Rchr
J-GLOBAL ID:200901057828512781   Update date: Mar. 12, 2022

Takahashi Keiichi

タカハシ ケイイチ | Takahashi Keiichi
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.takahashilabo.com
Research field  (1): Software
Research keywords  (2): ソフトウェア開発 ,  プログラミング教育
Research theme for competitive and other funds  (15):
  • 2021 - 2024 Ruby on Railsの初学者のための躓き自己解決支援システムの開発
  • 2014 - 2015 加熱炉装入スケジューラーの評価関数精度向上とツール評価
  • 2013 - 2014 置場管理システム AR(拡張現実)適応調査
  • 2012 - 2013 最適化ツールの組込み適用評価
  • 2012 - 2013 在庫シミュレータモバイル版開発
Show all
Papers (42):
  • 高橋圭一. 講義動画を利用したWebプログラミング学習時のつまずき要因の分析. 情報処理学会九州支部火の国シンポジウム2022. 2022. 1-7
  • A Tool to Support Analysis of Error Factors Made by Novices in Ruby on Rails. 2022. 8. 1. 24-34
  • 高橋圭一. Web アプリケーション開発フレームワークの学習進度推定ツール. ソフトウェア工学の基礎28(近代科学社). 2021. 90-95
  • Ruby on Railsの初学者の躓き要因とデバッグ難易度に関する分析. 2021. 202-208
  • 小学生を対象とした嘉麻市立織田廣喜美術館との連携ものづくりワークショップ. 2021. 32. 96-104
more...
Lectures and oral presentations  (32):
  • Spherotoon: 球体ロボットを利用したインタラクションションゲーム
    (つくると! in 織りなすラボ(Panasonic Laboratory Fukuoka) 2018)
  • Splashooter2017:プロジェクションマッピングを応用した対戦ゲーム
    (つくるとVol.4(九州大学大橋キャンパス) 2018)
  • RomoをScratchで操作してドットを消すゲーム
    (つくるとVol.5(九州大学大橋キャンパス) 2018)
  • Splashooter2017:プロジェクションマッピングを応用した対戦ゲーム
    (つくるけぇ(道の駅 湖畔の里 福富) 2017)
  • コピペ防止エディタにおける丸写し検出機能の開発
    (教育改革ICT戦略大会 2017)
more...
Education (3):
  • 1997 - 2002 Muroran Institute of Technology
  • 1992 - 1994 Muroran Institute of Technology
  • 1987 - 1992 Muroran Institute of Technology
Professional career (1):
  • 博士(工学) (室蘭工業大学)
Work history (3):
  • 2015/04 - 現在 Kindai University Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering, Department of Information and Computer Sciences
  • 2004/04 - 2015/03 Kindai University Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering, Department of Information and Computer Sciences
  • 1994/04 - 2004/03 ニッテツ北海道制御システム株式会社
Awards (1):
  • 2020/12 - 情報処理学会 情報教育シンポジウム 優秀論文賞 ログファイルとGitリポジトリを用いたRuby on Railsの初学者の躓き要因の分析
Association Membership(s) (3):
ACM ,  プロジェクトマネジメント学会 ,  情報処理学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page