Rchr
J-GLOBAL ID:200901049274160664   Update date: Nov. 16, 2020

KOU INUI

イヌイ コウ | KOU INUI
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Research field  (2): Architectural and city planning ,  Local studies
Research keywords  (1): participatory town development, regeneration of local community, community governance
Papers (62):
  • 乾 亨. 地域住民組織は必要か・未来はあるか. 都市問題. 2017. 108. 49-66
  • 乾 亨. コミュニティ政策学会第14回大会・分科会報告「地域コミュニティのマネジメント」. 『コミュニティ政策14』東信堂. 2016
  • 乾 亨. 地域住民組織の明日を考える(追補版)~地域コミュニティにとっての協議会型住民自治組織の意味. 『まちむら134号』(公財)あしたの日本を創る協会. 2016. 36-40
  • 乾 亨. 地域住民組織のあしたを考える(4)~「地域と地域住民組織のあした」を創るために. 『まちむら133号』(公財)あしたの日本を創る協会. 2016. 33-37
  • 乾 亨. 地域住民組織のあしたを考える(3)~地域コミュニティを束ねる地域組織のなかみ(ひと)をつくる. 『まちむら132号』(公財)あしたの日本を創る協会. 2015. 33-36
more...
Books (5):
  • マンションをふるさとにしたユーコート物語~これからの集合住宅育て
    昭和堂 2012
  • 「住民の力で暴力団を追い出したまち<真野>」『季刊まちづくり17』
    学芸出版社 2007
  • 21世紀の日本を見つめる
    晃洋書房 2004
  • 対話による建築・まち育て-参加と意味のデザイン
    学芸出版社 2003
  • これからの集合住宅づくり
    晶文社 1995
Lectures and oral presentations  (12):
  • 地域コミュニティのマネジメント
    (コミュニティ政策学会第14回大会 2015)
  • 「京都市・大阪市・神戸市のまちづくりとコミュニティ政策」
    (第10回コミュニティ政策学会京都大会記念シンポジウム(パネルディスカッション コーディネーター) 2011)
  • 協働でつくる高齢者のいきいき居場所-イタリアと日本に見る市民の力・地域の力
    (ボランティア活動研究交流会議2007 2007)
  • 「集合住宅における共用空間のコミュニティ形成力の検証及び住替え方策の検討業務・調査報告書」
    (NPO法人まちの縁側育み隊・集住研究会者(延藤安弘・乾亨他),NPOまちの縁側育み隊 2007)
  • 機嫌よう暮らせるまちにするために-わがまちへの愛着をはぐくみ地縁を活か す
    (大阪府地域づくり団体協議会第17回講演会 2007)
more...
Education (3):
  • - 1994 Kumamoto University Environmental Science
  • - 1979 Kyoto University
  • - 1977 Kyoto University Department of Architecture
Professional career (1):
  • Doctor of Philosophy
Work history (3):
  • 1998/04/01 - Ritsumeikan University College of Social Sciences
  • 1995/04/01 - 1997/03/31 Ritsumeikan University College of Social Sciences
  • 1979/04/09 - 1995/03/31 京都建築事務所 建築設計
Awards (3):
  • 2013/06 - 日本生活学会 『今和次郎賞(2012年度)』日本生活学会
  • 2013/04 - 子ども環境学会 『論文・著作賞』子ども環境学会
  • 2005/01 - 兵庫県建築関係団体震災10周年事業委員会 『まちづくり準賞』神戸市
Association Membership(s) (5):
JAPAN SOCIETY OF LIFOLOGY ,  Japan Association for Community Policy ,  Architectural Institute of Japan ,  The City Planning Institute of Japan ,  Association of Urban Housing Sciences
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page