Rchr
J-GLOBAL ID:200901060060867152   Update date: Sep. 22, 2021

Ojima Kyoko

オジマ キヨウコ | Ojima Kyoko
Affiliation and department:
Research field  (2): Home economics, lifestyle science ,  Home economics, lifestyle science
Research keywords  (4): 家庭科教育 ,  ヒューマン ,  生活資源 ,  Home Science
Research theme for competitive and other funds  (13):
  • 2017 - 2019 新たな日本式金融経済教育モデル立案に向けたシステム開発ならびに実証研究
  • 2015 - 2018 多文化間ディスカッション授業におけるファシリテーション要素の研究
  • 2015 - 2018 「時間の尺度」の開発と高校家庭科への展開
  • 2011 - 2014 総合的な生活資源教育からみた高等学校の生活設計教育のあり方に関する研究
  • 2011 - 2012 「解釈力」を核にした教員養成モデルの構築
Show all
Papers (6):
  • 二木 恵, 大藪 千穂, 尾島 恭子, 高田 良宏, 笠原 禎也. オープン参加型セミナーとシステムを併用した大学での金融教育支援の取り組み. 日本消費者教育学会中部支部中部消費者教育論集. 2019. 15. 15-23
  • 二木 恵, 尾島 恭子. 共助努力型ファイナンシャルサポートシステムの開発. 消費者教育学会. 2019. 39. 77-86
  • 滝口圭子, 綿引伴子, 尾島恭子. 大学・附属学校園の幼小中連携活動の検討(3):みそ汁作り・お弁当交流会についての幼稚園での話合いから. 金沢大学人間社会学域学校教育学類教育実践研究. 2018. 43
  • 尾島 恭子. 高等学校における生活設計教育の課題. 日本家庭科教育学会北陸地区会30周年記念誌 『生活を考え創る』. 2013. 17-30
  • 小林陽子, 尾島恭子. 教育職員免許法および教育職員免許法施行規則の変遷 : 家庭科教員養成における科目「家政学原論」をめぐって. (一社)日本家政学会 家政学原論研究 : 家政學原論. 2012. 46. 22-32
more...
Lectures and oral presentations  (5):
  • 高校生の時間意識と家庭科
    (家庭科教育学会北陸地区会第35回大会 2018)
  • 生活資源の概念整理と高校生の生活資源に対する意識
    (日本家政学会第67回大会 2015)
  • 経済的資源管理の現状からみた消費者教育の課題~世代間の比較を通して~
    (日本消費者教育学会第30回全国大会 2010)
  • 高校生の生活資源管理の現状と課題
    (日本家政学会第62回大会 2010)
  • 生活資源管理の現状からみた生活設計教育の課題
    (家庭科教育学会北陸地区会第26回大会 2009)
Education (4):
  • - 1992 Nara Women's University
  • - 1992 Nara Women's University
  • - 1990 Nara Women's University
  • - 1990 Nara Women's University
Professional career (1):
  • 修士(家政学) (奈良女子大学)
Work history (12):
  • 2021/09 - 現在 Kanazawa University
  • 2020/04 - 現在 金沢大学融合研究域融合科学系 教授
  • 2018/04 - 2020/03 Kanazawa University
  • 2011/04 - 2020/03 Kanazawa University Institute of Human and Social Sciences, Faculty of Education
  • 2017/04 - 2018/03 金沢大学学長補佐(学生募集・入試・入試改革・広報戦略担当)
Show all
Committee career (3):
  • 2008/04 - 現在 石川県消費生活審議会委員
  • 2006/01 - 現在 加賀市男女共同参画審議会委員
  • 2012 - 2014 大学設置・学校法人審議会家政学専門委員
Awards (1):
  • 2018/05 - 消費者庁 ベスト消費者サポーター章
Association Membership(s) (3):
日本家庭科教育学会 ,  日本消費者教育学会 ,  日本家政学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page