Rchr
J-GLOBAL ID:200901054433964196   Update date: Oct. 14, 2020

Okawa Reiko

Okawa Reiko
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): http://www.meijigakuin.ac.jp/~iism/shoinprofile/okawa.htm
Research field  (2): Religious studies ,  Cultural anthropology and folklore
Research keywords  (12): タフスィール ,  聖典解釈 ,  マホメット ,  ムハンマド ,  経典 ,  聖書 ,  聖典 ,  啓典 ,  クルアーン ,  コーラン ,  イスラーム ,  イスラム
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 現在 現代エジプトにおけるクルアーン解釈とその社会的受容ーカイロ大学とアズハル大学ー
  • 2014 - 2017 カンボジアのチャム人ムスリムのクルアーン理解ー翻訳と解釈の展開ー
  • 2010 - 2013 アメリカのイスラーム教徒によるクルアーン(コーラン)解釈:諸潮流と相関関係
  • 2006 - 2008 現代イスラーム世界における聖典クルアーン(コーラン)解釈者-その世俗化・大衆化-
  • 2003 - 2006 イスラーム思想における聖典クルアーン(コーラン)の意味-「書かれたもの」として-
Show all
Papers (11):
  • 日本のイスラームとクルアーン編集委員会. 「世界のクルアーン解釈と日本-多様な読み方に向かって」. 『日本のイスラームとクルアーン 現状と展望』. 2020. 57-90
  • 「インド・シーア派少数派の近代的クルアーン(コーラン)解釈 アスガル・エンジニアによる女性の地位改革」. 『研究東洋』. 2020. 10. 81-100
  • Reiko Okawa. Interpretation of the Quran in Contemporary India: Wahiduddin Khan's Reading of Peace and Spirituality in the Scripture. International Journal of Islamic Thought. 2019. 16. 108-121
  • Hidden Islamic Literature in Cambodia: The Cham in the Pol Pot Period. 2013. Special English Edition. Third Quarter. 20-22
  • Contemporary Muslim Intellectuals who Publish Tafsir Works in English:The Authority of Interpreters of the Qur'an. 2013
more...
MISC (5):
  • "The Interpretation of the Qur'an of Bint al-Shati'(Aisha Abd al-Rahman): Cairo University and the Humanities," International & Regional Studies53(2018): 1-18. 2018. 53. 1-18
  • 【書評】「後藤絵美著『神のためにまとうヴェール』」. 『宗教研究』. 2017. 388. 91. 155-158
  • 「ムスリムによる反テロ思想と英国における教育実践 --ターヒル・カードリーのファトワー(法的判断)に基づいて--」. 2017. 50
  • チャム人の失われた呪術書をめぐって ーカンボジアのマイノリティ・ムスリムの現在ー <後編>. 国際学研究. 2016. 48. 77-90
  • チャム人の失われた呪術書をめぐって ーカンボジアのマイノリティ・ムスリムの現在ー <後編>. 2016
Books (10):
  • The Qur'an: Who hears the Word of God?, Tokyo: Keio University Press,2018[in Japanese].
    2018
  • “Sure 94 Verse 1-8 - Gute Zeiten, schlechte Zeiten”
    Deutschlandfunk 2017
  • 『チャムパ王国とイスラーム --カンボジアにおける離散民のアイデンティティ』
    平凡社 2017
  • 『イスラーム化する世界 グローバリゼーション時代の宗教』
    平凡社 2013
  • 「『コーラン』と『コーランを読む』-コトバの深奥へ」、坂本勉・松原秀一編『井筒俊彦とイスラーム 回想と書評』
    慶応義塾大学出版会 2012
more...
Lectures and oral presentations  (16):
  • 日本とイスラームの出会い
    (国際交流基金(TAMUフォローアップ事業) 2019)
  • 『クルアーン』と日本人
    (同志社大学神学部公開講演会 2019)
  • カンボジアのチャム人ムスリム-クメール・ルージュによる迫害と今-
    (日本イスラム協会公開講演会 2018)
  • 日本の若者がアラブ・イスラームを学ぶ意義
    (駐日アラブ諸国大使・外交使節団長評議会主催文化・文明間対話シンポジウム 2018)
  • カンボジアのイスラーム チャム人の重層アイデンティティ
    (早稲田大学イスラム科学研究所アジア・イスラーム研究会 2018)
more...
Works (24):
  • 「反テロ・平和思想を説く新しいイスラーム思想の潮流-ギュレンとカードリーを例に」
    2017 -
  • 【コラム】「神のもとで人々は何を正義と考えるのだろうかー『クルアーン(コーラン)』
    直江清隆編 2016 -
  • Islamic Literature was Buried in the Pol Pot Regime
    2013 -
  • 【講演報告】「『原理主義』を超えて,新しいイスラーム理解へ 日本人の認識の転換」
    2013 -
  • 【英語訳】「『原理主義』を超えて,新しいイスラーム理解へ 日本人の認識の転換」
    2013 -
more...
Education (4):
  • 1996 - 2003 The University of Tokyo
  • 1999 - 2000 School of Oriental and African Studies, University of London
  • 1994 - 1996 The University of Tokyo
  • 1990 - 1994 The University of Tokyo
Work history (7):
  • 2017/04/01 - 現在 Meiji Gakuin University Faculty of International Studies, Department of International Stidies
  • 2009/04/01 - 2017/03/31 Meiji Gakuin University Faculty of International Studies, Department of International Stidies
  • 2013/04 - 2014/03 Documentation Center of Cambodia Visiting Scholar
  • 2006/04/01 - 2009/03/31 Meiji Gakuin University Faculty of International Studies, Department of International Stidies
  • 2004/04 - 2007/03 Yokohama National University
Show all
Committee career (5):
  • 2007/04/01 - 現在 筑波大学地中海・北アフリカ研究センター 客員共同研究員
  • 2020/09/22 - 2022/06/12 日本オリエント学会編集委員会 編集委員
  • 2019/04/01 - 2021/03/31 日本中東学会評議員会 評議員
  • 2017 - 日本学術振興会 審査第三部会人文学小委員会審査委員
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 大学入試センター試験作題委員
Association Membership(s) (6):
International Qur’anic Studies Association ,  日本宗教学会 ,  日本中東学会 ,  日本オリエント学会 ,  日本イスラム協会 ,  The International Association for the History of Religions (IAHR)
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page