Rchr
J-GLOBAL ID:200901050529830110   Update date: Aug. 31, 2020

Akino Hironobu

アキノ ヒロノブ | Akino Hironobu
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (1): Urology
Research keywords  (4): 泌尿器科学 ,  外科 ,  医学 ,  urology
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 1995 - 前立腺疾患に関する研究
  • 1995 - Basic and clinical research on lower urinary tract dysfunction and prostatic diseases
MISC (91):
more...
Books (14):
  • 泌尿器科診療ガイド(分担執筆:1 排尿の異常、尿量の異常、尿性状の異常)
    金芳堂 2011 ISBN:9784765314732
  • よくわかって役に立つ前立腺肥大症のすべて(分担執筆:CHAPTER5 前立腺肥大症の症状増悪因子)
    永井書店 2009 ISBN:9784815918231
  • EBM 泌尿器疾患の治療(分担執筆:16.神経因性膀胱に対するα1ブロッカーの有効性は?)
    中外医学社 2009 ISBN:9784498064164
  • ファーマーナビゲーター 下部尿路機能障害編(分担執筆:神経因性膀胱の病態と診断)
    メディカルレビュー社 2008 ISBN:9784779202216
  • 泌尿器科治療の新しいストラテジー(分担執筆:下部尿路機能の評価 up to date)
    メジカルビュー社 2007
more...
Lectures and oral presentations  (512):
  • 初診時に末期腎不全を呈した若年性ネフロン癆の男児例
    (第310回日本小児科学会北陸地方会 2014)
  • 性同一性障害の経験
    (第443回日本泌尿器科学会北陸地方会 2014)
  • 慢性脊髄損傷ラットモデルでのα1ブロッカーによる膀胱活動ならびに外尿道括約筋筋電図変化の検討
    (第18回北陸泌尿器科Basic Research Meeting 2014)
  • 腎細胞癌におけるACSS2発現評価を目的としたC11-acetate PETの臨床研究
    (第102回日本泌尿器科学会総会 2014)
  • 脳梗塞に伴う排尿筋過活動におけるC線維・膀胱上皮メディエータ・膀胱自律収縮の関与
    (第102回日本泌尿器科学会総会 2014)
more...
Works (13):
  • メタボリック症候群:脳酸化ストレス制御はLUTS治療のブレイクスルーになり得るか, 基盤研究(B)(一般)
    2013 -
  • 下部尿路閉塞により増強される膀胱粘膜自律収縮促進作用に関する研究, 基盤研究(C)(一般)
    2013 -
  • メタボリックドミノの予防はED/LUTSの改善につながるか, 挑戦的萌芽研究
    2011 -
  • OABの発生:尿道上皮由来のATP/PG/NGFはkey mediatorか, 挑戦的萌芽研究
    2011 -
  • メタボリック症候群候補遺伝子の変異・多型は下部尿路症(LUTS)の原因か, 基盤研究(B)(一般)
    2010 -
more...
Education (1):
  • - 1980 Gifu University Medical Course
Professional career (1):
  • 博士(医学) (福井医科大学)
Work history (3):
  • 1998 - 2002 Fukui Medical University
  • 2002 - - 福井医科大学医学部 助教授
  • 1983 - 1998 Fukui Medical University
Committee career (14):
  • 2012 - 日本排尿機能学会 理事
  • 2009 - American Urological Association 一般会員
  • 2009 - American Urological Association member
  • 2008 - 日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 一般会員
  • 2007 - European Association of Urology 一般会員
Show all
Association Membership(s) (13):
International Continence Society ,  日本移植学会 ,  日本性機能学会 ,  日本泌尿器科学会 ,  日本臨床腎移植学会 ,  日本泌尿器内視鏡学会 ,  European Association of Urology ,  American Urological Association ,  日本排尿機能学会 ,  日本内分泌外科学会 ,  日本老年泌尿器科学会 ,  日本ミニマム創泌尿器内視鏡外科学会 ,  American Urological Association
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page