Rchr
J-GLOBAL ID:200901059071043595   Update date: Apr. 06, 2021

Kajitani Kai

カジタニ カイ | Kajitani Kai
Affiliation and department:
Job title: Professor
Homepage URL  (1): http://www2.kobe-u.ac.jp/~kaikaji/
Research field  (1): Economic policy
Research keywords  (3): Development Economics ,  Chinese Economy ,  中国経済論
Research theme for competitive and other funds  (14):
  • 2020 - 2024 The Transformation of Governance over the Organization of Peasant Workers in China: The Relationship between the All-China Federation of Trade Unions and Labour NGOs
  • 2020 - 2023 Political and economical analysis on Chinese innovation and its social implementation
  • 2016 - 2020 政治-経済関係より解明する近 代中国の経済「制度」とその国 際的比較
  • 2016 - 2020 中国における習近平時代の労働 社会-労働運動をめぐる法・ 政治・経済体制のゆくえ
  • 2015 - 2019 ユーラシア地域大国(ロシア, 中国,インド)の発展モデルの 比較
Show all
Papers (40):
  • コロナ禍への監視国家中国と国民の対応 : 功利主義を超えて. 2021. 第12号. 21-28
  • Toward a Historical Institutional Analysis of the Chinese Economy: The Formation of Conventions in Traditional Society. 2021. 第46巻. 33-50
  • コロナウイルス感染症COVID-19と監視社会. 2021. 第7巻. 1-4号. 15-21
  • Kevin Luo, Tomoko Kinugasa, Kai Kajitani. Dynamic Efficiency in World Economy. Prague Economic Papers. 2020. 29. 5. 522-544
  • KAJITANI, Kai. China’s Foreign Aid and “Premature deindustrialization” of the Emerging Countries. 2020. 第222巻. 第2 号. 1-16
more...
MISC (15):
  • 書評:蔡昉著、丸川知雄監訳『現代中国経済入門: 人口ボーナスから改革ボーナスへ』. 2020. 第4巻. 第2号. 47-51
  • KAJITANI, Kai. 中国の「民間」と市民的公共性. 2020. 第94巻. 57-64
  • 梶谷懐. 新型コロナウイルスと中国経済. 統計. 2020. 第71巻. 第5号. 11-16
  • 梶谷懐. 職業としての中国経済研究. 国民経済雑誌. 2020. 第221巻. 第1号. 93-99
  • KAJITANI KAI. 中国の一帯一路政策と国際収支動向. 運輸と経済. 2018. 78. 12. 43-48
more...
Books (35):
  • 体制転換における国家と市場の相克
    2021
  • 一帯一路は何をもたらしたのか: 中国問題と投資のジレンマ
    2021
  • 転換期中国における社会経済制度
    2021
  • UP plus アフターコロナ時代の米中関係と世界秩序
    東京大学出版会 2020
  • アジア太平洋と関西(関西経済白書2020)
    日経印刷,全国官報販売協同組合 (発売) 2020 ISBN:9784865792386
more...
Lectures and oral presentations  (81):
  • China’s Foreign Capital Exports and the “Premature Deindustrialisation” of Emerging Economies: Does the BRI bring the “Debt Trap”?
    (The Belt and Road Initiative: Globalizing China and Internalizing the BRI 2021)
  • 2021年経済見通し(6): 中国経済の行方
    (2021)
  • コロナ禍の中の中国社会 -監視社会と功利主義-
    (2021)
  • 中国の対外援助と新興国の「早すぎる脱工業化」
    (JETRO「新たな段階の日中経済関係のあり方研究会」 2020)
  • 新型コロナショックと中国経済
    (APIRオンラインフォーラム「アジアにおける経済のダイナミズムとグローバリゼーションの展望」 2020)
more...
Education (2):
  • 1994 - 2001 Kobe University
  • 1990 - 1994 Kobe University
Professional career (2):
  • Master(Economics) (Kobe University)
  • Doctor(Economics) (Kobe University)
Work history (7):
  • 2019/04 - 現在 Asia Pacific Instutute of Research
  • 2014/04 - 現在 Kobe University Graduate School of Economics
  • 2010/04 - 2014/03 Kobe University Graduate School of Economics
  • 2007/04 - 2010/03 Kobe Gakuin University The Faculty of Economics
  • 2004/04 - 2007/03 Kobe Gakuin University The Faculty of Economics
Show all
Committee career (6):
  • 2020/10 - 現在 中国経済経営学会 理事
  • 2018/04 - 現在 中国現代史研究会 編集委員長
  • 2017/07 - 現在 比較経済体制学会 幹事
  • 2012/10 - 現在 日本現代中国学会 理事
  • 2012/04 - 現在 孫文研究会 理事
Show all
Awards (1):
  • 2013/06 - 大平正芳記念財団 大平正芳記念賞
Association Membership(s) (6):
East Asian Economic Association ,  比較経済体制学会 ,  中国経済学会 ,  中国現代史研究会 ,  現代中国学会 ,  アジア政経学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page