Rchr
J-GLOBAL ID:200901059409033183   Update date: Apr. 08, 2021

Takaoka Naoko

タカオカ ナオコ | Takaoka Naoko
Affiliation and department:
Job title: Professor
Other affiliations (2):
Research field  (1): Literature - European
Research keywords  (6): ケアの倫理と文学 ,  ユートピア/ディストピア文学 ,  George Sand ,  French Literature ,  Gender Studies ,  French Literature of 19th Century
Research theme for competitive and other funds  (3):
  • 2013 - 2015 老いる女性たち(へ)の視線:フランス女性作家トその作品を通じて
  • 2009 - 2011 19世紀フランス小説における男性へのまなざしとジェンダー構造
  • 2005 - 2008 19世紀フランス文学 ジョルジュ・サンドの作品における女性と子ども
Papers (2):
  • Naoko Takaoka. Representation of Gender in George Sand's Utopian Novels -. Studies in European and American Language and Culture. 2020. 8. 79-99
  • TAKAOKA Naoko. Virilité comme problème de genre, au travers d'André de George Sand. Studies in European and American Language and Culture. 2018. 6. 93-113
MISC (48):
  • Takaoka Naoko, Nomura Ayuko. The Making of, and the Using of Reading Through the Lens of Gender ("Mahoroba" Collection). Annual Report on Research and Education. 2019. 16. 1-6
  • TAKAOKA Naoko. Interconnecting Literature, France, and Gender at Nara Women's University. Annual Report on Research and Education Faculty of Letters, Nara Women's University. 2018. 15. 23-32
  • 高岡 尚子. 政治的言説とジェンダー-1848年のジョルジュ・サンドをめぐって. 欧米言語文化研究. 2017. 5. 109-128
  • TAKAOKA Naoko. Problèmes de genre dans le discours politique : George Sand et l’année 1848. 2017. 5. 109-128
  • 高岡 尚子. 老いる女性たち(へ)の視線:フランス女性作家とその作品を通じて (科学研究費補助金基盤研究(C)課題番号25370358研究成果報告書. 2016
more...
Books (12):
  • George Sand et les sciences de la Vie et de la Terre
    Presses universitaires Blaise-Pascal 2020
  • Correspondances
    2020
  • 「ジェンダー」で読む物語ー赤ずきんから桜庭一樹まで
    かもがわ出版 2019
  • 同性愛をめぐる歴史と法-尊厳としてのセクシュアリティ
    明石書店 2015
  • 摩擦する「母」と「女」の物語
    晃洋書房 2014 ISBN:9784771024885
more...
Lectures and oral presentations  (14):
  • Gabriel(le) : le « moi » ambigu dans Gabriel de George Sand
    (Séminaire Gabriel de George Sand 2019)
  • ジョルジュ・サンドと二月革命-フェミニズムと「その後」を考える-
    (「革命/内乱とジェンダー」研究会 2017)
  • 「男らしい男」と「女らしい女」の間 -George Sandの小説Andréを題材に-
    (ワークショップ:19世紀フランス文学における「男らしさ」の危機 2017)
  • 薄暗い、本の咲く谷間から-文学・フランス・ジェンダーをつないで語りあう
    (奈良女子大学/神戸女学院大学 共同ジェンダー・シンポジウム 女子大学で文学を!? 2017)
  • 恐怖・嫌悪・欲望とジェンダー(ワークショップ)
    (日本フランス語フランス文学会春季大会 2016)
more...
Education (4):
  • - 2003 大阪大学大学院 仏文学
  • - 2003 Osaka University French Literature
  • - 2002 大阪大学大学院 仏文学
  • - 2002 Osaka University French Literature
Professional career (2):
  • 文学修士 (大阪大学)
  • 博士(文学) (大阪大学)
Work history (3):
  • 2003 - 2005 :一橋大学非常勤講師
  • 2002 - 2004 :目白大学人文学部非常勤講師
  • 2000 - 2003 :女子栄養大学 非常勤講師
Association Membership(s) (6):
ジェンダー史学会 ,  日本フランス語フランス文学会 ,  大阪大学フランス語フランス文学会 ,  日本ジョルジュ・サンド学会 ,  日仏女性研究学会 ,  Society of Gender History
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page