Rchr
J-GLOBAL ID:200901049188215197   Update date: Apr. 02, 2021

Kuhara Atsushi

クハラ アツシ | Kuhara Atsushi
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://kuharan.com/
Research field  (7): Molecular biochemistry ,  Laboratory animal science ,  Intelligent informatics ,  Biophysics ,  Genetics ,  Neuroscience - general ,  Neuroscience - general
Research keywords  (14): 包括脳ネットワーク ,  神経回路 ,  カルシニューリン ,  Gタンパク質 ,  インスリン ,  シナプス局在 ,  カルシウムイメージング ,  Gタンパク ,  記憶、学習 ,  温度受容 ,  イノシトール ,  C. elegans ,  ニューロン ,  温度走性
Research theme for competitive and other funds  (19):
  • 2021 - 2024 C.エレガンスの低温耐性・馴化における神経-腸-精子-筋を含む組織回路の演算機構
  • 2020 - 2022 環境空間依存性のマルチセンソリー情報の統合に関わる神経回路のダイナミクス
  • 2018 - 2021 頭部から尾部そして再び頭部に周回する全身性神経回路による環境馴化速度の制御
  • 2017 - 2021 新規温度センサー分子の単離とそれを用いた応用技術の創出
  • 2017 - 2020 シングルセルトランスクリプトーム解析による温度記憶の解析
Show all
Papers (30):
more...
MISC (25):
  • Misaki Okahata, Atsushi Kuhara. Neural Circuit Model for Sensory Information Integration in C. elegans. 2021. 61. 3. in press
  • Haruka Motomura, Natsune Takagaki, Atsushi Kuhara, Akane Ohta. Isolation of novel temperature signaling molecule via high throughput experimental system. 2020. 52. 14. 37(823)-40(826)
  • Okahata M, Motomura H, Ohta A, Kuhara A. Analysis of temperature sensation by single cell analysis using optgenetics. 月刊「細胞」特集 単一細胞レベル解析の新技術. 2020. 52. 13. 28(678)-31(681)
  • 岡畑 美咲, 太田 茜, 久原 篤. 線虫 Caenorhabditis elegansの低温馴化における温度感覚は酸素濃度の影響を受ける. 比較生理生化学. 2020. 37. 2. 103-110
  • 久原篤. 環境の「酸素濃度」が体の低温適応を調節する2つの感覚情報の統合の脳の神経回路. 私立大学理工系分野の研究基盤の強化と向上 -科学技術イノベーションの推進に向けて-. 2020. 83-83
more...
Books (6):
  • 動物の辞典
    朝倉書店 2020
  • 研究者が教える動物実験 第3巻 行動
    共立出版 2015 ISBN:9784320057746
  • 研究者が教える動物実験 第2巻 神経・筋
    共立出版 2015 ISBN:9784320057739
  • 研究者が教える動物実験 第1巻 感覚
    2015 ISBN:9784320057722
  • 香りの百科事典
    丸善 2005 ISBN:4621075136
more...
Lectures and oral presentations  (1):
  • 学会等での発表のまとめはコチラ
Education (4):
  • 2001 - 2004 Nagoya University
  • 1999 - 2001 名古屋大学 生命理学専攻
  • 1995 - 1999 Nagoya University
  • 1992 - 1995 愛知県立昭和高校
Professional career (1):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
Work history (10):
  • 2017/10 - 現在 Japan Agency for Medical Research and Development
  • 2017/04 - 現在 Konan University Faculty of Science and Engineering
  • 2013/08 - 現在 Konan University
  • 2013/04 - 2017/03 Konan University Associate Professor
  • 2011/04 - 2013/03 甲南大学 理工学部 講師(PI), 名古屋大学 招聘教員(~2012.3)
Show all
Committee career (14):
  • 2017 - 現在 日本動物学会 将来計画委員
  • 2017 - 現在 ナショナルバイオリソースプロジェクト(NBRP) 線虫 運営委員
  • 2017 - 2019 線虫C. elegans研究者コミュニティ ホームページ管理責任者
  • 2018 - 2018 山田科学振興財団 研究助成 一次審査委員
  • 2017 - 2018 8th Asia-Pacific C. elegans Meeting International Scientific Program Committee
Show all
Awards (9):
  • 2021/06 - Kao science award
  • 2018/02 - JSPS PRIZE
  • 2012/09 - 神経科学学会 奨励賞
  • 2012/04 - 文部科学大臣表彰
  • 2011/09 - 生物物理学会 奨励賞
Show all
Association Membership(s) (7):
The Japanese Society for Comparative Physiology and Biochemistry ,  THE ZOOLOGICAL SOCIETY OF JAPAN ,  日本生物物理学会 ,  定量生物学の会 ,  国際C. elegansコミュニティ ,  日本分子生物学会 ,  日本神経科学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page