Rchr
J-GLOBAL ID:200901054077512811   Update date: Aug. 24, 2020

OSHIMA Jun

オオシマ ジュン | OSHIMA Jun
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Educational technology
Research keywords  (3): computer support ,  knowledge building ,  learning
Research theme for competitive and other funds  (21):
  • 2016 - 2020 アクティブラーニングの形成的評価ツールの開発と検証
  • 2017 - 協調スキルを促進するアクティブラーニングの設計と評価
  • 2014 - 2017 Tabletを用いた革新的な協調学習の開発
  • 2012 - 2016 学習科学を応用した21世紀型スキルを促進する教師教育プログラムの開発
  • 2012 - 2013 ナノサイエンス準備教育のための初等科学教育の設計
Show all
Papers (84):
  • Jun Oshima, Takashi Tsunakawa. An Analysis of Collective Knowledge Advancement and Emergent Nature of Ideas in Subject-Matter Learning. Proceedings of ICLS2018. 2018. 3. 1757-1758
  • Splichal, J. M, Oshima, J, Oshima, R. Regulation of collaboration in project-based learning mediated by CSCL scripting reflection. Computers and Education. 2018. 125. 132-145
  • Jun Oshima, Ritsuko Oshima, Yuji Chiyonishio, Ayano Ohsaki. A new approach to lesson study practice in Japan from the dbir perspective. Proceedings of International Conference of the Learning Sciences, ICLS. 2018. 2. 2018-June. 673-680
  • 大島 純, Kylie Peppler. The CSCL doctoral consortium. Proceedings of CSCL 2017. 2017. 2. (num). 981-982
  • 責任著者, 大島 純, 共著者, 綱川隆司. Socio-semantic network analysis of ijCSCL articles: Development of CSCL ideas in ISLS. Proceedings of CSCL 2017. 2017. 2. (num). 763-764
more...
MISC (38):
Books (29):
  • 学習科学ハンドブック 第二版 第1巻: 基礎/方法論
    北大路書房 2018
  • 学習科学ハンドブック 第二版 第3巻: 領域専門知識を学ぶ/学習科学研究を教室に持ち込む
    北大路書房 2017
  • 学びのデザイン:学習科学
    ミネルバ書房 2016
  • 学習科学ハンドブック 第二版 第2巻: 効果的な学びを促進する実践/共に学ぶ
    北大路書房 2016
  • Productive multivocality in the analysis of collaborative learning
    Springer 2013
more...
Lectures and oral presentations  (115):
  • 静岡大学 RECLS におけるデザイン研究を基にした教師教育の取り組み
    (日本教育工学会第33回全国大会 2017)
  • 学習調整能力の評価手法の検討
    (日本教育工学会第33回全国大会 2017)
  • 協調活動におけるアイディアの有望性
    (日本教育工学会第33回全国大会 2017)
  • 認識主体性の多様性が協調学習に及ぼす効果
    (日本教育工学会第33回全国大会 2017)
  • 対話相手の変更が学習者の認識主体性へ及ぼす影響
    (日本教育工学会第33回全国大会 2017)
more...
Education (4):
  • - 1995 University of Toronto
  • - 1995 University of Toronto
  • - 1989 Hiroshima University
  • - 1989 Hiroshima University
Professional career (1):
  • Ph.D. (Univ. of Toronto)
Work history (4):
  • 2003 - 2006 静岡大学総合情報処理センター助教授
  • 2006 - - 静岡大学情報学部教授
  • 1996 - 2003 Shizuoka University Faculty of Education
  • 1995 - 1996 オンタリオ教育研究所博士研究員
Committee career (4):
  • 2004/08 - 2006/07 日本学術振興会
  • 2005/01 - 2005/12 日本学術振興会
  • 2001/04 - 2002/03 評価委員(CAIT,WBTシステム評価検討委員)
  • 1998/04 - JAPET教育の情報化推進事業運営委員会 運営委員
Association Membership(s) (3):
European Association for Research in Learning and Instruction ,  American Educational Research Association ,  International Society of the Learning Sciences
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page