Rchr
J-GLOBAL ID:200901059210100957   Update date: Jun. 01, 2020

Ishizaka Akira

Ishizaka Akira
Research field  (2): Horticulture ,  Plant genetics and breeding
Research keywords  (6): 作業性 ,  単為結果性 ,  栽培 ,  ナス ,  品種 ,  育種
Research theme for competitive and other funds  (1):
  • 2009 - 2013 早生赤ナシの新品種育成
MISC (3):
Lectures and oral presentations  (5):
  • カキ‘ 刀根早生’ と九倍体系統花粉の交雑が種子形成および後代の倍数性に及ぼす影響
    (園芸学会平成25年春季大会 2013)
  • 催芽処理時の6-BAP添加がニホンナシ種子の発芽および実生生育に及ぼす影響
    (園芸学会 2011)
  • 促成栽培における単為結果性ナス系統‘96-1’の特性
    (園芸学会九州支部会 2002)
  • 大果系キュウリの収穫時期および果重と果実硬度との関係
    (園芸学会九州支部会 1999)
  • 整枝法が大果系キュウリ品種の収量性・果実の外観品質に及ぼす影響
    (園芸学会九州支部会 1998)
Work history (4):
  • 2009/04 - 農業総合試験場 研究員
  • 2004/04 - 2009/03 福岡県福岡地域農業改良普及センター 主任技師
  • 1998/04 - 2004/03 農業総合試験場 主任技師
  • 1992/04 - 1998/03 福岡県北九州地域農業改良普及センター 技師
Association Membership(s) (1):
THE JAPANESE SOCIETY FOR HORTICULTURAL SCIENCE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page