Rchr
J-GLOBAL ID:200901048094000484   Update date: Jan. 22, 2020

Matsuo Tadasu

マツオ タダス | Matsuo Tadasu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
Homepage URL  (1): http://matsuo-tadasu.ptu.jp/
Research field  (4): Economic policy ,  Economic policy ,  Economic doctrines and thought ,  Theoretical economics
Research keywords  (1): Fundamental Marxian Theorem, exploitation, alienation, average period of production social norms, indirect reciprocity, replicator dynamics macro economic policy
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 経済倫理のタイプ創成のシミュレーションと心理経済学的実験
  • 経済理論の長期理論と短期理論の確定とその景気循環論を媒介とした総合
  • 労働者間関係へのゲーム理論の応用
  • マルクスの基本定理と一般均衡
  • マルクスの近代システム認識から見た現代資本主義と非営利・協同ネットワーク
Show all
Papers (18):
  • 松尾匡. 反緊縮のマクロ経済政策理論. 季刊経済理論. 2018. 第54. 4
  • 松尾 匡. 欧州反緊縮左派の中央銀行利用論--コービノミクス・市民配当・債務帳消し. 景気とサイクル. 2017. 64. 39-51
  • 橋本 貴彦, 松尾 匡. 高齢化時代における蓄積と社会サービスへの総労働配分と搾取--投下労働価値計測の応用. 季刊経済理論. 2017. 54. 2
  • 松尾匡. 欧州左派のヘリマネ議論から見た異次元緩和と出口. 信用理論研究. 2017. 35. 81-97
  • 松尾匡. 置塩信雄「国際マクロ経済モデルの理論的基礎」に基づく経済分析. 立命館経済学. 2017. 65. 5
more...
MISC (15):
  • 松尾 匡. 労働価値説の現代的意義. 科学的社会主義. 2017. 231. 20-27
  • 松尾匡. 現代経済学の展開におけるベーシック・インカムの位置づけ. 経済科学通信. 2013. 第133号
  • 松尾匡. 流動性選好説に立つ左派政策としてのリフレ政策. 経済科学通信. 2013. 第133号
  • 流動性の罠のマネタリスト的性格. 2003
  • 疎外論の問題意識と「物象化」論--廣松渉は何を誤読したのか. 2003
more...
Books (27):
  • ポスト「アベノミクス」の経済学
    かもがわ出版 2017 ISBN:9784780309171
  • これからのマルクス経済学入門
    筑摩書房 2016
  • 自由のジレンマを解く--グローバル時代に守るべき価値とは何か
    PHP研究所 2016
  • この経済政策が民主主義を救う--安倍政権に勝てる対案
    大月書店 2016
  • 経済の教科書 (洋泉社MOOK)
    洋泉社 2015
more...
Lectures and oral presentations  (8):
  • 欧州反緊縮左派の中央銀行利用論
    (景気循環学会2017年度第2回定例研究会 2017)
  • 第21回進化経済学会京都大会 年次大会
    (第21回進化経済学会京都大会 年次大会 2017)
  • 経済学ともうひとつの日本と地域-参議院選挙後の日本経済を展望する-
    (2016年度 学術公開シンポジウム 2016)
  • 欧州左派のヘリマネ議論から見た異次元緩和と出口
    (信用理論研究学会2016年度秋季大会 2016)
  • 投下労働価値分析の意義
    (経済理論学会2016年大会 2016)
more...
Works (19):
  • 「アベノミクス」への対案と労働組合の選択
    2018 - 2018
  • 我々は安倍首相の景気作戦に負けている!
    2018 - 2018
  • [インタビュー]もう一つの道15 なぜ安倍政権の支持率は高いままなのか
    2017 - 2017
  • どうする?医療・介護 アベノミクスに勝てる対案
    2017 - 2017
  • 「アベノミクス」はなぜ失速したのか
    2016 - 2016
more...
Education (1):
  • - 1992 Kobe University
Professional career (1):
  • Ph.D.
Work history (5):
  • 2008/04 - Ritsumeikan University College of Economics
  • 2003/10 - 2008/03 Kurume University Faculty of Economics
  • 1998/04 - 2003/09 Kurume University Faculty of Economics
  • 1994/04 - 1998/03 Kurume University Faculty of Economics
  • 1992/04 - 1994/03 Kurume University Faculty of Commerce
Association Membership(s) (10):
The Institute of Politics and Economy ,  The Institute for Fundamental Political Economy ,  World Association for Political Economy ,  Japan Association for Evolutionary Economy ,  The Japan Association of Business Cycle studies ,  The Japan Society for Economic Education ,  The Japanese Society for the History of Economic Thought ,  Japanese Association for Applied Economics ,  Japanese Economic Association ,  Japan Society of Political Economy
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page