Rchr
J-GLOBAL ID:200901050461572087   Update date: Sep. 23, 2020

Mitsuru Murata

ムラタ ミツル | Mitsuru Murata
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research theme for competitive and other funds  (10):
  • 2017 - 2020 血液凝固異常症等に関する研究
  • 2014 - 2017 血液凝固異常症等に関する研究
  • 2011 - 2014 血液凝固異常症に関する調査研究
  • 2011 - 2012 ヘパリン起因性血小板減少症の診断基準確立のための研究
  • 2009 - 2012 H12(ADP)リポソームの人工血小板としての前臨床評価(効力と安全性)
Show all
Papers (239):
  • MURATA MITSURU. オーションマックスAX-4060の基礎的検討およびビリルビンの偽陽性チェック機能の検証. 日本臨床検査自動化会誌. 2018. 43. 235. 28-34
  • MURATA MITSURU. 「HemoCue WBC DIFFアナライザ」の性能評価. 日本臨床検査自動化会誌. 2018. 43. 237. 240-245
  • MURATA MITSURU. Tocilizumabが奏効した多中心性Castleman病合併Evans症候群. 臨床血液. 2018. 59. 8. 997-1001
  • Yumi Fujio, Kazuo Kojima, Masahiro Hashiguchi, Masatoshi Wakui, Mitsuru Murata, Masayuki Amagai, Jun Yamagami. Validation of chemiluminescent enzyme immunoassay in detection of autoantibodies in pemphigus and pemphigoid. JOURNAL OF DERMATOLOGICAL SCIENCE. 2017. 85. 3. 208-215
  • MURATA MITSURU. 造血器腫瘍治療中の好中球減少期に生じたCapnocytophaga speciesによる菌血症. 臨床血液. 2017. 58. 3. 210-215
more...
Books (35):
  • 臨床化学
    2017
  • 止血・血栓ハンドブック
    2015
  • 新・血栓止血血管学 検査と診療 一瀬白帝,丸山征郎,村田満 編
    金芳堂 2015
  • 最新ガイドライン準拠 血液疾患 診断・治療指針
    中山書店 2015
  • 看護に活かす検査値の読み方・考え方 第2版
    総合医学者 2015
more...
Lectures and oral presentations  (359):
  • Inprovement of DNA methylation quantitation method with LC-MS/MS by optimization reaching a breakthrough.
    (69TH AACC ANNUAL SCIENTIFIC MEETING&CLINICAL LAB EXPO 2017)
  • HCV抗体、TP抗体偽陽性結果による混乱とその対応
    (第61回 日本臨床検査医学会学術集会 2014)
  • CGM検査が糖尿病治療の決定に有用だった一例
    (第61回 日本臨床検査医学会学術集会 2014)
  • 生後1週間アルドステロン分泌への在胎週数の影響
    (第22回 日本ステロイドホルモン学会 2014)
  • U Scanner(E)は日常検査で使えるか
    (第46回 日本臨床検査自動化学会 2014)
more...
Works (2):
  • 「日本の医療の質向上のために」~わたしたちは何をすべきか~
    MURATA MITSURU 2012 - 現在
  • 遺伝子検査をどのように診療に生かすか
    MURATA MITSURU 2011 - 現在
Education (1):
  • 1981 - Keio University
Professional career (2):
  • 医学博士 (慶應義塾大学)
  • 医学博士 (慶應義塾大学)
Work history (8):
  • 2005 - 現在 慶應義塾大学 教授(医学部臨床検査医学)
  • 1998 - 2005 慶應義塾大学 専任講師(医学部血液感染リウマチ内科)
  • 1997 - 2005 慶應義塾大学病院 中央臨床検査部 主任医師(内科と兼任)
  • 1992 - 1997 慶應義塾大学 助手(医学部、血液感染リウマチ内科)
  • 1989 - 1992 米国カリフォルニア州スクリップス研究所 Research Fellow(止血・血栓、動脈硬化の分子生物学)
Show all
Committee career (74):
  • 2012/07/28 - 現在 第13回日本検査血液学会学術集会 Session Chair
  • 2012/07/28 - 現在 第13回日本検査血液学会学術集会 一般演題19 「凝固・線溶7」 座長
  • 2011/07/17 - 現在 第12回日本検査血液学会学術集会 ランチョンセミナー1 座長
  • 2011/07/17 - 現在 第12回日本検査血液学会学術集会 ランチョンセミナー1 座長
  • 2008/10/01 - 現在 第70回 日本血液学会総会 Session Chair
Show all
Awards (2):
  • 2002/11 - 日本臨床検査学会 日本臨床検査医学会賞(Bergmeyer-Kawai賞) 動脈硬化と血栓症に関連する遺伝子多型研究
  • 2002/06 - 慶應義塾大学医学部三四会 慶應義塾三四会賞(北島賞) 動脈硬化と易血栓性に関係する遺伝子多型解析
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page