Rchr
J-GLOBAL ID:200901051158053669   Update date: Sep. 01, 2020

Naoshima Yoshinobu

ナオシマ ヨシノブ | Naoshima Yoshinobu
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://chemnaobic.sp.ous.ac.jp
Research field  (6): Bioorganic chemistry ,  Biochemistry ,  Synthetic organic chemistry ,  Molecular biochemistry ,  Biological, health, and medical informatics ,  Information theory
Research keywords  (5): 生体触媒・有機合成・生体分子計算・コンピュータ化学・コンピュータシミュレーション ,  Computer Chemistry ,  Biomolecular Modeling ,  Organic Synthesis ,  Biocatalyst
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2003 - 抗がん作用をもつ有機金属ポリマーの合成とその評価
  • 生命分子計算によるタンパク質-キラルリガンド複合体の相互作用解析に基づく医薬品を含む生体機能物質の開発
  • 量子化学計算とコンピュータシミュレーションによる新規機能性物質の分子設計に関する研究
  • 生物的合成手法を利用する光学活性有用生物活性化合物のキラル合成
  • 地球環境に対する負荷とエネルギー消費を考慮した生体触媒法の開発とその有機合成への応用
Show all
MISC (94):
Patents (3):
  • 新規アズレン化合物の合成
  • リパーゼを利用した光学活性アズレントリフルオロエタノール誘導体の両鏡像体の製造方法
  • 光学活性4-アルカノール化合物の両鏡像体の製造方法
Books (15):
  • はじめての生命科学 第4章”生命情報科学と生命科学-コンピュータで生体分子を解析する-” 執筆担当
    三共出版 2009
  • Inorganic and Organometallic Macromolecules Design and Applications 分担執筆
    Springer 2008 ISBN:9780387729466
  • Factors Affecting the Bacterial Activity of Organotin-Containing Polysaccharides, in Industrial Biotechnological Polymers
    Technomic Publisher 1995
  • Degree of Substitution of Dextran Modified through Reaction with Organostannane Chlorides and Group (]G0004[)-B Metallocene Dichlorides, in Biotechnology and Polymers
    Plenum Press 1991
  • Inorganic and Metal-Containing Polymeric Materials 分担執筆
    Plenum Press 1990 ISBN:0306438194
more...
Lectures and oral presentations  (11):
  • フラグメント分子軌道法による酵素リパーゼの鏡像体選択性に関する生体分子量子化学計算
    (バイオスーパーコンピューティング・シンポジウム2008 2008)
  • フラグメント分子軌道法によるヒトプロテアーゼとHIV-1プロテアーゼ阻害薬との複合体構造に関する計算化学シミュレーション
    (第31回情報化学討論会 2008)
  • フラグメント分子軌道法によるCandida antarctica リパーゼBの鏡像体選択性に関する量子化学計算
    (第52回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 2008)
  • Burkholderia cepacia リパーゼの鏡像体選択性に関する分子計算シミュレーション
    (第52回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 2008)
  • 甘味を呈する糖分子についての計算化学研究
    (第52回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会 2008)
more...
Works (36):
  • 第27回日本シミュレーション学会大会 オーガナイズドセッション「ナノおよびバイオに関わる分子計算シミュレーション」オーガナイザー
    2008 -
  • 日本農芸化学会2008年度大会シンポジウム「生体分子の機能解析に向けたコンピュータシミュレーション:量子生命化学新時代の幕開け」 世話人代表
    2008 -
  • 第26回日本シミュレーション学会大会 オーガナイズドセッション「生体分子のコンピュータシミュレーション」オーガナイザー
    2007 -
  • 解析支援ネットOKAYAMA第1回セミナー 開催責任者
    2006 -
  • 分子モデリングによる有機化合物の構造や反応経路の解析 神戸大学大学院集中講義
    2005 -
more...
Education (4):
  • - 1976 Osaka Prefecture University
  • - 1976 Osaka Prefecture University
  • - 1971 Osaka Prefecture University
  • - 1971 Osaka Prefecture University
Professional career (1):
  • (BLANK) (Osaka Prefecture University)
Committee career (1):
  • 1996 - 日本農芸化学会 関西支部評議員
Awards (6):
  • 2007 - 第51回香料・テルペンおよび精油化学に関する討論会ベストプレゼンテーション賞(共同研究者木村崇知)
  • 2007 - 第30回情報化学討論会ポスター賞(大学院生田中孝尚)
  • 2006 - OUS((岡山理科大学)フォーラム2006奨励賞
  • 1987 - (財)農芸化学研究奨励会研究助成
  • 1981 - (財)山陽放送学術文化財団研究助成
Show all
Association Membership(s) (11):
日本シミュレーション学会 ,  日本コンピュータ化学会 ,  情報計算化学生物学会 ,  日本バイオインフォマティクス学会 ,  高分子学会 ,  日本質量分析学会 ,  有機合成化学協会 ,  アメリカ化学会 ,  日本化学会 ,  日本農芸化学会 ,  American Chemical Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page