Rchr
J-GLOBAL ID:200901057118994094   Update date: Oct. 30, 2020

Sugiura Seishi

Sugiura Seishi
Affiliation and department:
Job title: Professor
Research field  (1): Economic history
Papers (35):
  • 「日本の経済成長と産業資金供給・高度成長期前半の金融と証券市場の役割」. 『ファイナンスとファンダメンタルズ』青山学院大学総合研究所経済研究センター研究叢書(青山学院大学総合研究所経済研究センター). 2002. 第11号. 123-189
  • 「1965年の証券危機-封じられた「金融危機」の構図-」. 『金融危機と革新-歴史から現代へ-』(伊藤正直,霧見減良,浅井良夫編)(日本経済評論社). 2000. 289-335
  • 「4社体制確立過程における証券金融問題-戦後証券市場の展開過程-」. 『青山経済論集』(青山学院大学経済学会). 2000. 第51巻. 第4号. 71-92
  • 「戦後金融システムの生成-『日本的金融システム』の原型創出過程-」. 青山学院大学総合研究所経済研究センター研究叢書(青山学院大学総合研究所). 1998. 6. 75-153
  • 「戦後復興期の銀行・証券-『メインバンク制』の形成をめぐって-」. 東京大学出版会. 1996
more...
Books (2):
  • 『金融危機と地方銀行-戦間期の分析』
    東京大学出版会 2001
  • 『Modern and Contemporary History』
    “An intoroductory Bibliography for Japanese study vol.IX,Part2: Humanities 1991-2” 1995
Works (6):
  • 第1章「創立」, 第2節「東京証券取引所の創立」, 第2章「発展,試練」 『東京証券取引所50年史』
    2002 -
  • 第6章「多様化と模索(1955~65年)」第7章「一貫メーカーへの飛蹴(1965~74年)」 『三菱製紙百年史』 (日本経営史研究所編)
    1999 -
  • (書評) 小林春男著『信用金庫経営論』
    1994 -
  • (書評) 『企業勃興-日本資本主義の形成』
    1993 -
  • (書評) 『戦時体制下の金融構造』
    1992 -
more...
Education (5):
  • 1984 - 1987 Nagoya University
  • 1984 - 1987 Nagoya University
  • 1982 - 1984 Nagoya University
  • 1982 - 1984 Nagoya University
  • 1974 - 1981 Aoyama Gakuin University
Professional career (2):
  • 経済学士 (青山学院大学)
  • 経済学修士 (名古屋大学)
Work history (6):
  • 2008/04/01 - 現在 School of Cultural and Creative Studies School of Cultural and Creative Studies Department of Cultural and Creative Studies Professor
  • 1997/04/01 - 2008/03/31 College of Economics College of Economics Department of Economics Professor
  • 1994/04/01 - 1997/03/31 College of Economics College of Economics Department of Economics
  • 1991/04/01 - 1994/03/31 College of Economics College of Economics Department of Economics
  • 1988/04/01 - 1991/03/31 Lecturer
Show all
Committee career (1):
  • 2003/04 - 現在 私立大学連盟アドミニスター研修運営委員会委員 委員
Association Membership(s) (3):
地方金融史研究会 ,  土地制度史学会 ,  社会経済史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page