Rchr
J-GLOBAL ID:200901057925863939   Update date: Sep. 21, 2021

Tatsuki Shigeo

タツキ シゲオ | Tatsuki Shigeo
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www.tatsuki.org/
Research field  (4): Sociology ,  Disaster prevention engineering ,  Safety engineering ,  Social systems engineering
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2019 - 2023 「福祉専門職と共に進める「誰一人取り残さない防災」の全国展開のための基盤技術の開発
  • 2017 - 2022 Research, Development and Systematic Implementations of Inclusive Disaster Risk Reduction
  • 2017 - 2020 障害者インクルーシブ防災における災害時ケアプランコーディネーター養成
  • 2012 - 2015 Optimal life recovery assistance for disaster survivors living in Government-Leased Private Rental Interim Housing(GLPRIH)
  • 2012 - 2015 借り上げ仮設住宅被災者の生活再建支援方策の体系化
Show all
Papers (174):
  • 立木茂雄. 誰一人取り残さない防災をめざして~根本原因に対する根本的対策とその具体的な段取りを中心に~. 消防防災の科学. 2021. 145. 9-15
  • 立木茂雄, 川見文紀. 障がいのある人の防災対策 -避難、避難生活から生活再建までを視野に入れて. 総合リハビリテーション. 2021. 49. 3
  • 立木茂雄. i-BOSAI:誰一人取り残さない防災〜平時と切れ目のない福祉と防災の連結. 労働の科学. 2020. 75. 10. 4-8
  • 立木茂雄. 生活再建を科学する〜2つの大震災後の生活の再建と復興の調査から見えてきたこと. 国際文化研修. 2020. 秋. 16-21
  • 立木茂雄. 福祉専門職とともにすすめる「誰一人取り残さない防災」の実現のために-防災と福祉関係者の連携のポイント. 月間福祉. 2020. 7月. 52-55
more...
Books (8):
  • 誰一人取り残さない防災に向けて、福祉関係者が身につけるべきこと (i-BOSAIブックレット)
    萌書房 2020 ISBN:4860651405
  • 災害と復興の社会学
    萌書房 2016
  • 家族システムの理論的・実証的研究--オルソンの円環モデル妥当性の検討「増補改訂版」
    萌書房 2015
  • ボランティアと市民社会(増補版)
    晃洋書房 2001
  • 家族システムの理論的・実証的研究--オルソンの円環モデル妥当性の検討
    川島書店 1999
more...
Education (7):
  • - 1994 University of Toronto
  • - 1982 University of Toronto
  • - 1982 University of Toronto
  • - 1980 Kwansei Gakuin University
  • - 1980 Kwansei Gakuin University
Show all
Professional career (3):
  • Ph.D. (University of Toronto)
  • M.S.W. (University of Toronto)
  • Master of Sociology (Kwansei Gakuin University)
Committee career (2):
  • 2014 - 2015 Institute of Social Safety Science Vice President
  • 2014 - 2015 地域安全学会 会長
Association Membership(s) (6):
日本社会学会 ,  自然災害学会 ,  地域安全学会 ,  Japan Sociological Society ,  Japan Society for Natural Disaster Science ,  Institute of Social Safety Science
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page