Rchr
J-GLOBAL ID:200901055809689457   Update date: Sep. 30, 2020

Yamaguchi Etsuko

ヤマグチ エツコ | Yamaguchi Etsuko
Affiliation and department:
Research field  (4): Fetal medicine/Pediatrics ,  Healthcare management, medical sociology ,  Social psychology ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (9): arts and health ,  quality and safety in healthcare ,  quality improvement ,  social psychology ,  pediatric hematology / oncology ,  Goupdynamics ,  Immunology ,  Pediatric Oncology ,  Pediatric Hematology
Research theme for competitive and other funds  (18):
  • 2018 - 2022 A practical research about the utility and promotion of Arts-Based Learning method in patient safety education
  • 2019 - 2020 メディア・コンテンツを応用した医療の教育ツールの学習効果および評価指標に関する研究
  • 2014 - 2019 小児がん経験者・家族への長期フォローのための看護師教育プログラムと家族支援の構築
  • 2017 - 2018 メディア・アートと医療の教育-メディア・コンテンツを活用した効果的な学生・職員・患者の教育に関する実践的研究
  • 2015 - 2018 Planning and verification of collaborative training programs for qualified professionals helping children under medical treatment
Show all
Papers (232):
  • Komatsu Yu, Nakagami-Yamaguchi Etsuko, Nakatani Kaoru, Hagawa Naohiro. A pilot case applied FMEA for facility management using the data of patient opinions and incident reports. Journal of the Japan Society for Healthcare Administration. 2020. 57. 1. 28-37
  • Nakatani K, Nakagami-Yamaguchi E, Shinoda Y, Tomita S, Nakatani T. Improving the safety of high-concentration potassium chloride injection. BMJ open quality. 2019. 8. 2. e000666
  • Nakagami-Yamaguchi E, Murao H, Itoi T, Murakami S, Yui T, Yagi T, Ichihara H, Moriguchi Y, Kitamura H, Morimoto G. Patient safety education using an arts and health approach in Japanese university hospitals: a pilot study. Arts & health. 2019. 11. 2. 1-11
  • Hisanori Fujino, Hiroyuki Ishida, Akihiro Iguchi, Masaei Onuma, Koji Kato, Mariko Shimizu, Masahiro Yasui, Hiroyuki Fujisaki, Kazuko Hamamoto, Kana Washio, et al. High rates of ovarian function preservation after hematopoietic cell transplantation with melphalan-based reduced intensity conditioning for pediatric acute leukemia: an analysis from the Japan Association of Childhood Leukemia Study (JACLS). International journal of hematology. 2019. 109. 5. 578-583
  • 仲谷 薫, 山口 悦子, 上, 中村 和徳, 藤長 久美子, 仲谷 達也. リスクマネジメント 院内での薬剤師の活動 医療安全管理部専従薬剤師が関わったインシデント分析. (株)医薬ジャーナル社 医薬ジャーナル. 2018. 54. 12. 2635-2645
more...
MISC (40):
  • 福田 将誉, 山路 雄太, 井口 基, 宮崎 京子, 小松 友, 仲谷 薫, 山口 悦子[中上]. フレキシブルビデオ腹腔鏡の修理費削減の取り組み. 医療の質・安全学会誌. 2019. 14. Suppl. 437-437
  • 北村 孝一, 村上 聡, 仲谷 薫, 清水 由紀, 藤長 久美子, 中村 和徳, 岡本 綾子, 杉本 駿太, 羽川 直宏, 山口 悦子[中上]. ゲーム型学習ツールを用いた静脈血栓塞栓症予防マニュアルの学習促進効果の検証. 医療の質・安全学会誌. 2019. 14. Suppl. 505-505
  • 長沼 俊秀, 山口 悦子. 透析中の急変対応について 病院の場合. 日本透析医学会雑誌. 2019. 52. Suppl.1. 363-363
  • 舛本 大輔, 南部 美砂子, 山口 悦子[(中上], 前田 美穂, 木平 健太郎, 出口 隆生, 堀 浩樹. 小児がん経験者に対する長期フォローアップにおける自己学習ツールの開発と評価. 日本小児血液・がん学会雑誌. 2019. 56. 1. 73-73
  • Masumoto D, Nambu M, Nakagami-Yamaguchi E, Kihira K, Deguchi T, Maeda M, Hori H. Development of Computer-based Self-Learning Tools for Childhood Cancer Survivors. PEDIATRIC BLOOD & CANCER. 2018. 65. S582-S582
more...
Books (6):
  • インプロをすべての教室へ 学びを革新する即興ゲーム・ガイド
    新曜社 2016 ISBN:4788514818
  • 越境する対話と学び: 異質な人・組織・コミュニティをつなぐ
    新曜社 2015 ISBN:4788514265
  • 病院のアート-医療現場の再生と未来 (アートミーツケア叢書)
    アートミーツケア学会 2014 ISBN:4865000283
  • 小児がん治療後の長期フォローアップガイドライン
    医薬ジャーナル社 2013 ISBN:9784753226474
  • よくわかる小児がん経験者のために-より良い生活の質(QOL)を求めて
    医薬ジャーナル社 2011 ISBN:9784753225071
more...
Lectures and oral presentations  (275):
  • ゲーム型学習ツールを用いた静脈血栓塞栓症予防マニュアルの学習促進効果の検証
    (医療の質・安全学会誌 2019)
  • フレキシブルビデオ腹腔鏡の修理費削減の取り組み
    (医療の質・安全学会誌 2019)
  • 患者安全のトピックス:国内外の動向
    (第69回日本泌尿器科学会中部総会 2019)
  • 医療の「安全」「安心」「信頼」とは何か
    (患者・家族メンタル支援学会 第5 回学術総会 2019)
  • ポスト活動理論のパフォーマンス 越境する地域コミュニティと学習する医療の交歓
    (第66回日本グループ・ダイナミックス学会 2019)
more...
Education (3):
  • 2002 - 2005 Osaka University
  • 1994 - 1997 Osaka City University Internal Medicine
  • 1984 - 1990 Yamaguchi Univeresity
Professional career (4):
  • 博士(人間科学) (大阪大学)
  • 博士(医学) (大阪市立大学)
  • Ph.D in Human Science (Osaka University)
  • Ph.D in Medicine (Osaka City University)
Work history (18):
  • 2020/04 - 現在 大阪市立大学医学部附属病院 医療の質・安全管理部 部長
  • 2019/04/01 - 現在 Osaka City University Faculty of Medicine School of Medicine
  • 2018/04 - 現在 Osaka City University University Hospital, Medical School
  • 2015/07 - 現在 Osaka City University Graduate School of Medicine
  • 2008/04/01 - 現在 Osaka City University Urban Research Plaza
Show all
Committee career (6):
  • 2019/04 - 現在 医療の質・安全学会 監事
  • 2019/04 - 現在 医療の質・安全学会 評議員
  • 2016/04/01 - 現在 日本グループ・ダイナミックス学会 理事
  • 2008/04/01 - 現在 日本小児がん研究グループ 長期フォローアップ委員会委員
  • 2006 - 現在 アートミーツケア学会 理事
Show all
Awards (4):
  • 2016/09/25 - 日本質的心理学会 日本質的心理学会第十三回大会ポスター賞
  • 2013 - 一般社団法人霜仁会 霜仁会賞 社会活動部門賞
  • 2006 - がんの子どもを守る会 研究奨励賞 思春期の血液疾患・悪性腫瘍の子ども達に対する「医学部学生ベッドサイドボランティア活動」の役割
  • 2004 - 国際ボランティア学会 隅谷三喜男賞
Association Membership(s) (7):
日本心理学会 ,  日本小児科学会 ,  日本医療・病院管理学会 ,  日本医療の質安全学会 ,  日本グループダイナミックス学会 ,  アートミーツケア学会 ,  THE JAPANESE SOCIETY OF PEDIATRIC HEMATOLOGY/ONCOLOGY
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page