Rchr
J-GLOBAL ID:200901057513804229   Update date: Nov. 13, 2018

MATSUTOMO Chikako

マツトモ チカコ | MATSUTOMO Chikako
Affiliation and department:
Job title: Lecturer
Research field  (2): Art history ,  Aesthetics and art studies
Research keywords  (6): 美学・芸術学 ,  Technologie ,  Kunst ,  Moderne ,  Engel ,  Stadt
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2017 - 2018 「ものづくりの共創可能性:札幌市と高岡市のコラボレーションの現場から」
  • 2016 - 2017 「エルンスト・バルラハの彫刻の展示方法について」
  • 2012 - 2014 課題解決型教育プログラムとしての「札幌学」の開発研究
  • 2008 - 2011 近代都市と天使絵図の諸相
  • 2008 - 2011 Moderne Stadte und die Aspekte der Engel-Bilder
Show all
Papers (3):
  • 松友 知香子. フィリップ・オットー・ルンゲとロマン主義のアラベスクについて」. 比較文化論叢. 2016. 32. 19-28
  • 松友 知香子. 地域ブランドの創造ー札幌スタイルの歩みー. 札幌大学総合研究. 2015. 7. 47-58
  • 松友 知香子. 「対話型」の鑑賞法を手掛かりとした美術鑑賞の実践. 比較文化論叢. 2015. 31. 55-65
MISC (12):
  • Chikako Matsutomo. "Das Gustrower Ehrenmal von Ernst Barlach und der Taufengel". 札幌大学総合論叢 = The Sapporo University journal. 2017. 44. 166-153
  • ガダマー ハンス・ゲオルク, 松友 知香子. 翻訳 ハンス・ゲオルク・ガダマー著『美のアクチュアリティ』第二章 象徴. 比較文化論叢 = Journal of comparative cultures : 札幌大学文化学部紀要. 2014. 30. 82-72
  • Chikako Matsutomo. Engel und Kind in "Die Zeiten" von Philipp Otto Runge. 比較文化論叢 : 札幌大学文化学部紀要. 2012. 27. 120(1)-105(16)
  • 松友 知香子. 『メディア・アートのイリュージョン性について』. デザイン理論. 2011. 57. 142-143
  • 松友知香子. 「黙示録としてのコンピュータ芸術/技術」. 『文明と哲学』. 2010. 3
more...
Lectures and oral presentations  (7):
  • 「ドイツ芸術の魅力」
    (創造学園豊平塾 2018)
  • 「メディア・アートのイリュージョン性について」
    (意匠学会第52回大会 2010)
  • 「パウル・クレーの〈天使〉について」
    (美学会第58回全国大会 2007)
  • 「ブルーノ・タウトの建築と色彩ータウトにおける東洋的なものと西洋的なもの」
    (意匠学会第184回研究例会 2005)
  • 「パウル・クレーの1920年代後半の〈都市画〉について」
    (美学会第56回全国大会 2005)
more...
Education (2):
  • - 2006 Osaka University
  • - 2006 Osaka University
Professional career (1):
  • 文学博士 (大阪大学)
Work history (4):
  • 2011/04 - 現在 Sapporo University
  • 2010 - 2011 Kyushu Sangyo University Museum
  • 2006 - 2010 Nara University of Education
  • 2006 - 2010 大阪市立デザイン教育研究所 非常勤講師
Association Membership(s) (6):
文芸学研究会 ,  日本ミュージアム・マネージメント学会 ,  美術史学会 ,  日本映像学会 ,  意匠学会 ,  美学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page