Rchr
J-GLOBAL ID:200901061084335620   Update date: Jun. 02, 2021

Oda Naoki

オダ ナオキ | Oda Naoki
Research field  (1): Criminal law
Research keywords  (3): 可罰的違法性:法秩序統一性と違法相対性 ,  実体法と訴訟法の関係 ,  刑法解釈と犯罪認定
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2021 - 2026 詐欺罪の変容と限界ー制度の変遷と可罰性評価の変化について
  • 2020 - 2024 特殊詐欺の多角的検討-刑事的介入の限界の分析と新たな刑事立法の提案
  • 2017 - 2020 Reconstruction of Criminality : Institution and Criminal Law
  • 2016 - 2020 持続可能な経済発展と経済刑法理論-新たな社会への対応と「市場」「競争」概念
  • 2015 - 2018 刑事過失の認定における実体法と手続法の「連結」の実践的応用
Show all
Papers (28):
  • 小田直樹. 特別背任罪の一考察-制度論を取り込んだ刑法解釈の試み-(2). 神戸法学雑誌. 2019. 69. 3. 1-33
  • ODA NAOKI. Thinking of Aggravated Crime of Breach of Trust. KOBE LAW JOURNAL. 2019. 68. 4. 21-41
  • ODA NAOKI. 法益侵害説について. 神戸法学年報. 2018. 31. 1-35
  • ODA Naoki. 刑事責任の実体と認定. 浅田和茂先生古稀祝賀論文集上巻. 2016. 215-237
  • ODA Naoki. 過失犯における危険性と注意義務. 川端博先生古稀祝賀記念論文集[上巻]成文堂. 2014. 335-365
more...
MISC (23):
  • 小田直樹. 詐欺罪と財産上の損害. 刑法判例百選II[各論]. 2020. 102-103
  • 小田直樹. 可罰的違法性. 刑法判例百選I総論[第8版]. 2020. 36-37
  • ODA Naoki. 犯罪論のあり方について-鈴木茂嗣『二元的犯罪論序説』を受けて-. 神戸法学雑誌. 2016. 66. 1. 235-262
  • ODA Naoki. 平成23年度司法試験-刑事系科目第1問. 刑法実践演習. 2015. 200-209
  • ODA Naoki. 犯人の死亡と犯人隠避罪. 刑法実践演習. 2015. 139-144
more...
Books (4):
  • 新・コンメンタール刑法(第2版)
    日本評論社 2021
  • ケースブック刑法第3版
    有斐閣 2017 ISBN:9784641139190
  • ARMA-Criminal Law 2
    有斐閣 2003
  • 現代理論法学入門
    法律文化社 1993
Lectures and oral presentations  (12):
  • 法益侵害という解釈図式の効用と限界について
    (中四国法政学会:刑事法シンポジウム「刑法学の方法について」 2017)
  • 製造物責任と刑法上の対応
    (京都刑事法研究会 2016)
  • 「明石砂浜陥没事件第二次上告審決定」に関する研究
    (判例刑事法研究会 2015)
  • 鈴木茂嗣先生の「二元的犯罪論」に対するコメント
    (刑法読書会講演会 2014)
  • 過剰防衛-一連の行為の違法評価について-
    (日本刑法学会 2011)
more...
Education (1):
  • - 1987 京都大学 大学院法学研究科博士後期課程民刑事法専攻中退
Professional career (1):
  • Master of Jurisprudence (Kyoto University)
Work history (5):
  • 2009/04 - 現在 Kobe University Graduate School of Law
  • 2004/04 - 2009/03 Hiroshima University Law School Professor
  • 2001/04 - 2004/03 広島大学 大学院社会科学研究科 教授
  • 1989 - 2001 Hiroshima University
  • 1987 - 1989 Hiroshima University
Association Membership(s) (2):
中四国法政学会 ,  日本刑法学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page