Rchr
J-GLOBAL ID:200901054904613925   Update date: Oct. 25, 2020

Tamada Atsuko

タマダ アツコ | Tamada Atsuko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (1):
Research field  (3): Literature - European ,  History of thought ,  Literature - European
Research keywords  (33): 18世紀 ,  フランス ,  啓蒙 ,  啓蒙思想 ,  国際情報交換 ,  修辞学 ,  フランス:イギリス:アメリカ ,  習俗 ,  公共圏 ,  『百科全書』 ,  エネルギー ,  崇高 ,  近代 ,  教養教育 ,  ジェンダー ,  趣味判断 ,  文体論 ,  ロンギノス ,  作法書 ,  熱狂 ,  クインティリアヌス ,  アカデミー・フランセーズ ,  キケロ ,  リベルタン文学 ,  18世紀フランス文学 ,  フランス:イギリス:アイルラン ,  表象 ,  科学史 ,  フランス:イギリス ,  アダム・スミス ,  文芸共和国 ,  趣味 ,  言語政策
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2019 - 2023 The discursive sphere of the Enlightenment and the floating boundary of knowledge
  • 2020 - 2023 A Comprehensive Study of Academies in France
  • 2019 - 2023 近代国家の文化的アイデンティティ形成における古代表象の諸相
  • 2018 - 2022 18世紀世界の共時性: 風俗(マナーズ)・社中(ソサイエティ)・風雅(テイスト)
  • 2016 - 2019 Misogyny and Nationalism in 18th Century France
Show all
Papers (40):
  • Atsuko TAMADA. Criticism;Praise;the;Status of;Rhetoric in Plato. 2020. 44. 83-99
  • 玉田 敦子. ロンギノス『崇高論』再読ー初期ストア派の思想をめぐって. 中部大学人文学部研究論集. 2019. 42. 29-73
  • 横手直美, 玉田敦子. フランスにおける無痛分娩の普及の背景と現在の課題(後編)-出産に関する民間団体CIANEの活動と出産満足度の調査結果から. 助産雑誌. 2019. 73. 2. 138-142
  • 玉田 敦子. レトリック発祥の地の輝きー紀元前5世紀の南シチリアにおける僭主政とオリンピック. 人文学部研究論集. 2019. 41. 41-69
  • 横手直美, 玉田敦子. フランスにおける無痛分娩の普及の背景と現在の課題(前編)-パリ・デカルト大学助産師課程とポール・ロワイヤル産院の視察から. 助産雑誌. 2019. 73. 1. 52-56
more...
MISC (15):
  • 「人文学の再構築に向けて」中部高等学術研究所共同研究「人文学の再構築」第6回研究会報告書. 中部高等学術研究所Studies Forum Series. 2020. 111
  • 松嶌明男, 竹中幸史, 安藤隆穂, 玉田敦子. 中部高等学術研究所共同研究「人文学の再構築」第5回研究会報告書. 中部高等学術研究所Studies Forum Series. 2020. 110
  • 玉田 敦子. 「われわれの庭を耕さなければならない」ヴォルテール『カンディード』より. ウプト. 2019. 210. 1-2
  • 玉田 敦子. 中部高等学術研究所共同研究「人文学の再構築」第4回研究会報告書. 中部高等学術研究所Studies Forum Series. 2019. 108
  • 玉田 敦子. 中部高等学術研究所共同研究「人文学の再構築」第3回研究会報告書. 中部高等学術研究所Studies Forum Series. 2019. 107
more...
Books (11):
  • Introduction à l'histoire et à la culture de la France
    2020 ISBN:4623087786
  • 仏検公式ガイドブック2級〈2014年度版〉-傾向と対策+実施問題(CD付)フランス語技能検定試験
    フランス語教育振興協会 2014 ISBN:4411902516
  • 近代と未来のはざまで-未来観の変遷と21世紀の課題
    風媒社 2013 ISBN:4833141043
  • 仏検公式ガイドブック 5級傾向と対策+実施問題〈2013年度〉-文部科学省後援実用フランス語技能検定試験
    公益財団法人フランス語教育振興協会、駿河台出版社 2013 ISBN:4411902486
  • 仏検公式問題集 5級〈2012年度版〉
    公益財団法人フランス語教育振興協会、駿河台出版社 2012 ISBN:4411902419
more...
Lectures and oral presentations  (47):
  • The Intersection of Literature and History in the Ancien Régime
    (2020)
  • 近代国家の形成におけるフランス語の役割-『アカデミー・フランセーズの辞書』を中心に
    (関西英語辞書研究会(KELC) 2020)
  • 【趣旨説明】近代国家の文化的アイデンティティ形成における古代表象の諸相
    (科研費研究会「近代国家の文化的アイデンティティ形成における古代表象の諸相」 2020)
  • 18世紀フランスにおける「男らしさ」の起源 -修辞学におけるストア主義的伝統をめぐって
    (「内乱/革命とジェンダー」研究会 2019)
  • リベラルアーツの歴史的変遷
    (中部大学シンポジウム「21世紀のリベラルアーツ」 2019)
more...
Education (5):
  • 2000 - 2005 Université Paris-Sorbonne Doctor Course
  • 1998 - 2002 Keio University French Literature
  • 1998 - 2000 Université Paris-Sorbonne DEA Course
  • 1996 - 1998 Keio University French Literature
  • 1991 - 1995 Hitotsubashi University
Professional career (1):
  • Ph.D.(2005) (Université Paris-Sorbonne)
Work history (6):
  • 2012/10 - 2018/03 Chubu University College of Humanities Associate professor
  • 2009/04 - 2012/09 Chubu University General Education Section Lecturer
  • 2010/09 - 2011/03 Hitotsubashi University Graduate School of Language and Society Invited Professor
  • 2010/03 - 2010/09 Université Paris-Sorbonne (JSPS) Invited Researcher
  • 2006/04 - 2009/03 Chubu Institute for Advanced Studies(Chubu University) Postdoctoral researcher
Show all
Committee career (14):
  • 2019/08 - 現在 The International Society for Eighteenth-Century Studies Executive committee
  • 2019/06 - 現在 日本18世紀学会 幹事
  • 2019/04 - 現在 日本フランス語フランス文学会 中部支部代表幹事
  • 2018/04 - 現在 日本フランス語フランス文学会中部支部 幹事
  • 2018/06 - 2019/06 日本18世紀学会 40周年記念大会開催責任者(大会実行委員長)
Show all
Awards (1):
  • 2009/05 - The Best Young Researcher of the Japanese Society of French language and literature
Association Membership(s) (3):
日本フランス語フランス文学会 ,  日本18世紀学会 ,  The International Society for Eighteenth-Century Studies
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page