Rchr
J-GLOBAL ID:200901049649959436   Update date: Sep. 01, 2020

Yanai Kazuhiko

ヤナイ カズヒコ | Yanai Kazuhiko
Affiliation and department:
Job title: 教授
Other affiliations (1):
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/9497e497f3bbf47cf8e4d554676c1034.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/9497e497f3bbf47cf8e4d554676c1034.html
Research field  (4): Radiology ,  Pharmacology ,  Pharmacology ,  Neuroscience - general
Papers (698):
  • Ryuichi Harada, Yoshimi Hayakawa, Michinori Ezura, Pradith Lerdsirisuk, Yiqing Du, Yoichi Ishikawa, Ren Iwata, Miho Shidahara, Aiko Ishiki, Akio Kikuchi, et al. 18F-SMBT-1: A Selective and Reversible Positron-Emission Tomography Tracer for Monoamine Oxidase-B Imaging. Journal of nuclear medicine : official publication, Society of Nuclear Medicine. 2020
  • Anikó Kárpáti, Takeo Yoshikawa, Fumito Naganuma, Takuro Matsuzawa, Haruna Kitano, Yo Yamada, Mariko Yokoyama, Akira Futatsugi, Katsuhiko Mikoshiba, Kazuhiko Yanai. Histamine H1 receptor on astrocytes and neurons controls distinct aspects of mouse behaviour. Scientific reports. 2019. 9. 1. 16451-16451
  • M Ezura, A Kikuchi, A Ishiki, N Okamura, T Hasegawa, R Harada, S Watanuki, Y Funaki, K Hiraoka, T Baba, et al. Longitudinal changes in 18 F-THK5351 positron emission tomography in corticobasal syndrome. European journal of neurology. 2019. 26. 9. 1205-1211
  • Tadaho Nakamura, Kotaro Hiraoka, Ryuichi Harada, Takuro Matsuzawa, Yoichi Ishikawa, Yoshihito Funaki, Takeo Yoshikawa, Manabu Tashiro, Kazuhiko Yanai, Nobuyuki Okamura. Brain histamine H1 receptor occupancy after oral administration of desloratadine and loratadine. Pharmacology research & perspectives. 2019. 7. 4. e00499
  • Tashiro M, Suzuki N, Chen E, Kikuchi A, Inami A, Nasir F. B. M, Miyake M, Watanuki S, Yanai K, Watabe H. Mismatching effects of antihistamines on regional brain glucose metabolism and blood flow in human brain: A combined study with [F-18]FDG PET and NIRS. JOURNAL OF CEREBRAL BLOOD FLOW AND METABOLISM. 2019. 39. 583-584
more...
MISC (811):
  • 吉田 有佑, 横井 孝政, 渡辺 宏久, 山口 博司, Bagarinao Epifanio, 桝田 道人, 加藤 隼康, 小倉 礼, 大嶽 れい子, 川畑 和也, et al. 正常老化におけるTHK5351分布様式と安静時機能的ネットワークの関係性. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S297-S297
  • 中村 正帆, 平岡 宏太良, 原田 龍一, 松澤 拓郎, 吉川 雄朗, 長沼 史登, 田代 学, 谷内 一彦, 岡村 信行. 経口デスロラタジンの脳内ヒスタミンH1受容体結合 陽電子放出断層撮影を用いたin vivoランダム割付二重盲検クロスオーバー臨床試験. 臨床薬理. 2019. 50. Suppl. S262-S262
  • 菊池 昭夫, 江面 道典, 岡村 信行, 長谷川 隆文, 石木 愛子, 原田 龍一, 菅野 直人, 吉田 隼, 小林 潤平, 荒井 啓行, et al. 18F-THK5351 PETによる進行性核上性麻痺とパーキンソン病の鑑別の検討. 臨床神経学. 2019. 59. Suppl. S228-S228
  • 岡村 信行, 原田 龍一, 江面 道典, 古本 祥三, 谷内 一彦, 荒井 啓行, 工藤 幸司. アストログリオーシスを生体画像化する新規PETプローブ[18F]SMBT-1の開発. Dementia Japan. 2019. 33. 4. 531-531
  • 田代 学, 鈴木 頌也, Chen Edmond, 菊地 飛鳥, 稲見 暁惠, 三宅 正泰, Nasir Fairuz Mohd, 平岡 宏太良, 四月朔日 聖一, 谷内 一彦, et al. 抗ヒスタミン薬が認知課題遂行中の脳エネルギー消費に与える影響 FDG PET研究. 核医学. 2019. 56. Suppl. S161-S161
more...
Patents (1):
  • ポジトロン放出核種標識タンパク質合成方法
Books (9):
  • 抗ヒスタミン薬編
    メディカルレビュー社 2012 ISBN:9784779206795
  • 新薬理学入門
    南山堂 2008 ISBN:9784525140038
  • 遺伝子改変マウスのマイクロPETとヒトの探索的分子PETによる統合的薬理学研究
    [谷内一彦] 2007
  • オレキシンやグレリンなどの新規視床下部ペプチドとヒスタミン神経系の相互作用
    [谷内一彦] 2005
  • 新薬理学入門
    南山堂 2003 ISBN:452514002X
more...
Lectures and oral presentations  (156):
  • ヒスタミンH3受容体による膵β細胞機能の制御
    (第85回日本薬理学会 2012)
  • 正常ヒトアストロサイトによるヒスタミン取り込みはPMATを介して行われる
    (第85回日本薬理学会 2012)
  • [18F]THK-523によるin vivoタウイメージング
    (第85回日本薬理学会 2012)
  • マウス脳内のヒスタミン受容体と微量元素の特徴
    (第85回日本薬理学会 2012)
  • アルツハイマー病患者における脳内アセチルコリンエステラーゼへの[11C]ドネぺジル結合量と塩酸ドネぺジル治療反応性との関連性
    (第85回日本薬理学会 2012)
more...
Education (2):
  • - 1986 Tohoku University
  • - 1981 Tohoku University
Professional career (1):
  • 医学博士 (Tohoku University)
Committee career (16):
  • 2018/04 - 2020/03 (公社)日本薬理学会 副理事長 兼 財務委員長
  • 2014/04 - 2020/03 東北大学 副理事
  • 2012/04 - 2020/03 日本薬理学会 理事
  • 2005/12 - 2020/03 日本臨床薬理学会 評議員
  • 2005/12 - 2020/03 日本神経化学会 評議員
Show all
Awards (4):
  • 2018/03 - テルモ財団賞
  • 2007/11/30 - 日本臨床薬理学会 優秀演題賞 アミロイド・イメージングに関する業績
  • 2006/11/29 - 日本臨床薬理学会 優秀演題賞 抗ヒスタミン薬の脳内H1受容体占拠率と鎮静作用について画期的な方法を開発した
  • 1996/03/22 - 日本薬理学会 日本薬理学会学術奨励賞 ポジトロン標識リガンドを用いたヒト神経伝達の画像化:その基礎開発と応用
Association Membership(s) (12):
THE JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOCIETY ,  第87回日本薬理学会・大会長(2012/04-2014/03 会長) ,  日本薬理学会(2012/04-2014/03 理事) ,  第34回日本神経科学会(2010/09-2011/10 実行委員) ,  創薬薬理フォーラム(2008/09-2014/09 幹事) ,  社団法人日本薬理学会(2006/04-2010/03 理事) ,  国際痒みシンポジウム(2006/04-2014/03 世話人) ,  日本ヒスタミン学会(2007/12-2014/12 世話人) ,  日本薬理学会(2006/04-2008/03 理事) ,  日本神経化学会(2005/12-2014/12 評議員) ,  日本臨床薬理学会(2005/12-2014/03 評議員) ,  日本薬理学会(1994/04-2014/03 評議員)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page