Rchr
J-GLOBAL ID:200901061040577154   Update date: Jun. 19, 2024

Chaen Shigeki

チャエン シゲキ | Chaen Shigeki
Affiliation and department:
Research field  (1): Civil law
Research keywords  (2): 知的財産法 ,  Intellectual Property Law
Research theme for competitive and other funds  (9):
  • 2022 - 2025 情報デザインの流通と利活用についての知的財産法及び関連法域の横断的研究
  • 2011 - 2013 An Aspect of Intellectual Property Law and Consumer Law Amalgamation
  • 2004 - 2009 Research on Patent and Trademark in International Trade
  • 2005 - 2008 Grand Design for the new fields of legal Profession
  • 2003 - 2005 Intellectual Property Protection for creation arising from diversifying design creation activitiy
Show all
Papers (211):
  • 茶園成樹. 結合商標の類否判断における分離観察-SANKO事件判決を契機として-. Law & Technology. 2023. 98. 1-10
  • 茶園成樹. 米国意匠法における機能性. 阪大法学. 2022. 72. 3.4. 23-45
  • 茶園成樹. 風景の自由の著作権制限. 阪大法学. 2022. 72. 1. 1-22
  • 茶園成樹. 「米国・EU・ドイツ法における植物品種の保護」. 日本工業所有権法学会年報. 2022. 45. 106-122
  • 茶園成樹. ドイツ法における著作者死亡後の権利. 国際著作権法研究. 2021. 33-41
more...
MISC (39):
  • 茶園成樹. 音楽教室の運営者と演奏技術等の教授に関する契約を締結した者(生徒)のレッスンにおける演奏に関し、上記運営者が音楽著作物の利用主体であるということはできないとされた事例. 判例秘書ジャーナルHJ100162. 2023. 1-10
  • 茶園成樹. 「営業該当性」. 『商標・意匠・不正競争判例百選〔第2版〕』. 2020. 170-171
  • 茶園 成樹. 「しいたけの育成者権の侵害が認められた事例」. Law & Technology. 2020. 86. 73-81
  • 茶園 成樹. 「特許法104条の3に基づく請求棄却判決と上告審係属中に確定した訂正審決の関係-ナイフの加工装置事件」. 小野昌延先生追悼論文集『続・知的財産法最高裁判例評釈大系』. 2019. 111-121
  • 茶園 成樹. 「侵害訴訟における無効主張と権利濫用〔キルビー事件〕」. 小泉直樹・田村善之編『特許判例百選〔第5版〕』. 2019. 36-37
more...
Books (59):
  • デザイン保護法
    勁草書房 2022 ISBN:9784326404056
  • 著作権法【第3版】
    有斐閣 2021 ISBN:9784641243514
  • 『意匠法〔第2版〕』
    有斐閣 2020 ISBN:9784641243439
  • 『知的財産法入門〔第3版〕』
    有斐閣 2020 ISBN:9784641243422
  • 『商標・意匠・不正競争判例百選〔第2版〕』
    有斐閣 2020 ISBN:9784641115484
more...
Lectures and oral presentations  (6):
  • 著作権の侵害主体論の行方
    (CRIC月例著作権研究会 2023)
  • 米国・EU・ドイツ法における植物新品種の保護
    (日本工業所有権法学会 2021)
  • 「商標・商品等表示の混同が生じない場合の特別な保護」
    (日本弁理士会中央知的財産研究所 2021)
  • 「ドイツ法における著作者死後の利益保護」
    (日本国際著作権学会 2021)
  • 「パブリシティ権の現状と課題」
    (CRIC月例著作権研究会 2020)
more...
Education (5):
  • - 1989 Osaka University Graduate School, Division of Law
  • - 1989 Osaka University
  • - 1989 Osaka University Graduate School, Division of Law
  • - 1985 Osaka University School of Law
  • - 1984 Osaka University Faculty of Law
Professional career (1):
  • (BLANK)
Work history (5):
  • 2004/04/01 - 現在 Osaka University Osaka University Law School Legal Practice Professor
  • 2003/04/01 - 2004/03/31 Osaka University Graduate School of Law and Politics Center for Legal and Political Practice Professor
  • 1999/04/01 - 2003/03/31 Osaka University Graduate School of Law and Politics Department of Law and Political Science Associate Professor
  • 1999/04 - 2003/03 大阪大学助教授
  • 1989/04 - 1999/03 大阪大学助手
Association Membership(s) (5):
著作権法学会 ,  日米法学会 ,  日本国際経済法学会 ,  日本経済法学会 ,  日本工業所有権法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page