Rchr
J-GLOBAL ID:200901051805180961   Update date: Sep. 11, 2020

Umeda Kazunori

ウメダ カズノリ | Umeda Kazunori
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.mech.chuo-u.ac.jp/umedalab/http://www.mech.chuo-u.ac.jp/umedalab/index_e.html
Research field  (4): Measurement engineering ,  Mechanics and mechatronics ,  Robotics and intelligent systems ,  Perceptual information processing
Research keywords  (3): Man-machine system ,  Image Processing ,  Robotics
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2014 - 2018 Construction of fast and compact range image sensors using multiple laser lights and their applications
  • 2013 - 2018 Research and Development of Kansei Information Environment for Group Symbiosis in Real and Cyber Space
  • 2007 - 2012 実空間における複合感性と状況理解の多様性のロボティクス的モデル化とその応用
  • 2006 - 2012 実世界検索に向けたネットワークセンシング基盤ソフトウェア OSOITE
  • 2008 - 2011 Construction of a fast and compact range image sensor that can be used in outdoor environments and its application to 3D modeling of environments
Show all
Papers (162):
MISC (31):
more...
Patents (7):
  • 魚眼カメラの内部パラメータの、推定方法、推定装置、及び推定プログラム
  • 撮像装置,撮像画像距離測定方式,撮像画像距離測定プログラム,及び記録媒体
  • 周期動作検出装置及び方法
  • 周期ジェスチャ識別装置、周期ジェスチャ識別方法、周期ジェスチャ識別プログラム、及び記録媒体
  • ステレオ計測装置、ステレオ計測方法、及び、ステレオ計測処理プログラム
more...
Books (7):
  • 三次元画像センシングの新展開-リアルタイム・高精度に向けた要素技術から産業応用まで
    エヌ・ティー・エス 2015
  • Stereo Vision
    InTech Education and Publishing 2008
  • 新版 ロボット工学ハンドブック
    コロナ社 2005
  • 新実践画像処理
    リンクス 2001
  • Human Friendly Mechatronics
    Elsevier 2001
more...
Lectures and oral presentations  (508):
  • 深層学習と単眼カメラを用いた骨格による人物識別手法の構築
    (第34回人間情報学会オーラルセッション講演集 2019)
  • 色と距離情報を入力とした 3 次元拡張型 YOLO
    (第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集 (SI2019) 2019)
  • 労働災害防止のための動画像を用いた深層学習による異常検知手法
    (第20回計測自動制御学会システムインテグレーション部門講演会講演論文集 (SI2019) 2019)
  • カメラの位置・姿勢を考慮した配管内画像列からの配管3次元地図作成
    (第37回日本ロボット学会学術講演会予稿集 2019)
  • マルチスリットレーザプロジェクタを用いた距離画像センサの計測範囲拡大
    (2019年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集 2019)
more...
Education (2):
  • 1991 - 1994 The University of Tokyo Precision Machinery Engineering
  • 1989 - 1991 The University of Tokyo Precision Machinery Engineering
Professional career (1):
  • 博士(工学) (東京大学)
Work history (7):
  • 2012/09 - 2016/03 青山学院大学理工学部非常勤講師
  • 2007/09 - 2011/03 青山学院大学理工学部非常勤講師
  • 2007/08 - 2009/07 文部科学省 学術調査官
  • 2006/04 - 中央大学理工学部教授
  • 1998/04 - 2006/03 中央大学理工学部助教授
Show all
Awards (11):
  • 2019/12/11 - 人間情報学会 第31回人間情報学会オーラルセッション発表最優秀賞 ステレオカメラによるYOLOと3次元点群を用いた人物検出
  • 2019/03/05 - 計測自動制御学会SI部門 優秀講演賞 人工物環境における直線情報を用いたカメラの外部パラメータ推定法
  • 2016/09/13 - 人間情報学会 第23回人間情報学会オーラルセッション発表最優秀賞 移動するステレオカメラによるオプティカルフローを用いた移動物体検出
  • 2015/12/15 - 計測自動制御学会SI部門 部門貢献表彰
  • 2015/10/09 - AISM2015 Committee The Fifth Asia International Symposium on Mechatronics (AISM2015) Best Paper Award Occlusion Handling for Target Tracking with a Mobile Robot
Show all
Association Membership(s) (95):
The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  日本ロボット学会 ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  The Japan Society for Precision Engineering ,  Information Processing Society of Japan ,  IEEE ,  IEEE ,  IEEE ,  The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers ,  The Institute of Electronics, Information and Communication Engineers ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  The Horological Institute of Japan ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  日本機械学会 ,  人間情報学会 ,  人間情報学会 ,  電気学会・知覚融合センシング技術の実利用化 協同研究委員会委員 ,  計測自動制御学会 ,  電気学会・知覚情報センシングおよび融合化技術の実利用化協同研究委員会委員 ,  電気学会・知覚融合情報センシング技術の実利用化協同研究委員会委員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page