Rchr
J-GLOBAL ID:200901055867428191   Update date: Mar. 07, 2018

Morita Takeshi

モリタ タケシ | Morita Takeshi
Research field  (1): History - Europe/America
Research keywords  (2): 史学史 ,  Modern Historiography
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 西洋史学史における「認識としての歴史」の形成と発展
  • ブルクハルト史学の史学史的研究
  • ブルクハルト文化史学の史学史的研究
Papers (4):
  • ブルクハルトの文化史学-市民教育から読み解く. 2014
  • 「ランケとブルクハルト」再論-普遍史をめぐって. 2009
  • ブルクハルトと歴史研究の社会的機能. 1997
  • ブルクハルトとドイツ諸大学における歴史学教育. 1995
MISC (26):
  • 森田 猛. 精神史としてのブルクハルト史学-意識と歴史. 紀要(弘前学院大学文学部). 2011. 47. 78-92
  • 森田猛. ブルクハルト史学におけるヨーロッパ的なもの-歴史学教育の観点から-. 弘前学院大学文学部紀要. 2010. 46. 75-90
  • Takeshi MORITA. Jacob Burckhardt und die Bildung Alteuropas. The Bulletin of Hirosaki Gakuin University. 2010. 46. 75-90
  • 森田猛. 「ランケとブルクハルト」再論-普遍史をめぐって. 文化史学. 2009. 65. 299-319
  • 森田 猛. 歴史術としての文化史学-ブルクハルト史学における実用主義. 紀要(弘前学院大学文学部). 2009. 45. 61-76
more...
Books (4):
  • ブルクハルトの文化史学-市民教育から読み解く
    ミネルヴァ書房 2014
  • 「ランケとブルクハルト」再論-普遍史をめぐって
    文化史学 2009
  • ブルクハルトと歴史研究の社会的機能
    西洋史学 1997
  • ブルクハルトとドイツ諸大学における歴史学教育
    史林 1995
Lectures and oral presentations  (4):
  • ブルクハルトの文化史学-市民教育から読み解く
    (2014)
  • 「ランケとブルクハルト」再論-普遍史をめぐって
    (2009)
  • ブルクハルトと歴史研究の社会的機能
    (1997)
  • ブルクハルトとドイツ諸大学における歴史学教育
    (1995)
Works (2):
  • 西洋史学史における「誤認としての歴史」の形成と発展
    1999 - 2003
  • Historical Study on Western Historiography
    1999 - 2003
Education (4):
  • - 1990 Doshisha University
  • - 1984 Doshisha University
  • Doshisha University
  • Graduate school of letters
Professional career (1):
  • 博士(文化史学)
Work history (3):
  • 2012/04 - Hirosaki Gakuin University Faculty of Liberal Arts
  • 1998/01 - Hirosaki Gakuin University Faculty of Liberal Arts
  • 1993/04 - Hirosaki Gakuin University Faculty of Liberal Arts
Association Membership(s) (5):
東北史学会 ,  文化史学会 ,  史学研究会 ,  史学会 ,  日本西洋史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page