Rchr
J-GLOBAL ID:200901057134788119   Update date: Jul. 06, 2016

Yoshizawa Takuya

ヨシザワ タクヤ | Yoshizawa Takuya
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Research field  (4): Sociology of education ,  Education - general ,  Sociology of education ,  Education - general
Research keywords  (8): 社会構造 ,  人間形成 ,  学校 ,  教育 ,  social structure ,  character formation ,  school ,  education
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2002 - 2006 transition from school to work
Papers (14):
  • 芳澤 拓也. 地域に住む若者たちの経済的基盤の格差について-3大都市、非3大都市、沖縄定住者の比較-. 「若者の教育とキャリア形成に関する調査」最終調査結果報告書 研究代表者 乾彰夫(首都大学東京人文科学研究科教授). 2014
  • 木戸口正宏, 南出吉祥, 芳澤 拓也. YCSJ面接調査の概要と、基本的な問題意識について. 「若者の教育とキャリア形成に関する調査」最終調査結果報告書 研究代表者 乾彰夫(首都大学東京人文科学研究科教授). 2014
  • 木戸口正宏, 南出吉祥, 芳澤 拓也. The Variant Actuality of Young People in Precarious Transitions in Late Modern Japan-Based on the Interviews with 49 Young People(distributed papers). XVIII ISA World Congress of Sociology, Yokohama, Japan, 2014. 2014
  • 芳澤 拓也. 現代沖縄における伝統文化の意味についての一考察. 「伝承・習い事」文化における継承と生涯学習の現代的課題に関する日中韓比較研究(平成21~23年度科学研究費補助金(基盤(B))研究成果報告書. 2012
  • 芳澤 拓也. 沖縄の21 歳の生活状況と社会関係資本. 「若者の教育とキャリア形成に関する調査」2008年第1回調査結果報告書(日本教育学会特別課題研究). 2010
more...
Books (5):
  • 沖縄で教師をめざす人のために
    協同出版 2015
  • 日中韓の生涯学習 伝統文化の効用と歴史認識の共有
    明石書店 2013
  • 18歳の今を生きぬく 高卒者1年目の選択
    青木書店 2006
  • 人間形成と教育
    野村出版 2004
  • 「教育改革」による「学力」格差の正統化と階層問題「学力」を問う-だれにとってのだれが語る「学力」か
    草土文化 2001
Education (3):
  • 1996 - 2003 Tokyo Metropolitan University
  • - 2003 Tokyo Metropolitan University education
  • 1994 - 1996 Tokyo Metropolitan University
Work history (20):
  • 2009/04 - 現在 Okinawa Prefectural University of Arts Faculty of Arts and Crafts
  • 2010/04 - 2014/03 ぐしかわ看護専門学校 非常勤講師
  • 2011/04 - 2012/09 University of the Ryukyus Faculty of Education
  • 2010/04 - 2012/09 University of the Ryukyus Faculty of Law and Letters
  • 2006/04 - 2009/03 Okinawa Prefectural University of Arts Faculty of Arts and Crafts
Show all
Association Membership(s) (6):
THE JAPAN SOCIETY FOR THE STUDY OF ADULT AND COMMUNITY EDUCATION ,  フランス教育学会 ,  日本教育学会 ,  The Japan Institute of History of Education ,  The Institute of Education on France ,  The Japan Institute of Education
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page