayama-u.ac.jp/user/le/geog/33nakao/index.html
Research keywords  (4): 比較文化 ,  ポストコロニアル・スタディーズ ,  Comparative studies ,  Postxolonial studies
Papers (28):
  • NAKAO Tomoyo. The Representation of Japan in British POW films in the 1950s. University of Essex, Department of Film, Literature, Theatrical Studies (Ph. D Dessertation). 2016
  • 中尾 知代. 戦争と暴力 (暴力の心理). こころの科学. 2013. 172. 34-42
  • 三脇 康生, 中尾 知代. Questioning of the concept of 'resilience' in Japanese context and the World War 2 narrative. Psyche & culture. 2011. 10. 1. 41-52
  • 中尾 知代. 捕虜問題をめぐる日英「和解」の断層(下)「和解成功」言説とはなんだったのか. 戦争責任研究. 2008. 59. 84-97
  • Nakao Tomoyo. Embracing the War Wounded : Recording the Okinawan Voice in their 'mother tongue':Activity of Ryukyu-ko-Wo-Kiroku-Suru-Kai(Oral History of the War and the Colonial Era). 日本オーラル・ヒストリー研究. 2007. 3. 51-66
more...
MISC (25):
  • 中尾知代. .「捕虜問題をめぐる日英〈和解〉の断層」(下)ーー日英「和解」とは何だったのか. 『季刊戦争責任研究』第五九号 日本の戦争責任資料センター刊 2008年. 2008. 59号. 84-97
  • 第4回大会報告・シンポジウムを振り返って --戦争・植民地・オーラル・ヒストリーの今. 日本オーラル・ヒストリー研究. 2007. 3. 1-10
  • 捕虜問題をめぐる日英「和解」の断層(上). 季刊 戦争責任研究. 2007. 58. 82-89
  • 捕虜問題をめぐる日英「和解」の断層(中). 季刊「戦争責任研究」. 2007. 57. 34-45
  • 沖縄の声を聴く--「琉球弧を記録する会」語る傷を包む腕とまなざし. 日本オーラル・ヒストリー研究. 2007. 第3号. 51-66
more...
Books (7):
  • 日本人はなぜ謝りつづけるのかーー日英<戦後和解>の失敗に学ぶ
    NHK出版(日本放送出版協会) 2008
  • 歴史の壁を越えてーー和解と共生の平和学 (グローバル時代の平和学 3)
    法律文化社 2004
  • 「オランダ、まれに見る展覧会」
    オランダ戦争資料博物館 2002
  • 岡山大学文学部 現状と課題 94-99年
    岡山大学 1999
  • ガヤトリ・スピヴァク「エコー」現代思想 特集「ガヤトリ・スピヴァク」
    現代思想 1999
more...
Lectures and oral presentations  (20):
  • 第三回総合会議
    (「心の危機と臨床の知」第三回研究計画会議プロジェクト1.加害-被害関係の多角的研究 プロジェクト2.育てる関係の危機と子育て意識の多相性、3.芸術学と芸術療法の共有基盤確立学際的研究 2008)
  • CSF研究会 中尾知代著書合評会
    (カルチュラルスタディーズ研究会 2008)
  • Forgotten Voices, African Soldiers in WWII
    (International Oral History Conference 2008)
  • 戦争アンケートの研究
    (「心の危機と臨床の知」研究会班会議 2008)
  • 戦争トラウマの記憶
    (The Second KGU Workshop「戦後-現代社会と第二次世界大戦の影」Postwar-Contemporary Societies and the Shadow of World War II 2008)
more...
Works (3):
  • 英国・米国におけるオーラルヒストリー調査
  • Oral History Research of POWs in U.K. Holland. U.S.A. Burma. India.
  • Oral History Research of POWs in U.K. Holland. U.S.A. Burma. India.
Education (4):
  • - 1988 The University of Tokyo
  • - 1988 The University of Tokyo
  • - 1985 Nara Women's University
  • - 1985 Nara Women's University
Professional career (1):
  • 人文科学修士 (東京大学)
Work history (2):
  • 2004 - - 岡山大学社会文化科学研究科 准教授
  • 2004 - - Associate Professor,Graduate School of Humanities and Social Sciences,Okayama University
Awards (1):
  • 1995 - ブロンテ協会奨励賞
Association Membership(s) (4):
アメリカオーラルヒストリー学会 ,  ブロンテ学会 ,  日本英文学会 ,  比較文学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page