Rchr
J-GLOBAL ID:200901052244356786   Update date: Nov. 17, 2020

Yoshioka Yasuhiro

ヨシオカ ヤスヒロ | Yoshioka Yasuhiro
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.setsunan.ac.jp/
Research field  (3): Pharmacology ,  Pharmaceuticals - health and biochemistry ,  Neuroscience - general
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2019 - 2022 A study on apelin receptor agonists as a new medicine for the treatment of glaucoma
  • 2015 - 2018 A study on apelin as a new therapeutic target for glaucoma using apelin deficiency mouse
  • 2013 - 2016 The utility of adrenaline beta3 receptor agonist as a new drug for Parkinson's disease
  • 2012 - 2015 Research on the apelin as a therapeutic target molecule in ischemic retinopathy using genetically modified animals
  • 2012 - 2013 新規パーキンソン病治療薬としてのβ3受容体アゴニストの開発
Show all
Papers (24):
more...
MISC (34):
Patents (1):
  • 網膜神経保護作用を有するアペリン受容体アゴニストを含有する医薬組成物
Books (3):
  • 内分泌疾患 代謝疾患
    オーム社 2018
  • 循環器疾患・救急医療 血液疾患
    オーム社 2017
  • Degenaration and Regenaration in Neurons, 2006: 109-123
    Research Signpost 2006 ISBN:8130801256
Lectures and oral presentations  (259):
  • 6-ヒドロキシドパミンによるドパミン神経細胞障害に対するβ3受容体作用薬の影響
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • アストロサイトにおけるペルオキシレドキシン6 の過剰発現が TNF-alpha 産生に及ぼす影響
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 加齢に伴う網膜神経節細胞死に対する内因性アペリンの保護作用
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 糖尿病モデルマウスにおける高脂肪食負荷による網膜神経細胞の脱落とアペリン受容体アゴニストによる保護作用
    (日本薬学会第140年会 2020)
  • 高脂肪食を負荷した糖尿病モデルマウスで生じる網膜神経細胞の脱落に対するAPJアゴニストの保護作用
    (第93回日本薬理学会年会 2020)
more...
Education (3):
  • - 2000 Osaka University
  • - 2000 Osaka University
  • - 1998 Osaka University
Professional career (4):
  • 薬学士 (大阪大学)
  • 博士(薬学) (大阪大学)
  • 修士(薬学) (大阪大学)
  • Master (Pharmaceutical Sciences) (Osaka University)
Committee career (3):
  • 2007 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
  • 2018/10 - 2020/09 日本薬理学会 代議員
  • 2014/10 - 2016/09 日本薬理学会 代議員
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page