Rchr
J-GLOBAL ID:200901055229401448   Update date: Aug. 28, 2020

Kutsukake Kazuhiro

クツカケ カズヒロ | Kutsukake Kazuhiro
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (2): http://www.biol.okayama-u.ac.jp/kutukake/kk-lab.html.http://www.biol.okayama-u.ac.jp/kutukake/kk-lab.html.
Research field  (3): Molecular biology ,  Biophysics ,  Genetics
Research keywords  (4): 分子構築 ,  遺伝子発現 ,  Molecular Assembly ,  Gene Expression
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 細菌鞭毛集合過程の遺伝学的研究
  • 蛋白質輸送機構の遺伝学的研究
  • 遺伝子発現の調節機構の研究
  • Genetic Study on the Assembly Process of Bacterial Flagella
  • Genetic Study on the Mechanism of Protein Export
Show all
MISC (129):
Books (2):
  • Escherichia coli and Bacillus subtilis: the frontiers of molecular microbiology
    Research Signpost 2012
  • 分子細胞生物学辞典
    東京化学同人 1997
Lectures and oral presentations  (41):
  • サルモネラ鞭毛Pリング形成におけるFlgA蛋白質のβクリップドメインの役割
    (日本遺伝学会第80回大会 2008)
  • サルモネラ鞭毛レギュロンのマスターレギュレーターの活性を制御する新規アンチアクティベーター蛋白質
    (日本遺伝学会第80回大会 2008)
  • サルモネラ鞭毛レギュロンのマスターレギュレーターの活性を制御する新規蛋白質
    (日本遺伝学会第79回大会 2007)
  • ストレスシグマ因子RpoSで誘導される2つのトキシン遺伝子:サルモネラのTAシステムの発現調節と生理機能
    (日本遺伝学会第79回大会 2007)
  • Regulation of flagellar gene expression by an export chaperone in Salmonella
    (20th IUBMB International Congress of Biochemistry and Molecular Biology (6/18-23, Kyoto) 2006)
more...
Works (11):
  • サルモネラ特異的アディクションモデュールの発現制御と生理機能
    2008 - 2009
  • サルモネラ特異的アディクションモデュールの発現制御と生理機能
    2007 - 2008
  • 環境汚染バイオセンサーの開発
  • Development of biosensors for environmental pollution
  • 環境汚染バイオセンサーの開発
more...
Professional career (2):
  • Master of Science (The University of Tokyo)
  • Doctor of Science (The University of Tokyo)
Committee career (2):
  • 2008 - 2010 日本遺伝学会 評議員
  • 2000 - 日本遺伝学会 編集委員
Association Membership(s) (3):
日本生物物理学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本遺伝学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page