Rchr
J-GLOBAL ID:200901050543019084   Update date: May. 31, 2016

Hayashi Shizue

ハヤシ シヅエ | Hayashi Shizue
Affiliation and department:
Research field  (1): Literature - European
Research keywords  (4): 「アウシュヴィッツ以降」の文学・芸術 ,  表象と解釈の問題 ,  文化的記憶 ,  German Studies
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 1997 - パウル・ツェラーンの詩およびゲルハルト・リヒターにおける記憶の問題
  • 1997 - Study on Paul Celan's Poetly and Gerhard Richters Art, about it’s Memory
  • 1997 - Study on Paul Celan's Poetly and Gerhard Richters Art, about it's Memory
MISC (13):
  • 林志津江. 「繊毛の木」あるいは「ちらちら光る樹木」- パウル・ツェラーンの詩と記憶のダイナミズム -. ツェラーン研究. 2009. 11. 15-48
  • Shizue Hayashi. Das ästhetische Gedächtnis und die Form unaufhebbarer Mehrdeutigkeit. Paul Celans Engführung und Gerhard Richters Atlas. Figuren der Transgressiven. Das Ende und der Gast. 2009. 95-115
  • HAYASHI Shizue. Das Gedicht als Gadaechtnis und die Dynamik der Zweideutigkeit. Am Beispel von Paul Celans Gedicht "Flimmerbaum". Celan-Studien. 2009. 11. 15-48
  • 林志津江. 日本の公立高等学校におけるドイツ語授業の実践例と展望 - ALTと行うチーム・ティーチング授業の試み. ドイツ語教育. 2008. 13. 65-72
  • HAYASHI Shizue. Das "Team-Teaching" in DaF-Unterricht an einer Oberschule. Ein Versuch. Deutschunterricht in Japan. 2008. 13. 65-72
more...
Books (1):
  • Figuren der Transgressiven. Das Ende und der Gast.
    iudizium Verlag (mit Unterstuetzung der Japanischen Gesellschaft fuer Germanistik) 2009
Lectures and oral presentations  (8):
  • Gedächtnis als kulturelle Erfahrung - Gerhard Richters Photo-Painting.
    (ドイツ語学・文学国際学会2010年度第12回会議 2010)
  • 集合的記憶と個別の記憶の交差 -ゲルハルト・リヒター『ルーディおじさん』-
    (日本ヘルダー学会2010年度 春季研究発表会 2010)
  • 記憶の伝達可能性-ゲルハルト・リヒターの絵画連作『1977年10月18日』を手がかりに-
    (日本独文学会 2010年度 春季研究発表会 シンポジウムV「アーカイヴの思想をめぐって」 2010)
  • 詩という記憶,理解という運動 -パウル・ツェラーンの詩を読解・解釈する試みとその(不)可能性-
    (早稲田ドイツ語学・文学会 第16回研究発表会 2008)
  • 詩という記憶・理解という運動 - パウル・ツェラーンの詩「繊毛の木」を手がかりに -
    (日本ツェラーン協会研究発表会 2008)
more...
Works (1):
  • インターウニゼミナール
    2007 -
Education (6):
  • - 2005 Rikkyo University
  • - 2005 Rikkyo University
  • - 1997 Rikkyo University
  • - 1997 Rikkyo University
  • - 1994 Rikkyo University
Show all
Professional career (2):
  • 文学修士
  • 博士(文学) (立教大学)
Work history (5):
  • 2006 - 2007 Rikkyo University Language Center, German charge
  • 2006 - 2007 Adjunct Lecturer,German charge,Language Center,RIKKYO UNIVERSITY
  • 2007 - - 立教大学ランゲージ・センタードイツ語担当 教育講師
  • 2007 - - Adjunct Lecturer,German charge,Language Center,RIKKYO UNIVERSITY
  • Former Institution / Organization Rikkyo University Language Center German charge Adjunct Lecturer
Committee career (1):
  • 2005 - 2008 日本独文学会 ゼミナール委員会・ドイツ文化ゼミナール委員
Association Membership(s) (5):
ドイツ語学文学国際学会 ,  日本独文学会教育部会 ,  日本独文学会 ,  日本ツェラーン協会 ,  Internationale Vereinigung der Germanistik
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page