Rchr
J-GLOBAL ID:200901047727088070   Update date: Aug. 31, 2020

Yamaoka Keiko

ヤマオカ ケイコ | Yamaoka Keiko
Affiliation and department:
Job title: Professor,Professor
Research field  (4): Pharmacology ,  Clinical pharmacy ,  Pharmaceuticals - chemistry and drug development ,  Applied molecular and cellular biology
Research keywords  (8): コラーゲン線維 ,  軟膏の安定性 ,  高カロリー輸液 ,  薬剤学 ,  Collagen fiber ,  Stability of Ointment ,  Hyperalimentation Fluids ,  Pharmacology
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2006 - 抗癌剤混注時のバッグへの吸着
  • 2005 - コラーゲンペプチド軟膏のマウス皮膚への透過性
  • 2005 - The permeability of the collagen peptide salve to the mouse skin.
  • 2004 - 胎盤からのコラーゲン抽出と精製
  • 2004 - Collagen extraction and purification from the placenta.
Show all
MISC (976):
more...
Patents (2):
  • コラーゲン組成物、及びその製造方法
  • Collagen composition, and its manufacturing method
Books (77):
  • 形成外科疾患の薬物治療・形成外科関連の薬物
    薬事新報社 2009
  • 今日から始めましょう(正しいサプリメント)(共著)
    帝京印刷 2009
  • Drug treatment of diseases of Plastic Surgery
    Yakujishinpou-sya 2009
  • Start today (right supplements)
    Teikyo printing 2009
  • Pharma Ship
    協和企画 2008
more...
Lectures and oral presentations  (294):
  • 4種類のリドカイン製剤(院内製剤)における皮膚透過性および鎮痛効果に関する検討
    (第20回日本医療薬学会年会 2010)
  • 薬剤師に対する帝京大学医療系学生の意識調査(1)-医学部5年生の場合-
    (日本薬学会第130年会 2010)
  • 市販脂肪乳剤の粗大粒子評価-光遮蔽法による粗大粒子測定の検討-
    (日本薬学会第130年会 2010)
  • 魚由来コラーゲンを用いた注入用インプラント製剤の作製法についての検討
    (日本薬学会第130年会 2010)
  • 各種基剤によるリドカインとリドカイン・プロカイン共融混合物の皮膚表面麻酔剤における溶出性の検討
    (日本薬学会第130年会 2010)
more...
Works (18):
  • コラーゲンペプチド軟膏のマウス皮膚への透過性
    2005 -
  • The permeability of the collagen peptide salve to the mouse skin.
    2005 -
  • 胎盤からのコラーゲン抽出と精製
    2004 -
  • The cutaneous permeability of esculetin ointment pharmaceutical preparation.
    2004 -
  • エスクレチン軟膏製剤の皮膚透過性
    2003 -
more...
Education (4):
  • - 1968 Nihon University
  • - 1968 Nihon University
  • - 1965 Nihon University
  • - 1965 Nihon University
Professional career (2):
  • (BLANK) (Nihon University)
  • (BLANK) (Nihon University)
Work history (12):
  • 1980 - 1988 Teikyo University Faculty of Pharma-Science
  • 1980 - 1988 Teikyo Univ. pharmacy school assistant
  • 1988 - - 帝京大学薬学部 教授
  • 1988 - - Teikyo Univ. pharmacy school professor.
  • 1977 - 1980 Teikyo University Faculty of Pharma-Science
Show all
Committee career (2):
  • 2001 - 日本薬剤学会 評議員
  • 1983 - 日本結合組織学会 評議員
Association Membership(s) (10):
日本アレルギー学会 ,  日本臨床薬理学会 ,  日本香粧品学会 ,  日本医真菌学会 ,  日本医療薬学会 ,  日本バイオレオロジー学会 ,  日本糖尿病学会 ,  日本薬剤学会 ,  日本結合組織学会 ,  日本薬学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page