Rchr
J-GLOBAL ID:200901059233581600   Update date: Aug. 26, 2020

Hidetoshi Itou

イトウ ヒデトシ | Hidetoshi Itou
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
Research field  (1): Civil law
Research keywords  (3): 共同所有 ,  民法 ,  環境
Research theme for competitive and other funds  (6):
  • 2019 - 2022 いわゆる可分債権の準共有法理
  • 2019 - 司法過疎地域における司法サービスのあり方の再検証-成年後見制度と高齢者の消費者被害を中心に
  • 2016 - 2019 所有権の消滅に関する研究
  • 2015 - 2017 空き家問題を解決するための法制度に関する研究
  • 2012 - 2015 共同所有制度による景観・環境等の保全
Show all
Papers (75):
  • 伊藤栄寿. 連帯債務. 法学教室. 2020. 478. 75-83
  • 伊藤栄寿. 専有部分に関する契約と管理組合. 現代消費者法. 2020. 47. 35-41
  • 伊藤栄寿. 共有法改正の根拠と限界(下)憲法上の財産権保障の観点から. 法律時報. 2020. 92. 5. 131-136
  • 伊藤栄寿. これからの所有権を考える : 物権法改正議論を中心に. 法学セミナー. 2020. 65. 5. 17-23
  • 伊藤栄寿. 共有法改正の根拠と限界(上)憲法上の財産権保障の観点から. 法律時報. 2020. 92. 4. 87-93
more...
Books (12):
  • 『離婚・親子・相続事件判例解説 : 実務精選120』「相続開始後の賃料債権」「財産分与と共有物分割訴訟」
    第一法規 2019
  • 『キャッシュレス決済と法規整』
    民事法研究会 2019
  • 『物権法 第2版』 (日評ベーシック・シリーズ)
    日本評論社 2019
  • 『民法理論の対話と創造』
    日本評論社 2018
  • 『Law practice 民法 1: 総則・物権編 第4版』
    商事法務 2018
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 区分所有法制の国際比較 オーストリア住居所有権法
    (比較法学会 2014)
  • 管理組合の法的権限とその限界
    (日本マンション学会 シンポジウム 2014)
  • マンション規約の変更等による「特別の影響」の判断基準
    (日本マンション学会 分科会 2011)
  • マンション管理方法の理論的検討-ドイツ法との比較を通じて
    (日本マンション学会 シンポジウム 2011)
  • 区分所有者に対する団体的拘束の根拠と限界
    (日本私法学会 個別報告 2009)
Professional career (3):
  • 学士(法学) (名古屋大学)
  • 修士(法学) (名古屋大学)
  • 博士(法学) (名古屋大学)
Awards (1):
  • 2013/04 - 日本マンション学会 日本マンション学会研究奨励賞
Association Membership(s) (3):
比較法学会 ,  日本マンション学会 ,  日本私法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page