Rchr
J-GLOBAL ID:200901058406076810   Update date: Aug. 30, 2020

KAKAZU Yuko

KAKAZU Yuko
Research theme for competitive and other funds  (7):
  • 2018 - 2021 蛍光計測に基づく青果物熟度の評価手法の確立と非破壊測定器の開発
  • 2018 - 2019 生長過程での植物中硝酸イオン濃度と蛍光強度変化の関係ついて
  • 2017 - 2018 トマト葉の紫外光励起蛍光スペクトル変化と硝酸イオン濃度の関係
  • 2016 - 2017 コマツナに含まれる硝酸塩濃度がLIFスペクトル強度比に与える影響について
  • 2014 - 2017 葉表皮の非破壊分光透過率計測に基づく植物の有害紫外線に対する影響評価
Show all
Papers (6):
MISC (22):
Lectures and oral presentations  (30):
  • コマツナの栽培日数に伴う 385nmを励起波長とした蛍光強度比の変化について
    (日本生物環境工学会2018年東京大会 2018)
  • Development of the Handy Type LIF System
    (SICE2018 2018)
  • 蛍光計測によるトマト果実の熟度評価
    (日本生物環境工学会2018年東京大会 2018)
  • トマト葉に含まれる硝酸態窒素濃度と紫外光励起による蛍光特性の関係
    (日本生物環境工学会2017年松山大会 2017)
  • トマト果実の追熟に伴う可視領域における光学特性変化
    (本生物環境工学会2017年松山大会 2017)
more...
Awards (1):
  • 2018/09 - 日本生物環境工学会2018年東京大会 優秀ポスター賞 コマツナの栽培日数に伴う 385nmを励起波長とした蛍光強度比の変化について
Association Membership(s) (1):
THE SOCIETY OF INSTRUMENT AND CONTROL ENGINEERS
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page