Rchr
J-GLOBAL ID:200901055599563617   Update date: Jul. 09, 2021

Sato Shinji

サトウ シンジ | Sato Shinji
Affiliation and department:
Research field  (2): Special needs education ,  Clinical psychology
Research keywords  (2): Special Needs Education ,  Clinical Psychology
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2021 - 2025 小児AYA世代のがん経験者や家族の知的・身体的レジリエンスを評価・支援する研究
  • 2019 - 2022 根拠に基づいた合理的配慮の提供プロセス-ICF九州モデル(仮称)の開発と普及-
  • 2018 - 2022 小児固形がん患者に対して包括的な認知機能評価と支援を行い、QOL向上を目指す研究
  • 2018 - 2021 母親に発達障害のある家族への支援プログラムの応用
  • 2012 - 2015 母親自身に発達障害がみられる家族への子育て支援プログラムの開発
Show all
Papers (28):
  • SATO Shinji. A Fact and Point to Keep in Mind of the Support Using the Token Economic System. 2019. 2. 1-8
  • ONO Miki, SATO Shinji. "Well, Let's Begin a Clinical Study!: The Making of Evidence to Begin With a Case Report". 2019. 60. 1. 102
  • YAJIMA jumpei, SATO Shinji, IIDA Noriko, ONO Kimiko. Clinical Psychologist logistics during Disasters. Stress Management research. 2018. 14. 1. 31-38
  • SATO Shinji. The Practices of the Oita Society of Certified in Normal Times, and Social Support During Disasters. Stress Management Research. 2018. 14. 1. 4-9
  • SATO Shinji. The Individual Support That Learned, and Was Based on "Assessment" of the One. 2018. 1. 1. 1-7
more...
MISC (14):
  • 佐藤晋治. 大分大学教職大学院の第1ステージから第2ステージへの移行に徒然思う. 大分大学教職大学院研究報告. 2021. 4. iii-iv
  • 佐藤晋治. 図書紹介:自閉症は津軽弁を話さないリターンズ. 特別支援教育研究. 2020. 759. 56-56
  • 小野美樹, 佐藤晋治, 池之上辰義, 伊吹友秀. <第9回臨床研究教育セミナー>「日常での疑問を研究にしよう!〜エビデンスに基づいた答えを探す方法を学ぼう〜」. 児童青年精神医学とその近接領域. 2020. 61. 5. 91-97
  • 飯田法子, 佐藤晋治. 母親自身に発達障害がみられる家族へのビデオを用いた「子育て支援プログラム」の開発と応用. 日本心理臨床学会第39回大会発表論文集. 2020
  • 佐藤晋治, 木村一優, 池之上辰義, 伊吹友秀. 生涯教育に関する委員会セミナー「第10回臨床研究教育セミナー」. 第61回日本児童青年精神医学会総会発表論文集. 2020
more...
Books (6):
  • 教育臨床の実際第2版 : 学校で行う心と発達へのトータルサポート
    ナカニシヤ出版 2018
  • 日本版 KABC-IIによる解釈の進め方と実践事例
    丸善出版 2017
  • 日本版DN-CASの解釈と事例
    日本文化科学社 2017
  • インクルーシブ教育ってどんな教育?
    学事出版 2016
  • 教育臨床の実際 : 学校で行う心と発達へのトータルサポート
    ナカニシヤ出版 2011
more...
Lectures and oral presentations  (14):
  • [J36] 自主シンポジウム36 ICF(国際生活機能分類)から通常の学級での合理的配慮の提供を考える - 「ICF大分モデル」の検証から新たなモデルを展望する -
    (一般社団法人日本LD学会第29回大会(兵庫) 2020)
  • Roundtable: "I Read Play of the Picture Book" and Result and Problem - of Adopting Independence Activity - Sense of Fun at a Point of View of the Education. Facilitator: To Think Because "I Will Exchange Oneself in English" in Sense of Fun - Special Support Classes for Children with Intellectual Disabilities in the Independence Activity
    (2020)
  • A Voluntary Symposium: Of the Picture Book Read, and Play Bringing Up Relations, and Independence Activity 2- Which Asks Education to Live Using Competencies on Hand Not the Education to Increase - . Designated Discussion: The Meaning to Live for the After All Also Child?
    (2019)
  • A Voluntary Symposium: Of the Picture Book Read, and Play Bringing Up Relations, and Independence Activity 1.Designated Discussion
    (2018)
  • 強いこだわりや行動障がいのある児童生徒への理解と支援
    (特別支援学校校内研修支援に係る研修会(第2回)(大分県立日田支援学校) 2018)
more...
Education (4):
  • 1995 - 2000 筑波大学大学院博士課程 心身障害学専攻
  • 1993 - 1995 筑波大学大学院修士課程 障害児教育専攻
  • 1992 - 1993 Miyagi University of Education
  • 1988 - 1992 Hirosaki University
Work history (8):
  • 2020/04 - 現在 Oita University Advanced Studies on Professional Development of Teachers, Graduate School of Education Professor
  • 2017/01 - 現在 National University Corporation Oita University Professor
  • 2016/10 - 2020/03 国立大学法人大分大学 教育学部附属教育実践総合センター 教授
  • 2016/04 - 2016/09 国立大学法人大分大学 教育学部附属教育実践総合センター 准教授
  • 2007/04 - 2016/03 国立大学法人大分大学 教育福祉科学部附属教育実践総合センター 准教授
Show all
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page