Rchr
J-GLOBAL ID:200901053028745200   Update date: Jun. 14, 2019

ENKYO Soichi

エンキョ ソウイチ | ENKYO Soichi
Affiliation and department:
Research field  (2): Economic theory ,  Economic policy
Research keywords  (22): Information Technology ,  Money&Finance ,  Structural Change ,  Regional Economic Integration ,  EU ,  Information Revolution ,  Financial innovation ,  Marketization ,  Network Economy ,  Global Standard ,  PPP(Polluter Days Principle) ,  (quasi-Market Instrument's) ,  (Zero-emission) ,  市場統合 ,  グローバル化 ,  共同体化 ,  金融資産の累積 ,  金融市場の特質 ,  市場機能 ,  金融革新 ,  金融危機 ,  規制
Papers (26):
  • エネルギーと経済「シェールガスの活用が米国と世界経済を蘇らせる」. 『エコノミスト』2012年2/7号. 2012
  • 飯田哲也(環境エネルギー政策研究所)、八田達夫(大阪大学名誉教授、政策研究大学院前学長)、原英史(大阪府・大阪市政策顧問)、森嶋昭雄(日本気候政策センター理事長)、福井秀夫(政策大学院教授、日本不動産学会常務理事). 震災と原子力発電所・エネルギー政策. 日本不動産学会誌(特集 東日本大震災座談会). 2011. 25. 2. 45-69
  • 「世界経済の構造変化と広域共同体の形成」-EU統合への内的発展と世界経済の構造変化の中での今後の発展,そのアジア共同体化への政策示唆-. 『国際関係研究』日本大学国際関係学部国際関係研究所. 2008. 28. 4. 1-37
  • 「アジア共同体構想と経済・通貨同盟」. 『国際金融』(財団法人)外国為替貿易研究会. 2006. 1162. 26-31
  • 「情報化と米国、アジアのネットバンキングー金融業における情報化の展開とネットバンキングの意義ー」. 『国際金融』、(財団法人)外国為替貿易研究会. 2004. 1122. 10ー16
more...
MISC (3):
  • Soichi Enkyo. Sustainability of Capitalism Revisited. 『国際関係学部研究年報』(日本大学国際関係学部). 2016. 37
  • 円居総一. 「資本主義の終焉論議とアベノミックス日本の行え」. 『福音と社会』. 2015. 280. 58-64
  • 円居総一. 「世界の潮流見据えた欧州エネルギー政策」. 月刊『KOMEI』. 2012
Books (9):
  • 『金融自由化入門』
    『金融自由化入門 』日本経済新聞社 1994
  • 『国際収支の経済学』(共・編著)第7章"黒字下の日本の政策選択と役割"
    『国際収支の経済学』 有斐閣 1994
  • Going Global(共著)Chop. 2"Financial Liberalization and Structural Changes in Japan's Financial System"
    Going Global,Japan Times社 1996
  • 『マネーマーケットの大潮流』(共著)第4章"国際資本移動の功罪"
    『マネーマーケットの大潮流 』東洋経済新報社 1999
  • 『アジア通貨危機』(共著).第2章"アジア危機の本質,教訓と国際金融協力"
    『アジア通貨危機』 アジア経済研究所(研究双書) 2000
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • グローバル化と広域共同体ーアジア共同体構想の意義と政策課題ー
    (日本大学商学部国際シンポジューム 2006)
  • 「世界経済の構造変化とEU統合」-EU統合への内的発展と世界経済の構造変化の中でのEU統合の意義」
    (日本EU学会 2007)
  • Rethinking Japan's energy future:Navigating between short-term urgencies and long-term proorities
    (Roundtable Japan Tokyo,9-10 September,2011"A catalyst for Japan's revival?" 2011)
  • chairman&comment on presented papers
    (The International Coference of Joint Group "EU Economy" of EUSI(EU Studies Institute) in Tokyo,Session IIMonetary and Fiscal Policy 2011)
  • セッション1.原発事故の教訓とエネルギー0転換への制度改革・熱源選択のあり方:「エネルギー転換に向けた熱源選択への現実解」
    (日本大学学部連携研究推進シンポジューム:21世紀に向けた新たなエネルギーシステムの構築に向けた総合的研究 2012)
Education (1):
  • - 1987 London School of Economics & Political Science, LSE Graduate School of Economics & Political Science International Finance
Professional career (1):
  • PhD.(Econ) (University of London(England))
Work history (1):
  • Nihon University College of International Relations, Department of International Studies Professor
Association Membership(s) (2):
国際経済学会 ,  日本EU学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page