Rchr
J-GLOBAL ID:200901054113607999   Update date: Aug. 28, 2020

Iwata Nobuhisa

イワタ ノブヒサ | Iwata Nobuhisa
Affiliation and department:
Job title: 教授
Homepage URL  (1): http://www.ph.nagasaki-u.ac.jp/lab/biotech/index-j.html
Research field  (5): Neuroscience - general ,  Neuroscience - general ,  Pharmacology ,  Pharmacology ,  Pharmaceuticals - health and biochemistry
Research keywords  (33): ウイルスベクター ,  カルシウム依存性プロテアーゼ ,  アルド-ス還元酵素 ,  トランスジェニックマウス ,  グルタミルサイクラーゼ ,  非変異原性発癌物質 ,  分解システム ,  テストステロン ,  ベータ-アミロイド ,  二次元電気泳動 ,  黄体形成ホルモン ,  動物モデル ,  中性エンドペプチダーゼ ,  アミノペプチダーゼA ,  学習・記憶 ,  カルパスタチン ,  老人斑 ,  神経可塑性 ,  海馬 ,  病態モデル ,  ピログルタミン酸 ,  カルパイン ,  アミロイド前駆体蛋白質 ,  オリゴマー ,  分解酵素 ,  ノックアウトマウス ,  アミロイドβペプチド ,  ネプリライシン ,  アルツハイマー病 ,  統合脳・病態脳 ,  包括脳ネットワーク ,  神経変性疾患 ,  neurodegenerative disease
Research theme for competitive and other funds  (26):
  • 2018 - 2021 痙攣性神経疾患関連遺伝子PRRT2のシナプスにおける病態生理学的役割の解明
  • 2016 - 2021 孤発性アルツハイマー病アミロイド蓄積の原因に即した治療薬と診断用バイオマーカーの開発
  • 2016 - 2018 食品関連の危険因子・防御因子が作用する認知症の分子標的の解明と予防・治療法の開発
  • 2015 - 2017 臨床データを元にした発作性運動誘発性舞踏アテトーゼ(PKD)の発生機序の解明及び新規治療薬の開発
  • 2015 - 2016 脂溶性EGCg誘導体を利用した脳内カテキン受容体・結合タンパク質の同定と解析
Show all
Papers (119):
more...
MISC (284):
Patents (4):
  • Therapeutic Agent for Alzheimer’s Disease
  • Method for diagnosing a protein misfolding disease using nerve cells derived from iPS cells
  • アミロイド親和性化合物
  • アルツハイマー病モデル動物およびその用途
Books (30):
  • 「第3節 ウイルスベクター等を用いたアルツハイマー病の遺伝子治療法の開発」 アルツハイマー病:発症メカニズムと新規診断法・創薬・治療開発 (第2編 診断から予防への取組み 第5章 新規治療法の開発)
    エヌ・ティー・エス 2018 ISBN:9784860435783
  • 「第4節 アルツハイマー病でのiPS細胞を用いたメカニズムの解明と疾患モデルの作製」 動物/疾患モデルの作製技術・病態解析・評価手法 (第2章 iPS細胞を用いたメカニズムの解明と疾患モデルの作製)
    技術情報協会 2017 ISBN:9784861046650
  • 「iPS細胞で病気の原因解明と創薬を目指す」やっぱりすごい! 日本の再生医療 いのちの不思議を考えよう2.
    朝日新聞出版 2014 ISBN:9784023312715
  • 「第15節 アルツハイマー病の遺伝子治療」遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発(第7章 各疾患における遺伝子治療、遺伝子診断の現状と今後有望な開発ターゲットの考察)
    技術情報協会 2014 ISBN:9784861045196
  • プリンとピリミジンヌクレオチド代謝」デブリン生化学
    丸善出版 2012 ISBN:9784621085615
more...
Lectures and oral presentations  (14):
  • 食品に含まれる天然化合物及びその誘導体の抗アルツハイマー病効果
    (第36回日本認知症学会学術集会 2017)
  • アミロイド蓄積の異なる分子メカニズムに対応するアルツハイマー病の創薬と診断法開発の必要性
    (Center for Development of Advanced Medicine for Dementiaセミナー 2017)
  • 孤発性アルツハイマー病アミロイド蓄積の原因に則した治療薬と診断用バイオマーカーの開発
    (第18回感情・行動・認知(ABC)研究会 2016)
  • アルツハイマー病の創薬研究の新機軸
    (第40回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム 2016)
  • Aβの産生阻害と分解促進を作用点とする薬剤の開発
    (第4回日本アミロイドーシス研究会 2016)
more...
Works (4):
  • γセクレターゼ活性調節因子の同定と解析
    2012 - 2015
  • アルツハイマー病病理形成におけるニューロン-グリアネットワークの相互作用の解析
    2011 -
  • iPS細胞を駆使した神経変性疾患病因機構の解明と個別化予防医療開発
    2009 -
  • Development of personalized preventive medicine toward neurodegenerative diseases based on pathomechanistic insight explored by iPS cell technology
    2009 -
Professional career (1):
  • Doctor (Philosophy) (Tokyo University of Pharmacy and Life Science)
Work history (7):
  • 2003/10 - 2010/11 RIKEN
  • 2010 - Nagasaki University Graduate School of Biomedical Sciences
  • 2002/04 - 2003/09 特殊法人理化学研究所 神経蛋白縮研究チーム 副チームリーダー
  • 1998/03 - 2002/03 特殊法人理化学研究所 神経蛋白制御研究チーム 研究員
  • 1992/04 - 1998/02 Tokyo Medical University
Show all
Committee career (12):
  • 2015/05 - 現在 Scientific Reports Editorial Board
  • 2013/08 - 現在 日本病態プロテアーゼ学会 評議員
  • 2012/10 - 現在 日本生化学会 評議員
  • 2012/08 - 現在 日本神経精神薬理学会 評議員
  • 2008/10 - 現在 日本認知症学会 評議員
Show all
Awards (6):
  • 2005 - 日本遺伝子治療学会 学会賞
  • 2005 - Japan Society of Gene Therapy Award
  • 2003 - Neuroscience Research 優秀論文賞
  • 2003 - Neuroscience Research Excellent Paper Award
  • 2001 - 日本生化学会 奨励賞
Show all
Association Membership(s) (18):
THE JAPANESE SOCIETY OF NEUROPSYCHOPHARMACOLOGY ,  International Society to Advance Alzheimer's Research and Treatment ,  American Society for Biochemistry and Molecular Biology ,  日本ペプチド学会 ,  JAPAN SOCIETY FOR DEMENTIA RESEARCH ,  JAPAN SOCIETY OF GENE AND CELL THERAPY ,  THE JAPAN NEUROSCIENCE SOCIETY ,  Society for Neuroscience ,  THE JAPANESE PHARMACOLOGICAL SOCIETY ,  THE JAPANESE BIOCHEMICAL SOCIETY ,  THE PHARMACEUTICAL SOCIETY OF JAPAN ,  Journal of Biological Chemistry ,  Open Pharmacology Journal ,  International Society to Advance Alzheimer Research and Treatment ,  The Japanese Peptide Society ,  The Japan Society for Dementia Research ,  The Japan Society of Gene Therapy ,  The Japanese Society of Toxicology
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page