Rchr
J-GLOBAL ID:200901050365322363   Update date: Nov. 06, 2019

東 正訓

東 正訓
Affiliation and department:
Research field  (3): Civil engineering (planning and transportation) ,  Social psychology ,  Statistical science
Research keywords  (6): political attitudes ,  campaign ,  traffic psychology ,  政治心理 ,  キャンペーン ,  交通心理
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2017 - 現在 Prediction and control of traffic violation behaviors based on habit behavioral theory
  • 2013 - 2014 2013年参院選時における労働組合員意識調査
  • 2011 - 2013 2012年衆院選における労働組合員意識調査
  • 2011 - 2012 交通安全教育のウェブ教材としての安全運転態度尺度の構成と診断システムの開発
  • 2000 - 2001 消費者のリサイクル行動を促進するためのマーケティング対応に関する基礎的研究
Show all
Papers (16):
  • A literature review of psychological factors in risky driving with special attention to attitudes, habit and impulsivity. 2018. 49. 1. 3-13
  • 東 正訓. 労働組合員の民進党支持に影響する組合要因と個人要因-マルチレベル分析の試み. Int'lecowk 2017年7月号(通巻1071号). 2017. 1071. 23-27
  • Masanori Higashi, Tetsuya Jibu, Tadanori Yamaguchi. An analysis of factors on elderly pedestrians'jaywalk. 2016. 47. 1. 10-17
  • Causal Model of Labor union members's voting paticipation:analyses of data on Japanese National Election in 2007 and 2009. 2014. 22. 1-12
  • Analysis of Voting Behavior on Japanese General Election in 2012: Using Data of Labor Union Members and the General Voting Public. 2014. 8
more...
Books (5):
  • Sleep and safety driving
    2018
  • ワークショップ大学生活の心理学
    ナカニシヤ出版 2009
  • ワークショップ人間関係の心理学
    ナカニシヤ出版 2004
  • 性格心理学ハンドブック
    福村出版 1998
  • ワークショップ心理学
    ナカニシヤ出版 1992
Lectures and oral presentations  (8):
  • 速度超過習慣尺度の構成
    (日本交通心理学会第82回大会 2017)
  • 基礎から学ぶ質問紙調査法
    (2017)
  • 高齢者の乱横断習慣に関する研究
    (日本交通心理学会第81回大会 2016)
  • 信号無視に対する規範、態度、背景要因の影響-計画的行動理論と習慣概念にもとづくモデル構築-
    (交通科学研究会研究発表会 2014)
  • 2013年参院選における有権者の政治的態度と投票行動
    (日本社会心理学会第55回大会 2014)
more...
Works (3):
  • Safety-driving Campaigns:Theory and practices
    2015 -
  • 第48回共同調査後編(2013年参議院選挙)組合員政治意識総合調査4-1.比例区投票先の判別分析4-3.民主党支持の因果モデル
    2014 -
  • 学業達成の改善:記憶とモチベーション
    2013 -
Education (3):
  • 1988 - 1991 Kansai University
  • 1986 - 1988 Kansai University
  • 1982 - 1986 Kansai University
Work history (8):
  • 2008/04/01 - 現在 Graduate School of Psychology Graduate School of Psychology
  • 2006/04/01 - 現在 Faculty of Psychology Faculty of Psychology Department of Psychology
  • 2006/04 - 現在 Tezukayama University Graduate School of Humanities
  • 2000/04 - 現在 Kansai University Faculty of Sociology
  • 1997/04 - 2006/03 Associate Professor
Show all
Awards (2):
  • 2018/06 - 日本交通心理学会 日本交通心理学会第83回大会「優秀論文発表賞」
  • 2011/09 - 一般財団法人全日本交通安全協会 交通栄誉章緑十字銅章
Association Membership(s) (4):
日本心理学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本交通心理学会 ,  関西心理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page