Rchr
J-GLOBAL ID:200901051954298657   Update date: May. 31, 2021

Miura Shuichi

ミウラ シュウイチ | Miura Shuichi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): https://www.sal.tohoku.ac.jp/jp/research/researcher/profile/---id-11.html
Research field  (1): Philosophy - Chinese, Indian, Buddhist
Research keywords  (7): 中国近世思想史 ,  諸子学 ,  出版文化 ,  老荘学 ,  性理学 ,  科挙 ,  心学
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 1982 - The Intellectual History in Premodern China
Papers (66):
  • 三浦 秀一. 明代老学史の一側面ー薛蕙『老氏集解』を論じて王道『老子億』に及ぶー. 集刊東洋学. 2021. 124. 106-125
  • 三浦 秀一. 仏老を雑へて仏老を超ゆー明代思想史の一断面ー(上). 東洋古典学研究. 2020. 50. 69-92
  • 三浦秀一. 万暦の王学者鄒元標の前半生とその思想. 集刊東洋学. 2020. 122. 42-61
  • 三浦秀一. 徳川時代前中期的儒学与中国伝来的典籍. 「東亜儒学的経典與文化」国際学術研討会. 2019
  • 三浦秀一. 明代諸子学史略:その形成過程を論じ地平の拡張に及ぶ. 集刊東洋学. 2018. 119. 21-40
more...
MISC (6):
  • 三浦 秀一. 先人たちの発想法「東北大学人物事典」2 金谷 治. まなびの杜. 2021. 89. 24-25
  • 三浦秀一. 学界展望・哲学. 日本中国学会報. 2019. 71. 35-46
  • 三浦秀一. 学界展望・哲学. 日本中国学会報. 2018. 70. 38-49
  • 万物一体の仁の追究者ー彭紹升. 2006
  • 三浦秀一. 中嶋隆藏教授の業績と学風. 2006. 69. 3・4
more...
Books (2):
  • 科挙と性理学ー明代思想史新探
    研文出版 2016
  • 中国心学の稜線ー元朝の知識人と儒道仏三教ー
    研文出版 2003
Lectures and oral presentations  (13):
  • 仁者の楽しみ、その明代中後期的風景
    (東北シナ学会四月例会 2021)
  • 明儒鄒元標と無善無悪論
    (東北シナ学会十月例会 2019)
  • 舜の「憂喜」をめぐる解釈の展開とその思想史的意味
    (東北シナ学会四月例会 2017)
  • 明朝の提学官王宗沐の思想活動と王門の高弟たち
    (東北シナ学会四月例会 2014)
  • 人法兼任の微意ー明代中期後半の科挙と督学、および思想史ー
    (第62回東北中国学会大会 2013)
more...
Professional career (2):
  • 博士(文学) (Tohoku University)
  • 文学修士 (Tohoku University)
Committee career (7):
  • 2021/04 - 現在 日本中国学会 理事
  • 2019/04 - 現在 中国文史哲研究会 会長
  • 2018/06 - 現在 東北中国学会 会長
  • 2004/01 - 現在 日本道教学会 評議員
  • 1994/04 - 現在 中国文史哲研究会 常任編集顧問
Show all
Association Membership(s) (6):
日本儒教学会 ,  中国文史哲研究会 ,  日本道教学会 ,  東方学会 ,  東北中国学会 ,  日本中国学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page