Rchr
J-GLOBAL ID:200901060412554214   Update date: Jan. 30, 2024

Kazama Tomohiko

カザマ トモヒコ | Kazama Tomohiko
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Homepage URL  (2): http://db.tohoku.ac.jp/whois/detail/271b6ae53d9d99fc32bec5ac865c8836.htmlhttp://db.tohoku.ac.jp/whois/e_detail/271b6ae53d9d99fc32bec5ac865c8836.html
Research field  (1): Plant genetics and breeding
Research theme for competitive and other funds  (12):
  • 2021 - 2025 mitoTALENを用いた雄性不稔性発生メカニズムの解明
  • 2020 - 2025 Establishment of the basis for plant mitochondrial genome breeding
  • 2018 - 2020 人工稔性回復因子をモデルとした植物ミトコンドリア遺伝子の人為的制御の試み
  • 2017 - 2019 Attempts of plant mitochondrial genome modification via mitochondria-targeting TALENs
  • 2016 - 2019 Research and development of artificial fertility restorer genes using the new plant breeding techniques.
Show all
Papers (41):
more...
MISC (14):
  • Hiroyuki Ichida, Tomohiko Kazama, Shin Ichi Arimura, Kinya Toriyama. The mitochondrial and plastid genomes of Oryza sativa L. cv. Taichung 65. Plant Biotechnology. 2023. 40. 1. 109-112
  • 有村慎一, 風間智彦, 肥塚信也, 堤伸浩. mitoTALEN法による標的遺伝子破壊から垣間見えた植物ミトコンドリアゲノムの修復維持機構と特徴. 日本分子生物学会年会プログラム・要旨集(Web). 2020. 43rd
  • R. Morita, H. Ichida, Y. Hayashi, H. Abe, Y. Shirakawa, K. Ichinose, T. Kazama, K. Toriyama, T. Sato, T. Abe. A novel mutation induced by Ar-ion-irradiation affect grain length and improve yield in rice. RIKEN Accel. Prog. Rep. 2019. 52. 24-24
  • 鶴田遊, 菅谷元, 柳瀬俊吾, 亘悠太, 風間智彦, 肥塚千恵, 堤伸浩, 肥塚信也, 有村慎一. mitoTALENによるミトコンドリアゲノム編集:ナタネ細胞質雄性不稔関連遺伝子orf125の遺伝子破壊と稔性回復. 育種学研究. 2019. 21
  • 風間智彦, 肥塚信也, 有村慎一. 細胞質雄性不稔性植物をモデルとしたミトコンドリアゲノム編集. 育種学研究. 2019. 21
more...
Patents (3):
  • 植物ミトコンドリアゲノムの編集方法
  • イネRT型細胞質雄性不稔性原因遺伝子およびその利用
  • イネRT型細胞質雄性不稔性原因遺伝子およびその利用
Books (1):
  • さまざまなモデル生物からミトコンドリア画分を分離する簡便な方法
    羊土社 2014
Lectures and oral presentations  (128):
  • TALENを用いたイネミトコンドリアゲノムの改変
    (九州育種談話会 2019)
  • 細胞質雄性不稔植物を用いたミトコンドリアゲノム編集
    (プロジェクト横断型公開シンポジウム「植物のゲノム編集基盤技術開発の現状と展望」 2020)
  • ミトコンドリア移行TALENによるRT102型CMSイネミトコンドリアゲノムの構造変化と表現型の調査
    (第14回東北育種研究集会 2019)
  • TALENを用いた植物ミトコンドリアゲノムの改変
    (植物バイオ研究会 第19回会合 2019)
  • 核コードRETROGRADE-REGULATED MALE STERILITY 遺伝子のゲノム編集によるCW 型細胞質雄性不稔イネの稔性回復
    (日本育種学会第136回講演会 2019)
more...
Professional career (1):
  • 博士(農学) (Tohoku University)
Committee career (1):
  • 2020/03 - 2022/02 日本育種学会 運営委員 集会
Awards (3):
  • 2017/03 - 一般社団法人日本育種学会 日本育種学会奨励賞
  • 2015/09/03 - 東北大学大学院農学研究科 平成27年度先端農学研究奨励賞
  • 2010/11 - 日本育種学会 第118回講演会日本育種学会優秀発表賞 優秀発表賞
Association Membership(s) (3):
日本植物細胞分子生物学会 ,  日本植物生理学会 ,  Japanese Society of Breeding
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page