Rchr
J-GLOBAL ID:200901054257710921   Update date: May. 28, 2020

Sato Yuzuru

サトウ ユズル | Sato Yuzuru
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (2): Inorganic materials ,  Metals and resources production
Research keywords  (4): Molten metals ,  Molten Salts ,  Electrochemistry ,  Physical properties of high temperature melts
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2007 - 現在 水素化リチウムを用いた水素の貯蔵・輸送サイクルに関する研究
  • 1984 - 現在 Production of New Alloy by Molten Salt Electrolysis
  • 1984 - 現在 溶融合金の粘性流動
  • 1978 - 現在 各種溶融塩の粘度
  • 2002 - 2008 溶融塩を用いた有害有機塩素化合物の分解処理
Show all
Papers (260):
MISC (19):
  • 佐藤讓. 科学・技術と人材育成について (巻頭言). 熱物性. 2012. 26. 1-1
  • 佐藤讓. 高温融体に思う. 熱物性創立30周年記念号. 2010. 32-32
  • 佐藤讓. 昨今感じること-日本の競争力と若手技術者・研究者の育成について- (巻頭言). 表面技術. 2010. 61. 8. 555-555
  • 佐藤讓. 金属系溶融体の粘度測定法. 日本結晶成長学会誌. 2010. 37. 2. 107-114
  • 佐藤讓. 溶融金属・合金の粘度と測定技術. ふぇらむ. 2010. 15. 2. 15-23
more...
Patents (7):
  • 周期表第13族金属窒化物結晶の製造方法及びそれを用いた半導体デバイスの製造方法
  • 周期表第13族金属窒化物結晶の製造方法およびそれを用いた半導体デバイスの製造方法
  • 第13族金属窒化物結晶の製造方法及びそれを用いた半導体デバイスの製造方法
  • 第13族金属窒化物結晶の製造方法及びそれを用いた半導体デバイスの製造方法
  • アルカリ金属又はアルカリ土類金属イオン電池用電極及びこれを用いたアルカリ金属又はアルカリ土類金属イオン電池
more...
Books (12):
  • 鉄鋼便覧(第五版)
    鉄鋼協会 2013
  • 高温物性の手作り実験室
    アグネ技術センター 2011
  • レアメタル便覧2
    丸善 2010
  • レアメタル便覧1
    丸善 2010
  • High-Temperature Measurements of Materials
    Springer 2008 ISBN:9783540859178
more...
Lectures and oral presentations  (349):
  • Electrode Reactions of Fluorosilicate Ion on Ni and Mo Electrodes in Molten Fluoride
    (4th Asian Conference on Molten Salt Chemistry and Technology 2012)
  • Formation Rate and Mechanism of LiH by Reacting Li with Hydrogen
    (4th Asian Conference on Molten Salt Chemistry and Technology 2012)
  • LnOF(Ln=Nd,Dy,La)の標準生成ギブズエネルギー変化の決定
    (日本鉄鋼協会2012年秋季第164回大会 2012)
  • 弗化物溶融塩中での弗化珪酸イオンの電極反応
    (日本金属学会2012年秋期第151回大会 2012)
  • Viscosity of SiO<SUB>2</SUB>-CaO-CaF<SUB>2</SUB> Melts
    (18th Symposium On Thermophysical Properties 2012)
more...
Education (2):
  • - 1976 Tohoku University Graduate School, Division of Engineering Department of Metallurgy
  • - 1971 Tohoku University Faculty of Engineering Department of Metallurgy
Professional career (1):
  • Doctor of Engineering (Tohoku University)
Work history (5):
  • 2006/04 - 現在 Graduate School of Engineering, Tohoku University Professor
  • 2004/04 - 2006/03 Graduate School of Engineering, Tohoku University Associate Professor
  • 1988/04 - 2004/04 Faculty of Engineering, Tohoku University Associate professor
  • 1976/04 - 1988/03 Faculty of Engineering, Tohoku University 助手
  • 1987/01 - 1988/01 University of Tennessee Post doctoral research associate
Committee career (23):
  • 2013/01 - 現在 日本熱物性学会 表彰委員会委員長
  • 2009/04 - 現在 日本金属学会 東北支部評議員
  • 1985/04 - 現在 The Electrochemical Society Of Japan 東北支部幹事
  • 2011/03 - 2013/02 Molten Salt Committee, The Electrochemical Society of Japan Vice President
  • 2012/01 - 2012/12 Japan Society of Thermophysical Properties President
Show all
Awards (6):
  • 2012/11/12 - 軽金属学会 軽金属学会60周年記念功労賞
  • 2007/05/30 - 社団法人 高温学会 高温学会Best Reviewer 賞
  • 2006/02/03 - 電気化学会溶融塩委員会 Molten Salt Award 受賞内容は「溶融塩のイオン構成と物性値に与える影響」
  • 2000/10/19 - 日本熱物性学会 熱物性論文賞 溶融炭酸塩型燃料電池の電解浴である溶融Li2CO3-NaCO3およびLi2CO3-K2CO3系の粘度を精密に測定し、その粘性挙動を明らかにした。
  • 1993/11 - 軽金属学会 軽金属論文賞 ”軽金属”誌に掲載された論文中でもっとも優秀と認められた論文に対する賞
Show all
Association Membership(s) (10):
電気化学会溶融塩委員会 ,  Atomic Energy Society of Japan ,  The Iron and Steel Institute of Japan ,  The Electrochemical Society ,  表面技術協会 ,  軽金属学会 ,  資源・素材学会 ,  日本熱物性学会 ,  電気化学会 ,  日本金属学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page