Rchr
J-GLOBAL ID:200901059780106690   Update date: May. 27, 2021

Sawada Hiroko

サワダ ヒロコ | Sawada Hiroko
Affiliation and department:
Job title: Associate Professor
Homepage URL  (1): http://www.u.tsukuba.ac.jp/~sawada.hiroko.gb/
Research field  (1): Linguistics
Research keywords  (9): 社会言語学, フィールド調査 ,  外国人児童生徒教育, 地域社会, 多文化共生, 支援体制 ,  日本語教育, コーパス研究, 構文研究 ,  言語コミュニケーション ,  Sino-Japanese Contrastive Linguistics ,  Japanese Language Education ,  Human Communication Studies ,  Japanese Linguistics ,  Linguistics
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2020 - 2024 アートベースドヒューマニティを志向するアートライティング教育のための基盤的研究
  • 2020 - 2023 外国人住民への地域的包括支援のための基礎的研究
  • 2021 - 2022 オンライン学習による日本語初期指導カリキュラム開発・検証に関する研究
  • 2019 - 2022 構文とコミュニケーション行動に関するコーパス横断的研究
  • 2018 - 2022 話題が語彙・文法・談話ストラテジーに与える影響の解明
Show all
Papers (18):
  • 澤田, 浩子, 井上, 里鶴, 松崎, 寛, 入山, 美保. 日本語指導が必要な児童生徒のための遠隔支援における地域連携モデル -茨城県グローバル・サポート事業の試み-. 2021年度日本語教育学会春季大会. 2021. 239-244
  • 長田, 友紀, 松崎, 寛, 澤田, 浩子, 入山, 美保, 吉田, 武男. 大学における教職課程と日本語教育学との連携に関する考察-筑波大学「日本語学習支援者養成修了証プログラム」の成立経緯とその課題-. Bulletin of Institute of Education University of Tsukuba. 2021. 43. 2. 1-13
  • 澤田, 浩子, 松崎, 寛, 入山, 美保. つくば市の外国人児童生徒日本語教育の課題と地域社会との教育連携. Journal of Japanese Language Teaching. 2021. 36. 23-32
  • Takemoto, Satomi, Seika, Niiyama, Sawada, Hiroko. Usage of the Japanese Demonstrative ANO in Art Writing. The Virtual Language and Communication Postgraduate International Seminar Proceedings. 2020. 127-130
  • Sawada, Hiroko. Classification of Noun-Concluding Sentences from a Syntactic Analysis Perspective. Inter Faculty. 2019. 9. 61-87
more...
Books (9):
  • 基礎日本語学
    ひつじ書房 2019 ISBN:9784894769465
  • コーパスから始まる例文作り
    くろしお出版 2017 ISBN:9784874247310
  • 属性叙述の世界
    くろしお出版 2012
  • 日本語教育研究への招待
    くろしお出版 2010
  • 音声文法の対照
    くろしお出版 2007
more...
Lectures and oral presentations  (37):
  • 日本語指導が必要な児童生徒のための遠隔支援における地域連携モデル -茨城県グローバル・サポート事業の試み-
    (2021年度日本語教育学会春季大会 2021)
  • 生きる力を育む持続可能な学びの場のデザインを目指して
    (茨城県教育委員会グローバル・サポート事業委託研究 「オンライン学習による日本語初期指導カリキュラム開発・検証に関する研究」シンポジウム「外国人児童生徒の日本語学習支援をめぐるソーシャルネットワーク」 2021)
  • 多文化時代の教育を支えるソーシャルネットワークのあり方
    (筑波大学ICRセミナー「新型コロナウイルス感染症と人文・社会科学2」 2021)
  • J-TOCC: Japanese Topic-Priented Conversational Corpus
    (The NINJAL International Symposium "The 11th International Conference on Practical Linguistics of Japanese" 2020)
  • つくば市の外国人児童生徒の日本語教育等の支援をめぐって -現状と課題、コロナ後を見据えて-
    (第16回「中央ユーラシアと日本の未来」公開講演会 2020)
more...
Education (5):
  • 2000 - 2003 Kobe University
  • 2000 - 2003 Kobe University
  • 1998 - 2000 Kobe University
  • 1998 - 2000 Kobe University
  • 1994 - 1998 Kobe University
Professional career (2):
  • 博士(学術) (神戸大学)
  • Ph.D (Kobe University)
Work history (7):
  • 2015/04 - 現在 University of Tsukuba Faculty of Humanities and Social Sciences
  • 2011/10 - 2015/03 University of Tsukuba Faculty of Humanities and Social Sciences
  • 2006/10 - 2011/09 Tsukuba University Graduate School of Humanities and Social Sciences Lecturer
  • 2005/04 - 2006/09 Kyoto University
  • 2004/04/01 - 2005/03/31 Kyoto University Center for Student Exchange Lecturer
Show all
Committee career (4):
  • 2019/07 - 現在 日本語教育学会 学会誌委員(編集担当委員)
  • 2013/07 - 2015/06 日本語教育学会 学会誌委員(編集担当委員)
  • 2010/04 - 2013/03 日本語文法学会 学会誌委員
  • 2002/04 - 2004/03 日本中国語学会 事務局幹事
Association Membership(s) (6):
The Chinese Linguistic Society of Japan ,  THE SOCIETY FOR TEACHING JAPANESE AS A FOREIGN LANGUAGE ,  Kansai Linguistic Society ,  The Society of Japanese Grammar ,  The Society for Japanese Linguistics ,  THE LINGUISTIC SOCIETY OF JAPAN
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page