Rchr
J-GLOBAL ID:200901053604092447   Update date: Mar. 08, 2023

Hamada Etsuo

ハマダ エツオ | Hamada Etsuo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Applied mathematics and statistics
Research keywords  (4): クリティカルデータサイエンス ,  data analysis with Bayes frame ,  basic structure in the exponential family ,  robustness in information criteria
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2022 - 2025 COVID-19のオープンデータを用いた時系列解析による政策等の影響分析と教育化
  • 2018 - 2021 レニー・ダイバージェンスに対する多層融合化規準への拡張と議員定数問題への応用
Papers (10):
more...
MISC (2):
  • 濵田悦生. 大阪大学DS4プログラムにみるデータサイエンス教育. 工学教育. 2022. 70. 1. 17-20
  • 濵田悦生, 濵田佐知子. 出生数の分解公式に対する一考察. 大阪教育大学人間科学講座 発達人間学論叢. 2016. 19. 17-23
Books (2):
  • 「誤差」「大間違い」「ウソ」を見分ける統計学
    共立出版 2021
  • データサイエンスの基礎
    講談社サイエンティフィック 2019 ISBN:9784065170007
Lectures and oral presentations  (34):
  • 肺癌年齢調整死亡率のピークについて
    (国際数理科学協会年会分科会 2022)
  • 傾向スコアに基づく層別推定量の層数選択手法の提案
    (2021年度 統計関連学会連合大会 2021)
  • 日本での COVID-19 禍におけるPCR陽性者数と感染死亡者数の Granger 因果性の検討
    (日本行動計量学会 第49回大会 2021)
  • 厚労省のオープンデータを用いたコロナ禍のデータに対する時系列データの解析方法
    (国際数理科学協会年会分科会 2021)
  • On a refinement of Hoeffding’s inequality
    (統計関連学会連合大会 2020)
more...
Education (3):
  • 1992 - 1995 Osaka University
  • 1990 - 1992 Osaka University Graduate School, Division of Engineering Science
  • 1985 - 1990 Kyoto University Faculty of Science
Professional career (2):
  • Master of Engineering Science (Osaka University)
  • Doctor of Science (Osaka University)
Work history (8):
  • 2023/09 - 現在 同志社大学 非常勤講師
  • 2021/04 - 現在 Osaka Institute of Technology
  • 2019/01 - 2021/03 Osaka University Graduate School of Engineering Science
  • 2011/04 - 2019/03 Doshisha University
  • 2012/04 - 2018/12 Osaka University Graduate School of Engineering Science
Show all
Committee career (8):
  • 2011/04 - 現在 国際数理科学協会 年会担当理事
  • 2019/08 - 2019/09 日本行動計量学会 第47回大会 大会実行委員
  • 2012/04 - 2013/06 日本統計学会 企画・行事委員会委員
  • 2008/04 - 2013/03 滝崎記念アジア留学生奨学基金 運営委員
  • 2001/04 - 2003/03 日本数学会 統計分科会運営委員
Show all
Awards (2):
  • 2005/04 - Liberal arts education prize in Osaka University
  • 1998/08 - Shimizu prize
Association Membership(s) (4):
THE BEHAVIORMETRIC SOCIETY ,  Japanese Society for the Study of Social Welfare ,  International Society for Mathematical Sciences ,  Japan Statistical Society
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page