Rchr
J-GLOBAL ID:200901054444530236   Update date: Nov. 15, 2020

Kitamura Masafumi

キタムラ マサフミ | Kitamura Masafumi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Homepage URL  (1): http://yakitori.lit.osaka-cu.ac.jp/user/seiyoshi/kyoin/kitamura/
Research field  (1): History - Europe/America
Research keywords  (5): ベルリン社会史 ブルーノ・タウト 文化の国際交流史 ,  近現代ヨーロッパ社会史 ,  Architectual history ,  German history ,  European history
Research theme for competitive and other funds  (5):
  • 2007 - ヴァイマル共和国における住宅改革
  • 2003 - 近現代ヨーロッパにおける住宅改革の比較史
  • Housing Problem in 19th Century Europa, AComparative Perspective
  • The Movement for Housing Reform in 19th Century Germany
  • German Social History in the 19th Century
Papers (29):
  • 北村昌史. 三月革命後ベルリンにおける住宅改革と市民社会--ベルリン公益的建築協会と労働諸階級福祉中央協会. 西洋史学. 2019. 267. 16-35
  • 北村昌史. ブルーノ・タウトのジードルングと大阪市立大学のモダニズム建築群(特集:建築から歴史を語る--ドイツ現代史学会第41回シンポジウム). ゲシヒテ. 2019. 12. 52-62
  • 北村昌史. 建築から歴史を語る--趣旨説明(特集:建築から歴史を語る--ドイツ現代史学会第41回シンポジウム). ゲシヒテ. 2019. 12. 45-51
  • 北村昌史. トルコ共和国におけるブルーノ・タウト. フェネストラ 京大西洋史学報. 2018. 2. 6-11
  • 北村昌史. 嫌われた住宅地の社会史--ブルーノ・タウト設計「森のジードルング」. 大場茂明・大黒俊二・草生久嗣編『文化接触のコンテクストとコンフリクト--EU諸地域における環境・生活圏・都市』清文堂. 2018. 169-199
more...
MISC (1):
  • Masafumi KITAMURA. Trends in Research on Bruno Taut: Bruno Taut as a Transcultural Architect and Theorist. UrbanScope. 2020. 11. 1-18
Books (4):
  • はじめて学ぶドイツの歴史と文化
    ミネルヴァ書房 2020
  • 大学で学ぶ西洋史 2 近現代
    ミネルヴァ書房 2011
  • The movement for housing reform in Germany. Urbanization and civic society in the 19th century
    2007 ISBN:487698719X
  • ベルリン : 「記憶の場所」を辿る旅
    昭和堂 2006 ISBN:4812206014
Education (4):
  • - 1992 Kyoto University
  • - 1992 Kyoto University Division of History, Western History
  • - 1992 Kyoto University Western History
  • - 1986 Kyoto University Division of Western History
Professional career (3):
  • 博士(文学) (京都大学)
  • 修士(文学) (京都大学)
  • Hakase(Bungaku) (Kyoto University)
Work history (13):
  • 2011/04/01 - 現在 大阪市立大学 文学研究科 教授
  • 2011/04 - 現在 Osaka City University Graduate School of Literature and Human Sciences
  • 2008/10 - 2011/03 Osaka City University
  • 1994 - 2008 Niigata University, Faculty of Education Faculty of Education
  • 1995 - 1998 Associate Professor, Faculty of Education,
Show all
Committee career (8):
  • 2012/05/15 - 現在 ドイツ現代史研究会 機関紙『ゲシヒテ』編集委員
  • 2009/03 - 現在 日本西洋史学会 『西洋史学』編集委員
  • 2008/04/01 - 現在 日本西洋史学会 『西洋史学』編集委員
  • 2006 - 現在 The society of histrical research Delegate
  • 2006 - 現在 史学研究会 評議員
Show all
Awards (1):
  • 2008 - The TIMR Fujita Award(The Tokyo Institute for Municipal Reaearch
Association Membership(s) (4):
The socio-econimic history society ,  The Japanese society of WesternHistory ,  The society of histrical research ,  ドイツ現代史研究会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page