Rchr
J-GLOBAL ID:200901053421993410   Update date: Jun. 20, 2019

Kinugasa Yoko

キヌガサ ヨウコ | Kinugasa Yoko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (2): Social law ,  Social law
Research keywords  (4): 英国のタックスクレジット制度 ,  育児世帯の社会保障 ,  labor law ,  Social Security law
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • Child Benefit Systems of Various Countries
Papers (28):
  • 衣笠 葉子. ベーシック・インカムと社会保障給付-慎重論の立場から「貢献」「参加」を考える-. 大曽根寛ほか編集『福祉社会へのアプローチ』(久塚純一先生古稀祝賀)[上巻](成文堂). 2019. 513-534
  • 衣笠 葉子. 貧困・低所得の若年層世帯に対する所得保障の限界と課題. 論究ジュリスト. 2018. 27. 76-82
  • 衣笠 葉子. 子ども・子育て支援新制度を契機とした国と地方の役割・権限の変化と保育の実施義務. 社会保障研究. 2018. 3. 2. 190-205
  • 衣笠 葉子. 非正規労働者への被用者保険の適用拡大の意義とジェンダー的課題. ジェンダーと法. 2018. 15. 29-39
  • KINUGASA Yoko. Social Security Systems for Families with Children. Review of social securty law. 2016. 6. 27-47
more...
Books (8):
  • 就労支援サービス〔第3版〕 (社会福祉士シリーズ18)
    弘文堂 2017
  • 市民生活と法〔第4版〕
    法律文化社 2014 ISBN:4589036177
  • 新・やさしく学ぶ法学
    法律文化社 2012
  • 社会福祉を志す人のための法学
    光生館 2011 ISBN:9784332600978
  • トピックからはじめる法学
    成文堂 2010
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 非正規労働者への被用者保険の適用拡大の意義とジェンダー的課題
    (ジェンダー法学会 2017)
  • 地方分権と保育保障 -保育制度改革に焦点を当てて
    (日本社会保障法学会 2011)
  • 予想を超えた少子高齢社会の進展と社会保障 -社会・家族の変化・多様化への対応
    (日本法政学会 2008)
  • 育児支援と雇用 -両立支援策をめぐる法制度の整備と課題
    (日本社会保障法学会 2007)
Education (2):
  • - 1998 Doshisha University
  • Doshisha University Public Law
Professional career (1):
  • Master of Laws
Association Membership(s) (3):
JAPAN ASSOCIATION OF GENDER AND LAW ,  日本労働法学会 ,  日本社会保障法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page