Rchr
J-GLOBAL ID:200901055443916560   Update date: Sep. 07, 2021

kakizawa sho

kakizawa sho
Affiliation and department:
Research field  (6): Physiology ,  Nervous system function ,  Nutrition and health science ,  Physical and health education ,  Neuroscience - general ,  Pharmacology
Research keywords  (32): 発達期可塑性 ,  FK-506 ,  Elvax ,  テトロドトキシン ,  慢性投与 ,  薬理学 ,  カルシニューリン ,  生後発達 ,  遺伝子導入 ,  カンナビノイド ,  機能分子 ,  シナプス可塑性 ,  成長因子 ,  インタ-ロイキン6 ,  ウィルス ,  生理学 ,  IGF-I ,  脳科学 ,  シグナル伝達 ,  発達 ,  カルシウム ,  イメージング ,  可塑性 ,  脳・神経 ,  活動依存性 ,  一酸化窒素 ,  登上線維 ,  プルキンエ細胞 ,  シナプス ,  小脳 ,  包括脳ネットワーク ,  統合脳・分子脳科学
Research theme for competitive and other funds  (27):
  • 2021 - 2025 運動の学習に伴う脳内誤差信号の情報表現の変容とそれを基盤とした学習指導方法の開発
  • 2019 - 2023 活性酸素シグナルの脳機能への正負の作用機構の解明
  • 2018 - 2021 活性酸素種の神経活動依存的な産生と記憶学習への関与
  • 2019 - 2021 Reactive oxygen species; physiological role in the brain
  • 2015 - 2019 Regulation of Cerebellar Function by Redox Modification of Calcium-Release Channel
Show all
Papers (52):
  • Toshiko Yamazawa, Takuya Kobayashi, Nagomi Kurebayashi, Masato Konishi, Satoru Noguchi, Takayoshi Inoue, Yukiko U. Inoue, Ichizo Nishino, Shuichi Mori, Hiroto Iinuma, et al. A novel RyR1-selective inhibitor prevents and rescues sudden death in mouse models of malignant hyperthermia and heat stroke. Nature Communications. 2021. 12. 1
  • Ryosuke Tsumagari, Kenta Maruo, Sho Kakizawa, Shuji Ueda, Minoru Yamanoue, Hiromitsu Saito, Noboru Suzuki, Yasuhito Shirai. Precise Regulation of the Basal PKCγ Activity by DGKγ Is Crucial for Motor Coordination. International journal of molecular sciences. 2020. 21. 21
  • Sho Kakizawa, Yasushi Kishimoto, Shinichiro Yamamoto, Kazuko Onga, Kunihiko Yasuda, Yoshiaki Miyamoto, Masahiko Watanabe, Ryuichi Sakai, Nozomu Mori. Functional maintenance of calcium store by ShcB adaptor protein in cerebellar Purkinje cells. Scientific reports. 2020. 10. 1. 14475-14475
  • Ryosuke Tsumagari, Sho Kakizawa, Sakiko Kikunaga, Yoshitaka Fujihara, Shuji Ueda, Minoru Yamanoue, Naoaki Saito, Masahito Ikawa, Yasuhito Shirai. DGKγ Knock-Out Mice Show Impairments in Cerebellar Motor Coordination, LTD, and the Dendritic Development of Purkinje Cells through the Activation of PKCγ. eneuro. 2020. 7. 2. ENEURO.0319-19.2020
  • Nianchao Qian, Atsuhiko Ichimura, Daisuke Takei, Reiko Sakaguchi, Akihiro Kitani, Ryohei Nagaoka, Masato Tomizawa, Yuu Miyazaki, Hitoshi Miyachi, Tomohiro Numata, et al. TRPM7 channels mediate spontaneous Ca2+ fluctuations in growth plate chondrocytes that promote bone development. Science signaling. 2019. 12. 576. eaaw4847
more...
MISC (63):
  • 柿澤 昌. 【脳における善玉・悪玉としてのレドックスシグナルと脳疾患・老化への新たなアプローチ】脳におけるレドックスシグナルの生理的役割 シナプス可塑性・脳機能への関与. 日本薬理学雑誌. 2018. 152. 5. 227-232
  • 柿澤 昌. 【小脳神経細胞における細胞内情報伝達と創薬】ホスホチロシンアダプターShcの脳における機能的役割. 日本薬理学雑誌. 2018. 152. 2. 84-89
  • 柿澤昌. レドックスシグナルによる小脳依存的運動学習の制御. 日本酸化ストレス学会学術集会プログラム・抄録集. 2018. 71st
  • 柿澤 昌. 【脳機能とその破綻に対する時間・階層縦断的アプローチと治療戦略】活性酸素の中枢シナプス可塑性に及ぼす影響と老化への関与. 日本薬理学雑誌. 2017. 150. 5. 234-239
  • 山澤 徳志子, 柿澤 昌. 【脳における細胞内Ca2+ストアの制御機構と脳疾患の新たな治療戦略】脳における新規細胞内カルシウム放出機構一酸化窒素依存的カルシウム放出 神経細胞死への関与. 日本薬理学雑誌. 2016. 147. 4. 200-205
more...
Books (25):
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Elabera"
    Elsevier 2021
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Apelin"
    Elsevier 2021
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Neurotrophin-3"
    Elsevier 2021
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Brain-derived neurotrophic factor"
    Elsevier 2021
  • Handbook of Hormones 2nd Ed. "Nerve growth factor"
    Elsevier 2021
more...
Lectures and oral presentations  (52):
  • 活性酸素依存的なカルシウム恒常性システムの調節を介した小脳機能
    (第94回日本薬理学会年会シンポジウム 2021)
  • Ca2+とレドックスシグナルによる小脳シナプス可塑性の極性決定
    (生理学研究所研究会「細胞システム理解のためのシグナル応答原理解明の最前線」 2020)
  • レドックスシグナルによる細胞内Ca2+放出系の制御とシナプス可塑性
    (第93回日本薬理学会年会シンポジウム 2020)
  • レドックスシグナルによる小脳機能制御
    (生理学研究所研究会「シグナル動態の可視化と操作に基づく多階層機能解析の新展開」 2019)
  • Involvement of ROS - 8-nitro-cGMP signals in cerebellar long-term depression
    (NEURO2019 2019)
more...
Professional career (1):
  • 博士(理学) (東京大学)
Work history (9):
  • 2010/04 - 現在 京都大学 薬学研究科生体分子認識学分野 准教授
  • 2008/04 - 2010/03 長崎大学 医歯薬学総合研究科 講師
  • 2007/04 - 2008/03 東京大学 医学系研究科 助教
  • 2000/09 - 2007/03 東京大学 医学系研究科 助手
  • 2000/04 - 2000/08 科学技術振興事業団戦略的基礎研究推進事業 研究員 (脳を知る)
Show all
Committee career (5):
  • 2021/04 - 現在 日本基礎老化学会 理事、学術交流委員長
  • 2015/04 - 現在 日本基礎老化学会 評議員
  • 2015/03 - 現在 日本生理学会 評議員
  • 2006/04 - 現在 日本薬理学会 学術評議員
  • 2018/12 - 2021/03 日本基礎老化学会 編集委員
Association Membership(s) (9):
日本NO学会 ,  日本基礎老化学会 ,  日本解剖学会 ,  日本薬理学会 ,  日本生理学会 ,  北米神経科学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本神経科学会 ,  日本比較内分泌学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page