Rchr
J-GLOBAL ID:200901054168578602   Update date: May. 02, 2021

Matsubayashi Makoto

マツバヤシ マコト | Matsubayashi Makoto
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.osakafu-u.ac.jp
Research field  (5): Social-ecological systems ,  Animal production science ,  Parasitology ,  Veterinary medicine ,  Molecular biology
Research keywords  (2): 寄生虫学(含医用動物学) ,  Parasitology
Research theme for competitive and other funds  (34):
  • 2021 - 2024 微量糞便DNAマーカーによる在来および外来野生動物の繁殖分布と感染生態の解明
  • 2019 - 2022 ニホンライチョウ寄生原虫の寒冷地共生進化経路の解明と保全に向けた実践的病態解明
  • 2019 - 2022 ライチョウの再導入に必要な腸内環境整備に関わる技術開発
  • 2020 - 2021 比較ゲノム解析によるクリプトスポリジウム原虫の宿主寄生適応責任遺伝子の同定
  • 2021 - 2021 家畜の重要感染症診断に関わる獣医療技術の習得および食の安全に向けた疾病対策と生産性向上のための科学技術研修
Show all
Papers (87):
more...
MISC (51):
  • 木下萌美, 芝原友幸, 笹井和美, 松林 誠. キジ科に寄生するEimeria 属原虫の形態学的特徴とその比較. 鶏病研究会報. 2021. 56. 4. 174-178
  • 杉山美樹, 松林誠, 永野哲司, 落合絢子, 岡村雅史, 斉藤恵子, 笛吹達史. 鶏の免疫にかかわる最近の研究進展. 鶏病研究会報. 2021. 56. 4. 139-152
  • Yusuke ABETO, Naohide KITAHARA, Wakako MISUMI, Hirotaka ITO, Makoto MATSUBAYASHI, Kazumi SASAI, Tomoyuki SHIBAHARA. Genetic identification of Tritrichomonas foetus using paraffin embedded sections of small and large intestines, and characterization of mucosal invasion in piglets. 日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association. 2020. 73
  • 松林 誠, 井関 博, 伊藤裕和, 岩田剛敏, 森腰俊亨, 中村賢司. わが国における鶏のロイコチトゾーン症と鶏マラリアの現状. 鶏病研究会報. 2019. 55. 3. 91-99
  • 村松 龍ノ助, 小沼 成尚, 芝原 友幸, 松林 誠. 国内初の遺伝子解析による豚鞭虫(Trichuris suis)の同定 (平成30年度獣医学術東北地区学会) -- (日本産業動物獣医学会(東北地区)). 秋田県獣医師会雑誌 = The journal of the Akitaken Veterinary Medical Association. 2019. 118. 14-17
more...
Books (13):
  • 家禽疾病学 (獣医学教育モデル・コア・カリキュラム(2019年度版))準拠
    鶏病研究会 2021 ISBN:9784990812003
  • 新しい子牛の科学 -胎生期から初産分娩まで-
    緑書房 2021
  • 神の鳥ライチョウの生態と保全-日本の宝を未来につなぐ-
    緑書房 2020
  • 寄生虫のはなし-この素晴らしき、虫だらけの世界-
    朝倉書店 2020
  • 寄生虫病学 (獣医学教育モデル・コア・カリキュラム)
    緑書房 2020
more...
Education (2):
  • 2009 - 博士 (獣医学) 大阪府立大学 論文博士
  • - 1999 Osaka Prefecture University
Professional career (1):
  • 博士(獣医学)
Work history (13):
  • 2021/04 - 現在 アイルランガ大学 (インドネシア) 獣医学部 客員教授
  • 2021/04 - 現在 大阪市立大学大学院 医学研究科 寄生虫学教室 客員教授
  • 2020/04 - 現在 Osaka Prefecture University
  • 2016/09 - 現在 インドネシア農業省 国立獣医学研究所 寄生虫学研究室 共同研究員
  • 2015/08 - 2021/03 大阪市立大学大学院 医学研究科 寄生虫学教室 客員准教授
Show all
Committee career (10):
  • 2018/10 - 現在 日本寄生虫学会 評議員
  • 2017/11 - 現在 日本獣医寄生虫学会 教育委員
  • 2017/08 - 現在 日本野生動物医学会 感染症対策委員
  • 2012/04 - 現在 鶏病研究会 専門委員
  • 2012/01 - 現在 日本獣医寄生虫学会 評議員
Show all
Awards (3):
  • 2019/08 - 大阪府立大学. 大阪府立大学学長懸賞
  • 2018/11 - 日本防菌防黴学会第45回年次大会. ポスター賞. UV-LEDによる水中のクリプトスポリジウムに対する不活化効果とin vivo 定量評価系の構築.
  • 2018/09 - 第24回日本野生動物医学会大会. 優秀口頭発表賞 最優秀賞. ニホンライチョウに寄生するコクシジウムの寒冷地における生存生態およびその分子系統樹解析.
Association Membership(s) (11):
日本野生動物医学会 ,  日本臨床寄生虫学会 ,  鶏病研究会 ,  日本寄生虫学会 ,  大阪府獣医師会 ,  日独原虫病協会 ,  日本獣医学会 ,  日本感染症学会 ,  日本動物園水族館協会 ,  日本食品衛生学会 ,  日本家政学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page