Rchr
J-GLOBAL ID:200901056264315453   Update date: Jun. 14, 2021

Kizawa Satoru

キザワ サトル | Kizawa Satoru
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): https://www2.akita-nct.ac.jp/kizawa/
Research field  (4): Mechanics and mechatronics ,  Robotics and intelligent systems ,  Rehabilitation science ,  Mechanics and mechatronics
Research keywords  (4): ロボット工学 ,  バイオメカニクス ,  制御工学 ,  Control Engineering
Research theme for competitive and other funds  (16):
  • 2020 - 2023 回復期における上肢片麻痺患者のためのリハビリロボットの開発とリハビリ効果
  • 2016 - 2018 機能的電気刺激を組み合わせた下肢ロボットリハビリテーションに関する研究
  • 2014 - 2016 上肢運動訓練のための卓上型リハビリ支援ロボットの開発
  • 2012 - 2013 卓上型上肢運動訓練のためのリハビリ支援ロボットの開発
  • 2011 - 2012 粘弾性樹脂をコア材とする三層積層板の振動減衰特性能
Show all
Papers (30):
  • Effect of anterior thigh marker on measuring knee joint angles during walking. 2021. 23. 1. 18-25
  • Line of sight and acting force of a snowboarder during snowboarding. 2021. 87. 896
  • 木澤 悟(秋田高専),佐藤 玄武,宮脇 和人,小林 義和,齊藤 亜由子(工学院大). LEGO MINDSTORMS EV3 を用いた2輪ロボットのモデル化と制御. 計測自動制御学会 中部支部 教育工学研究委員会・教育工学論文集. 2020. 43. 13-15
  • 齊藤亜由子(工学院大),奈良雄斗(秋田高専),武井由智,木澤 悟,小林義和,宮脇和人. センシング技術教育を通じたグローバル人材育成の試み. 計測自動制御学会 中部支部 教育工学研究委員会・教育工学論文集. 2020. 43. 16-18
  • 磯貝正弘(愛知工科大), 齊藤亜由子(工学院大), 大仲海渡(秋田高専), 小林義和, 木澤 悟,宮脇和人. モーションキャプチャーを利用したポールフォーキングの評価. 計測自動制御学会 中部支部 教育工学研究委員会・教育工学論文集. 2020. 43. 10-12
more...
MISC (37):
  • 菊地 大輔, 木澤 悟, 宮脇 和人, 小林 義和, 齊藤 亜由子. 拡張現実を用いた上肢用リハビリロボットの開発と動作解析の精度検証. 秋田工業高等専門学校研究紀要. 2020. vol.55
  • 三浦,雅弘, 木澤 悟. Kinectによる上肢リハビリ装置の動作解析の精度検証. 秋田工業高等専門学校研究紀要, Vol.54. 2019
  • 佐藤 悠斗, 木澤 悟, 宮脇和人. Kinect v2を用いた上肢リハビリシステムの開発. 秋田工業高等専門学校研究紀要 ,Vol.53. 2018
  • 小松 晃大, 木澤 悟. LEGO Mindstorms EV3を用いた回転型倒立振子の最適ロバストサーボ制御. 秋田工業高等専門学校研究紀要 ,Vol.52,pp.1-6. 2017
  • 長谷川 俊幸, 木澤 悟. Kinectを用いた上肢リハビリ支援装置の開発. 秋田工業高等専門学校研究紀要 ,Vol.52,pp.7-12. 2017
more...
Books (2):
  • 制御工学 -基礎からステップアップ-
    朝倉書店 全174頁 2003
  • 制御工学-基礎からのステップアップ-(共著)
    朝倉出版 2003
Lectures and oral presentations  (105):
  • Development of infants suits for motion measurement
    (19th International Symposium on Advanced Technology 2021)
  • Construction of a Kalman filter for real time motion measurement
    (19th International Symposium on Advanced Technology 2021)
  • A study on motion measurement for early screening for neurological disease
    (19th International Symposium on Advanced Technology 2021)
  • 雪国の冬期に利用可能なソリ型歩行器の開発
    (令和2年東北地区高等専門学校専攻科 産学連携シンポジウム ,T20-2-04 2020)
  • 自走型運動補助装置の座面に着目した振動評価
    (令和2年東北地区高等専門学校専攻科 産学連携シンポジウム, T20-2-03 2020)
more...
Education (3):
  • 1996 - 1999 Akita University
  • 1987 - 1989 Akita University
  • 1983 - 1987 Akita University
Professional career (2):
  • Master(Engineering) (Akita University)
  • Doctor(Engineering) (Akita University)
Work history (11):
  • 2020/04 - 現在 National Institute of Technology, Akita College
  • 2020/04 - 現在 National Institute of Technology, Akita College
  • 2017/04 - 現在 National Institute of Technology, Akita College School of Creative System Engineering, Department of Mechanical Engineering and Robotics
  • 2020/04 - 2022/03 Japan Advanced Institute of Science and Technology
  • 2016/08 - 2017/03 National Institute of Technology, Akita College
Show all
Committee career (2):
  • 2017/10 - 2017/10 第27回全国産業教育フェア秋田大会◦第25回全国高等学校ロボット競技大会秋田大会 審査員
  • 2013/04 - 2015/03 日本機械学会 東北支部商議員
Association Membership(s) (4):
AKITA MEDICAL SOCIETY ,  JAPANESE SOCIETY FOR CLINICAL BIOMECHANICS ,  Japan society for welfare engineering ,  日本機械学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page