Rchr
J-GLOBAL ID:200901058134315349   Update date: Jan. 22, 2021

Otake Takaaki

オオタケ タカアキ | Otake Takaaki
Research field  (3): Chemical reaction and process system engineering ,  Transfer phenomena and unit operations ,  Inorganic materials
Research keywords  (6): 環境工学 ,  反応工学 ,  化学工学 ,  Environmental Engineering ,  Reaction Kinetics ,  Chemical Engineering
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2002 - ゴミ焼却灰中の重金属元素の有効利用
  • 2002 - Effective Utilization of Heavy Metalin Refuse Fly Ash
  • 1992 - 2000 火山噴出物を利用した雨水および生活雑排水の簡易型浄化装置開発
  • 1992 - 2000 Development of Simple Clarification Apparatus handling Rainwater and Life Drainage with Volcano Spout Things
  • 1999 - 竹炭、木炭等の吸着ろ過剤を用いた中小河川等の水質浄化
Show all
Papers (4):
MISC (108):
  • 大竹 孝明. 小中学生のためのものづくり・科学教室「鹿児島高専の日 2016」について(査読無). 第22回高専シンポジウム in Mie 講演要旨集、pp.1. 2017
  • 大竹 孝明. 小中学生のためのものづくり・科学教室「鹿児島高専の日 2015」について(査読無). 第21回高専シンポジウム in 香川 講演要旨集、pp.F25. 2016
  • 大竹 孝明. 小中学生のためのものづくり・科学教室「鹿児島高専の日 2013」について(査読無). (第20回高専シンポジウム in 函館 講演要旨集、pp.D4. 2015
  • 大竹 孝明. 課外活動を活用した実践的な制御工学教育(第4報、エコラン専用独自開発CDIの回路設計)(査読無). 第24回九州沖縄地区高専フォーラム講演要旨集、pp.32. 2014
  • 大竹 孝明. 小中学生のためのものづくり・科学教室「鹿児島高専の日 2014」による地域連携活動(査読無). 第24回九州沖縄地区高専フォーラム 講演要旨集,pp.33. 2014
more...
Books (7):
  • 隼人学-地域遺産を未来につなぐ(分担執筆)
    (株)南方新社 2004
  • Effective extraction of heavy metals from MSW incineration ash (共著)
    Proceedings of The Third Asian-Pacific Landfill Symposium in Kitakyushu 2004 (APLAS Kitakyushu 2004) 2004
  • Separation of Amino Acids by Liquid Surfactant Membrane Processes
    1993
  • 液膜法によるアミノ酸の分離(分担執筆、共著)
    分離科学ハンドブック共立出版 1993
  • Application of liquid membrane technique to the recovery of fermented organic acids
    Process Metallurgy 7A Solvent Extraction 1990 1992
more...
Lectures and oral presentations  (4):
  • 地域との連携による科学教育支援活動について
    (第23回高専シンポジウム in KOBE 2018)
  • 地域の公設教育機関との連携による理科教育支援活動
    (日本高専学会 第23回年会・講演会 2017)
  • 小中学生のためのものづくり・科学教室「鹿児島高専の日」による地域連携について
    (平成29年度全国高専教育フォーラム 2017)
  • JST科学技術コミュニケーション支援事業「小中学生のためのものづくり・科学教室「鹿児島高専の日」」
    (平成26年度 高専サイエンス支援ネット 2014)
Works (28):
  • (W/O)/Wエマルションを利用した無機質壁マイクロカプセルの合成
    2000 -
  • 竹炭による中小河川の浄化
    2000 -
  • Preparation of Inorganic Michcapsules with (W/O)/W Emulsion
    2000 -
  • The purification of small and medium-sized rivers by bamboo charcoal.
    2000 -
  • 吸着ろ過剤(木炭、竹炭など)を用いた中小河川の浄化
    1999 -
more...
Education (4):
  • 1977 - 1979 Kagoshima University
  • - 1979 Kagoshima University
  • 1973 - 1977 Kagoshima University
  • - 1977 Kagoshima University
Professional career (2):
  • Master of Science (Kagoshima University)
  • Ph.D(Dr.Eng.) (Kyushu University)
Work history (5):
  • 2018/04 - 現在 Kagoshima National College of Technology Liberal Arts and Science
  • 2000/04 - 2018/03 Kagoshima National College of Technology Liberal Arts and Science
  • 1991/04 - 2000/03 Kagoshima National College of Technology
  • 1979/04 - 1991/03 Oita University
  • 1979 - 1991 Oita University, Research Assistant1991-2000 Kagoshima National College of Technology, Associate Professor2000- Kagoshima National College of Technology, Professor
Committee career (1):
  • 1998 - 南九州化学工学懇話会 幹事
Awards (2):
  • 2018/01 - 鹿児島工業高等専門学校 鹿児島工業高等専門学校教育研究功労者表彰
  • 1995 - 鹿児島県教育公務員弘済会研究助成表彰(最優秀賞)
Association Membership(s) (3):
南九州化学工学懇話会 ,  日本溶媒抽出学会 ,  化学工学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page