Rchr
J-GLOBAL ID:200901060801319263   Update date: Sep. 14, 2020

Sato Yuki

サトウ ユウキ | Sato Yuki
Affiliation and department:
Job title: 准教授
Research field  (2): History - Japan ,  History - General
Research keywords  (11): 朝河貫一 ,  比較史 ,  史学史 ,  日本法制史 ,  古文書学 ,  日本中世史 ,  日本古代史 ,  modern historiography ,  legal history ,  diplomatics ,  Japanese ancient and medieval history
Research theme for competitive and other funds  (21):
  • 2019 - 2022 前近代の専門家を取り巻く「環境」に関する比較国制史的基礎研究
  • 2019 - 2022 近代日本の大学における歴史研究・教育体制と学術行政
  • 2019 - 2022 書状形式の文書からみた日本中世の政治的コミュニケーションと国制-鎌倉期を中心に
  • 2019 - 2022 書状形式の文書を軸とした比較古文書学の基盤形成:中世日本と中国・韓国・ヨーロッパ
  • 2018 - 2022 地下文書論による中世文字史料研究の再構築
Show all
Papers (48):
  • 佐藤雄基. 大久保利武・利謙父子の学問形成と蔵書-立教大学図書館・学習院大学史料館所蔵「大久保文庫」. 佐藤雄基編『明治が歴史になったとき 史学史としての大久保利謙』勉誠出版. 2020. 164-182
  • 佐藤雄基. 中世日本における書状の広がりー古代書状論・「公文書化」論を中心にして. 小島道裕・田中大喜・荒木和憲編『古文書の様式と国際比較』勉誠出版. 2020. 36-63
  • 佐藤 雄基. 書評 長又高夫著『御成敗式目編纂の基礎的研究』. 法制史研究. 2019. 68. 158-164
  • 佐藤 雄基. 書評 近藤成一著『鎌倉時代政治構造の研究』. 史学雑誌. 2018. 127. 6. 86-95
  • 佐藤 雄基. 書評 木村英一『鎌倉時代公武関係と六波羅探題』. 法制史研究. 2018. 67. 324-330
more...
MISC (29):
  • 佐藤 雄基. 日本史研究者が史料の英訳から学んだこと -「日本史史料英訳ワークショップ」参加記ー. 鴨東通信. 2020. 111. 8-9
  • 佐藤 雄基. 趣旨説明 付・報告要旨 (特集 日本中世の「地下」社会 : 薗部寿樹の文書論と春田直紀の生業論から考える). 史苑. 2020. 80. 2. 14-20
  • 佐藤 雄基. 書評と紹介 佐藤秀成著『鎌倉幕府文書行政論』. 日本歴史. 2020. 861. 98-100
  • 佐藤 雄基. 勝俣鎮夫『一揆』を読む. 日本史研究. 2019. 688. 49-60
  • 佐藤 雄基. 「中国古文書学」の胎動と日本古文書学. 古文書研究. 2019. 87. 62-70
more...
Books (12):
  • 明治が歴史になったとき : 史学史としての大久保利謙
    勉誠出版 2020 ISBN:9784585227144
  • 『中世史講義ー院政期から戦国時代まで』
    筑摩書房(ちくま新書) 2019 ISBN:9784480071996
  • 『日本法史から何がみえるか』
    有斐閣 2018 ISBN:9784641125971
  • 『現代語訳 吾妻鏡 第15巻 飢饉と新制』
    吉川弘文館 2015 ISBN:9784642027229
  • 『朝河貫一資料 早稲田大学・福島県立図書館・イェール大学他所蔵』
    早稲田大学アジア太平洋研究センター (研究資料シリーズ No.5) 2015
more...
Lectures and oral presentations  (40):
  • 朝河貫一は日本封建制論の有用性をどのように主張したのか-20世紀初頭の議論を中心にして-
    (朝河貫一研究会第117回例会 (共催:「グローバルヒストリーのなかの近代歴史学」研究会第14回例会)ZOOM開催 2020)
  • 公武関係と鎌倉幕府裁判-鎌倉時代の国家論を考える-
    (大阪歴史科学協議会 1月例会「鎌倉幕府と権門体制」 @場大阪市立 大淀コミュニティセンター 第1会議室 2020)
  • 鎌倉時代の天皇像と院政・武家
    (史学会第117 回大会 公開シンポジウム 「天皇像の歴史を考える」 (於東京大学本郷キャンパス) 2019)
  • Seals and Kaō-Signatures in Medieval Japan(中世日本の印章と花押)
    (Symposium: Seals, Signature, and Sigillography in Medieval Eurasia (in Ikebukuro campus, Rikkyo University) 2019)
  • 「鎌倉期の武家家訓」
    (公開セミナー「東アジアのなかの武家家訓」(於立教大学池袋キャンパス) 2019)
more...
Works (6):
  • 鎌倉市教養センター 春季専門講座「古文書からみた鎌倉時代の武士-その日常生活を中心に-」 秋季専門講座「「起請文」を読む-古文書からみた中世人の「誓い」-」
    2013 - 2013
  • 鎌倉市教養センター 市民講座「古代からみた中世都市鎌倉」
    2013 -
  • 中世文書の史料和紙の科学的分析(東京大学文学部所蔵文書)
    2008 - 2009
  • イェール大学における資料調査 東京大学学術研究活動等奨励事業(国外)の補助を得て
    2008 -
  • イェール大学における資料調査、日本学術振興会若手研究者ITP「東大・イェールイニシアティブを基盤とした日本学関連若手研究者国際育成プログラム」の研修として
    2008 -
more...
Education (3):
  • 2007 - 2011 東京大学大学院 日本文化研究専攻(日本史学) 博士課程
  • 2005 - 2007 東京大学大学院 日本文化研究専攻(日本史学) 修士課程
  • - 2005 The University of Tokyo History
Professional career (1):
  • Ph.D. in Literature (The University of Tokyo)
Work history (11):
  • 2014/04 - 現在 Rikkyo University Department of History, College of Arts Associate Professor
  • 2019/04 - 2020/03 Seikei University Faculty of Humanities
  • 2017/04 - 2019/03 The University of Tokyo Historiographical Institute
  • 2016/04 - 2019/03 National Museum of Japanese History
  • 2013/06 - 2016/03 International Research Center for Japanese Studies
Show all
Committee career (3):
  • 2014/12 - 現在 日本古文書学会 古文書研究 編集委員
  • 2015/04 - 2018/02 立教大学史学会 機関誌『史苑』編集長
  • 日本古文書学会 (2010~2018 運営委員)
Association Membership(s) (8):
東北アジア文化学会 ,  朝河貫一研究会 ,  鎌倉遺文研究会 ,  日本史研究会 ,  歴史科学協議会 ,  法制史学会 ,  日本古文書学会 ,  史学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page