Rchr
J-GLOBAL ID:200901052838738352   Update date: Nov. 30, 2020

Tokunaga Tomoharu

Tokunaga Tomoharu
Affiliation and department:
Job title: Assistant Professor
Research field  (2): Structural and functional materials ,  Nanomaterials
Research theme for competitive and other funds  (11):
  • 2018 - 2022 超広帯域光源開発のためのナノ粒子の最適化
  • 2019 - 2021 微酸化銅粒子と低温還元反応を利用したナノ銅吹き出しによる迅速焼結導電膜形成
  • 2018 - 2021 Development of ultra high strength more than 6GPa ultra light wegiht carbon nanotube spun yarn
  • 2018 - 2021 Preparation of Stable and Efficient Fluorescent Alloy Nanoparticles by Matrix Sputtering
  • 2018 - 2021 ガス環境TEMその場観察法は真に材料とガスとの反応を観察しているのか?
Show all
Papers (45):
MISC (68):
Patents (5):
  • 水素製造方法及び水素製造装置
  • 磁性金属内包カーボンナノチューブ素子
  • フラーレン複合体及びその製造方法
  • カーボンナノチューブ複合体及びその製造方法
  • 金属内包カーボンナノチューブの製造方法
Books (1):
  • Modern Technology and Applications of Metal Nano- and Microparticles
    2013 ISBN:9784781308272
Lectures and oral presentations  (26):
  • カーボンナノファイバー内部空間に閉じ込められた金属の特性変化
    (分子研研究会 表面科学の最先端技術と分子科学~第7回 真空・表面科学若手研究会~ 2016)
  • 液中プラズマ法を用いた酸化チタンナノ粒子の作製と評価
    (金属学会2016秋期講演大会 2016)
  • SOFC燃料極における炭素析出メカニズムの解明と水素生成用炭素触媒の可能性
    (SPring-8 Seminar(第253回) 2016)
  • TEMやSTEMを使ってみよう。
    (北海道大学材料科学専攻 マテリアルセミナー 2015)
  • カーボンブラック触媒の可能性
    (北海道大学材料科学専攻 マテリアルセミナー 2014)
more...
Education (2):
  • 2005 - 2007 Kyushu University
  • 2005 - 2007 Kyushu University
Professional career (1):
  • 工学博士
Work history (4):
  • 2017/04/01 - 現在 Nagoya University Graduate School of Engineering Materials Design Innovation Engineering 2 Assistant Professor
  • 2007/10/01 - 2017/03/31 Nagoya University Graduate School of Engineering Department of Quantum Engineering Assistant Professor
  • 2007/10/01 - 名古屋大学 工学研究科 助教
  • 2007/10/01 - 名古屋大学 工学研究科 助教
Committee career (1):
  • 2006/04/01 - 現在 東海若手セラミスト懇話会 運営委員
Association Membership(s) (4):
応用物理学会 ,  顕微鏡学会 ,  フラーレン・ナノチューブ学会 ,  日本金属学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page